日本語版

chamobanner.jpg

チャット接客ツール:Chamo(年間メンバーシップ)

chamobanner.jpg
システム要件: 

<クライアント動作環境>

OS 管理画面はブラウザで動きますので、Windows・Mac・Linuxのいずれでもブラウザが動く環境であればご利用いただけます。
管理画面はスマートフォンからも利用可能。ユーザー側もiPhone4以降および、Android4.0以降で動作確認済み。
ブラウザー InternetExplorer9以降、Google Chrome、Firefox、Safariにて動作確認済み。
通信環境 ブロードバンド環境以上推奨。
説明: 
チャモは、お持ちのウェブサイトに、オンラインサポートメッセンジャーを簡単かつ安価に導入できるサービスです。
  • 国内2,300社以上の導入実績がございます。
  • PC・スマートフォンに対応。

「5分以上閲覧している人へ話しかける」
「◯回以上訪問のユーザーに商品を案内する」などの自動話しかけ(プッシュ)機能も搭載しています。
ネットで集客をされている方のコンバージョン向上にチャモが力になります。

ご利用頂ける製品は、スタンダードプラン1年分に相当します。継続利用の際は、別途お問い合わせください。

<特徴>

  1. スマートフォン対応
    スマートフォンでも同ウィンドウ内でチャット可能。
  2. 自動話しかけ(プッシュ機能)でチャットを促します
    ・訪問回数
    ・時間
    ・参照元ページ
    などの事前に設定した条件で自動話しかけを行い、チャットを促します。
  3. 定型文機能でスピーディーな対応
    よく使う文章は定型文として保存。
    入力の手間を省き、スピーディーな対応が行えます。
  4. 選択肢送信でレスをしやすく
    ユーザーが1クリックでメッセージ送信できる選択肢を送ることができ、円滑なレスポンスを支援します。
特徴: 

チャモの機能詳細は、下記をご覧ください。

金額: 8,500 円
messenger3.jpg

Uミーティング Pro50  年間ライセンス(初年度)

手数料:5,702円(税込)(市場価格12,000円)
SKU: CU-01

webinar1.jpg

Uセミナー Pro100  年間ライセンス(初年度)

手数料:18,749円(税込)(市場価格:36,000円)
SKU:CU-02

oh19_kaikei_NPO_3D_171013

会計王NPO法人スタイル(PCソフト)

oh19_kaikei_NPO_3D_171013
システム要件: 

本製品は38,880円(消費税込み)でございます。(現在、Webサイトの不具合のため、38,880 円 + 消費税と表示されておりますが、実際は38,880円(消費税込み)でご申請いただけます。ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。ご理解をいただけますよう何とぞ宜しくお願い申し上げます。)

<クライアント動作環境>

 

【動作OS】
  • Windows 10 (64bit/32bit)         
  • Windows 8.1/8 (64bit/32bit)         
  • Windows 7 (64bit/32bit)        
  • Windows Vista(64bit/32bit)        

*Windows 10=Windows10 Enterprise/Pro/Home
Windows 8.1/8=Windows 8.1/Windows 8/Windows 8.1 Pro/Windows 8 Pro/Windows 8.1 Enterprise/Windows 8 Enterprise(Windows RTは含みません)
Windows 7=Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home Premium SP1以降
Windows Vista=Windows Vista Ultimate/Enterprise/Business/Home Premium/Home Basic SP2以降

【ブラウザー】

Microsoft Internet Explorer 8.0以降

【対応機種】

動作OSが稼動するパソコン※自作機での動作は保証しません。

CPU

Intel PentiumIII-1GHz以上(2GHz以上推奨)

メモリ
  • [Windows 10/8.1/8] 2GB以上(64bit)/1GB以上(32bit)
  • [Windows 7/Vista] 512MB以上(推奨1GB以上)

 

ディスプレイ

解像度1024×768以上必須(1280×800以上推奨)

ディスクドライブ

CD-ROMドライブ必須

ハードディスク

200MB以上(データ領域は別途必要)

マウス

動作OS対応のマウス

プリンター

動作OSに対応したプリンター(A3対応レーザープリンター推奨)

動作に必要なソフトウェア

Windows Installer 4.5以降、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1が必要です。 Microsoft .NET Framework 3.5 SP1がインストール済みでない場合は本製品のインストール時に同時にインストールされ、500MB以上の空き容量が別途必要になります。

※Windows Installer 4.5は本製品のインストール時に同時にインストールされませんので、インストールされていないパソコンでは事前にインストールが必要です。
なお、 Windows Installer 4.5のインストール時に、再起動が必要になる場合があります。

その他

Excel出力機能を使用する場合はMicrosoft Excelが別途必要です。本製品をインストールおよびアンインストールする際は、コンピューターの管理者権限を有するユーザーでログオンする必要があります。本製品を運用する際は、コンピューターの管理者権限を有するユーザーでログオンする必要があります。本パッケージに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。2017年4月12日(日本時間)をもってMicrosoft社のWindows Vistaへのサポートとセキュリティ更新プログラム等の提供が終了しています。WindowsVistaコンピューターを利用し続けることは、コンピューターの脆弱性を解決しないままで使用し続けることになり、セキュリティ上、危険な状態になります。最新環境への移行をご検討ください。

<交換・返品について>

製品到着後、もしソフトが動かないなどの事態がおこりましたらソフトの交換をさせていただきます。

説明: 

対象:会計王NPO法人スタイルを持っていない新規の方向け

  • NPO法人で1番多く使われている会計ソフト
  • NPO法人新会計基準に対応
  • お客様満足度4年連続NO.1

製品について、詳しくは以下をご覧ください。

https://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acn/

特徴: 
  1. あらかじめ登録されたNPO法人専用の取引を選ぶだけで自動的に科目が選択される「自動仕訳」で、簿記に詳しくなくてもかんたんに入力が可能。
  2. 特定非営利事業と収益事業を自動設定でき、NPO法人専用の決算書を事業ごとに作成できます。
  3. ユーザー登録するだけで、最大15ヶ月電話サポート無料、次期製品無償提供。

【処理スペック】

  • 勘定科目: 9,999件
  • 補助科目:1勘定科目に9,999件
  • 取引摘要:9,999件
  • 補助摘要:9,999件
  • 振替伝票事例:9,999件
  • 年間仕訳データ:無制限
  • 管理可能事業所:無制限
  • 勘定科目名称:正式名称全角15文字、略式名称全角8文字
  • 勘定科目コード:数字1~4桁フリーコード
  • 補助科目名称:正式名称全角15文字、略式名称全角8文字
  • 補助科目コード:数字1~4桁フリーコード
  • 部門名称:正式名称全角15文字、略式名称全角8文字
  • 仕訳の摘要文字:上段全角15文字、下段全角15文字
  • 1仕訳の金額:11桁1千億円未満
  • 科目累計金額:12桁1兆円未満
  • お決まり仕訳:9,999件
  • 減価償却資産:無制限
  • 受取手形:無制限
  • 支払手形:無制限
  • 預貯金:無制限
  • 借入金:無制限
  • 資金繰り科目:999件
  • 仕訳のメモ:1仕訳あたり全角100文字
金額: 38,880 円
gif

会計王 NPO法人スタイル バリューサポート(1年間の保守契約)

gif
システム要件: 

本プログラムは29,160円(消費税込み)でございます。(現在、Webサイトの不具合のため、29,160 円 + 消費税と表示されておりますが、実際は29,160円(消費税込み)でご申請いただけます。ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。ご理解をいただけますよう何とぞ宜しくお願い申し上げます。)

説明: 

会計王NPO法人スタイルをすでに導入している団体様のみご注文頂けます。

※ソリマチ株式会社へユーザー登録を完了されている方のみ有効。
 
特徴: 

1.バージョンアップソフト無償提供
ご使用製品の後継製品が発売された場合、バリューサポート加入中の方に最新バージョンを
無償でご提供します。
2.法令改正対応ソフト無償提供
法令改正があった際には、バリューサポート加入中の方にその対応プログラムもしくは対応方法
を無償でご提供します。
3.バリューサポート専用サポートセンターの利用
製品の使用方法、 トラブル解決などを電話・メール・FAXでサポートします。

金額: 29,160 円
SharePoint2013_logo.png

SharePoint Server Standard Edition User CAL

説明: 

A SharePoint Server Standard user client access license (CAL) authorizes a user to access SharePoint Server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home).

This donation provides one Standard user CAL. Standard device CALs for licensing devices and additive Enterprise CALs (user and device) for accessing additional features are also available.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

本製品の入手方法

To install this product, you need to download the corresponding product file from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


Two mails will arrive.


1. To install this product, you need to download the corresponding product file from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


2. To install this product, you need to download the file of the product from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

 

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

SharePoint2013_logo.png
prod-microsoft-office-logo_Big 250x250.jpg

Office Standard

手数料: 3,412 円 +VAT
SKU: LS-48335
Microsoft Office はMicrosoft Officeスイート(プログラムやサーバー、サービスの統合コレクション)の最新バージョンです。最適化された情報を共有し効率的な作業ができるように設計されています。
Exchange-Server-All.png

Exchange Server Standard Edition

システム要件: 
Exchange Server のシステム要件をご覧ください。
説明: 
Exchange Server Standard Edition is email and personal information management software that runs on Windows Server. It provides a collaboration environment for secure messaging inside and outside an organization. The Standard Edition is designed for small-to-medium-sized organizations and is limited to five mailbox databases.

This donation provides one Standard Edition server license. Larger organizations should consider Exchange Server Enterprise Edition.   For additional information about Exchange Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Exchange Server Editions and Licensing.

Benefits for Organizations

If you have network administration experience, you can use Exchange Server to:
  • Reduce costs by consolidating communications services
  • Spend less time maintaining server settings

Major Capabilities
  • Simplified management: A unified, web-based management console simplifies on-premises, online, and hybrid Exchange deployments.
  • Unified messaging: Users can receive email, voicemail, and faxes through a single inbox that can be accessed from anywhere, including on mobile and web clients.
  • Inbox protection: Integrated antivirus, anti-spam and anti-phishing technologies stop the latest threats.
  • Database recovery: Administrators can configure database availability groups of up to 16 mailbox servers for automatic recovery from database-level failures.

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)か ら該当製品のファイルのダウンロードをしていだく必要があります。またライセンスキーはインストールされたソフトを認証するために必要で、ご申請いただい た数のインストールと認証を許可します。ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、寄贈申請手続き完了後に貴団体が登録されたメールアドレスに送 信いたします。
2通のメールが届きます。 
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を 承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法 について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報 にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受 け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができ ます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくは「ソフトウェア アシュアランス クイック スタート ガイド(2012年7月改訂)」の9ページをご覧ください。) 

Exchange-Server-All.png
Access.png

Access

システム要件: 
Office のシステム要件をご覧ください。
説明: 

Accessは、リレーショナルデータベースマネージメントシステムで、情報をトラックしたり、報告することを手助けします。

インストールしようとしている各コンピュータに対して、1ライセンスご申請ください。(例:5台のコンピューターに導入される場合は、カートの数量を5にしてください。)

団体への導入メリット

データベースの経験があれば、Accessを使って以下のことができます。

  • 会員や寄付者など関係者情報のデータベース管理
  • データの報告書やフォームへの変換
  • コード作成なしでのデータ プロセッシングの自動化

主な機能
  • テンプレート:ニーズに合わせた既成のテンプレート
  • フォームとレポート:データベースのフィールドをもとにしたプロフェッショナルなフォームとレポートのデザインと作成
  • ツール開発:Expression Builder とMacro Designer を使ってコード作成なしに自動化や複雑な表現の追加
  • ウェブ アクセス:SharePoint Serverに接続することで、データベースをオンラインでポストすることが可能。ウェブからのデータベースへのアクセス、閲覧、編集。Accessのソフトがないユーザーもウェブフォームやレポートをブラウザで開くことができ、自動的に変更を同期
  • データのインポート:Accessは他のAccessデータベースやExcelスプレッドシート、ODBCソース、SQL Serverデータベースなど外部ソースのデータへの接続やインポート

ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます。

1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を 承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。あなたのアカウントにて登録されている団体のメールアドレスが最新のものかをご確認ください

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手 することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 

Access.png
Adobe Acrobat 2017.png

Acrobat Pro 2017 for Mac

システム要件: 

必要なシステム構成については、以下を参照ください。

 https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/system-requirements-acrobat-2017.html

説明: 

Adobe Acrobat Pro 2017は、配布、共有、データ収集のためのAdobe PDF文書を閲覧、作成、結合、制御することができるパブリッシング用ソフトウェアです。

 

本寄贈は、1名のユーザーがソフトをインストールして使用することを許可します。 この製品リクエストで提供されるライセンスキーは2023年11月30日に期限切れとなり、期限以降、当製品は機能しなくなります。 追加のライセンス情報については、以下を参照してください。

組織へのメリット

  • 複数の種類のコンテンツを結合させた広報資料や報告書の作成・発行
  • 電子文書やフォームの作成・配布による紙・費用削減
  • 障害を持つ方のための文書アクセシビリティ保障

主要な機能

  • PDFへの変換やスキャン:Microsoft OfficeソフトのようなアプリケーションやChrome、Firefox、Lotus NotesなどのウェブブラウザからPDF文書に変換できます。またスキャンした用紙やフォームからもPDF文書が作成できます。
  • ファイルの結合と比較:様々な形式のファイルを結合して1つのAdobe PDF文書にしたり、いくつかの文書を1つのPDFポートフォリオにまとめることが可能です。オプションとしてFLVまたはH.264ビデオやウェブ ページなどのマルチメディア・コンテンツを挿入することも可能です。PDF文書の2つのバージョンを比較して、違いを検出することもできます。
  • PDFファイルや文書の保護:パスワードを使用することでPDF文書へのアクセスを制限し、機密を保護します。また権限を付与して、文書の印刷やコピー、変更、電子署名といった操作を制限することができます。またAdobe PDF文書のメタデータや非表示のレイヤー、その他の隠れた情報を検知し、恒久的に削除することが可能です。また墨消しツールを使用することで、機密性の高いテキストやイラスト、その他の内容を文書上から恒久的に削除できます。
  • 入力可能なPDFフォームのデータ収集:入力可能なPDFフォームををスキャンした用紙やMicrosoft Word文書、Excelスプレッドシートなどから簡単に作成することができます。また回収したフォームを1つのPDFに束ね、フィルタリングや分析ができるようにします。収集データは表計算ファイルに書き出すことも可能です。
  • 文書の共有レビュー:複数の人が互いの意見を参照できるといった文書の共有レビューが可能です。レビューは無償のAcrobat ReaderおよびAcrobat Proでも可能です。
  • PDFファイルのエクスポート:AdobeのPDFファイルは、その全体、またはその一部をレイアウトやフォント、フォーマット、図表を保ちながらMicrosoft Word文書、PowerPoint文書、Excel文書として保存することができます。


ライセンス:
登録ユーザであれば、2台目のコンピュータへのインストール・使用が可能です。2台目のコンピューターは自宅のコンピュータやポータブルコンピューターで、プラットフォームは同じものでなくてはいけません。また1台目と2台目のコンピューターのソフトウェアは同時に使用することはできません。

注意:
この製品はダウンロード製品のため、申請処理後はお支払いいただいた手数料は払い戻しや製品の交換はできません。寄贈申請の際はご注意くださ い。 

Acrobatインストールファイルのダウンロード方法:寄贈申請が承認されると、貴団体が登録されたEメールアドレスに、ライセンスキーとダウンロード方法が記載されたメールが届きます。

Adobe Acrobat 2017.png
prod-symantec-logo_Medium.jpg

Symantec Mail Security 7.5 for Microsoft Exchange(1エンドポイント保護)

システム要件: 

Symantec Mail Security for Microsoft Exchangeのシステム要件 [→Symantecのウェブサイト]

特徴: 

Symantec Mail Security for Microsoft Exchangeの製品情報 [→Symantecのウェブサイト]

Symantec Mail Security for Microsoft Exchange はExchange Server 2007, 2010, 2013, および2016 のための柔軟性の高いコンテンツフィルタリングとアンチウィルス技術を組み合わせています。

本寄贈製品は、1年間のサブスクリプション契約(製品使用、ウイルス定義ファイル更新、新機能更新を含む)になります。
続けてご利用頂くには、1年毎にソフトを寄贈申請頂く必要があります。
この製品はMicrosoft Exchangeソフトウェアを含んでいませんのでご注意ください。

団体への導入メリット

Symantec Mail Securityを導入することで以下のことが可能になります:

  • セキュリティの脅威やEメールを通じて送られるマルウェアから団体を守ります。
  • ジャンクメールやスパムメールといった悪質な攻撃から電子メールを保護します。


主な機能

    • ウイルス対策: 
      • 添付ファイルを含むスキャンインバウンドおよびアウトバウンドの両方の電子メール、他のプロセスまたはクライアントアプリケーションが有効になる前に、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、フィッシング、およびサービス拒否攻撃を検出し、管理者が指定したポリシーに従ってそれらに作用します。
      • 管理者は、信頼できる送信者と受信者のホワイトリストを開発することができます。
      • <自動的にウイルス定義を更新します。
    • スパムブロック: スパム(不要なバルクメール)の99パーセントをブロックします。
    • コンテンツフィルタリング: 不適切なコンテンツだけでなく、インバウンドとアウトバウンドの両方のメッセージ内の機密情報のフィルタおよびブロックをカスタマイズ可能。フィルタ機能では、添付ファイル名、添付ファイルの内容、特定の単語、句、件名、送信者を調べることができます。
    • 管理コンソール: 複数のExchangeサーバーまたは管理者単一での集中管理を可能にします。管理者はサーバーのグループポリシーの設定、通知、警告、およびレポートを管理することができます。コンソールは、Mail Securityの実行しているコンピュータにインストールする必要はありません。
    • レポート:グループ内のすべてのサーバーからのデータを統合個々のサーバーまたは集計レポートのレポートの作成ができます。


非売品 (NFR) 製品

      テックスープを通じて入手できる本製品は非売品 (NFR) 製品版になります。本非売品製品はアップグレードができません。新製品が必要な場合は、あらたにテックスープを通じて申請する必要があります。また本製品について、シマンテックは電話での寄贈製品のテクニカルサポートを行っておりませんが、ウェブサイトにて無料の

オ ンラインテクニカルサポート(ナレッジベース)

      を提供しています。



慎重にお選びください

      :この製品はダウンロード版ですので返品・手数料の返金ができません。

本製品の取得方法
本製品を取得し、ご利用を開始いただくまでに、3通のEメールを受け取ることになります。テックスープが、本製品の寄贈申請を承認すると、テックスープ・ジャパンから貴団体のEメールアドレス宛てに、本製品の取得に必要な基本情報を記載したメッセージを送信します。

その後、シマンテック社より、2通のEメールが送信されます。そのうちの1つのメールには、インストールとアクティベーションを完了するために必要なシリアルナンバーが記載されています。

説明: 
 
prod-symantec-logo_Medium.jpg
Norton Security New.jpg

Norton Security (1年版)

システム要件: 

Norton Security のシステム要件 をご覧ください。

説明: 

Symantec のウェブサイトでNorton Security の説明をみる

Norton Securityは、コンピュータや、タブレット、スマートフォンを最新のオンライン上の脅威から保護します。またチューンアップシステム機能も搭載されています。ほとんどの作業はバックグラウンドで行われるので、システムのリソースをほとんど消費することがありません。

本寄贈は、1つのNortonライセンスにつき3デバイスまで、1年間有効の使用サブスクリプションを提供するものです。(※1ライセンスにつき、同一ユーザーのデスクトップ、ノート型パソコン、タブレット、スマートフォンなどの3デバイスまでインストールする場合に限ります。こちらは3ライセンスに対して許可するものではありません。)

このサブスクリプションには、ウィルスやスパイウェア定義などの コンテンツアップデートや新しい製品の機能も含まれます。サブスクリプションが更新されない限り、一年後にすべての機能が終了します。

5デバイス以上の利用を考えていらっしゃる場合には、Symantec Enterprise 製品をご検討ください。 

【ご注意】Norton Securityは各団体さま最大20ライセンスまでとなっております。予めご了承下さい。誤って寄贈申請が受理され、ご入金まで済んでしまった場合につきましては、手数料を団体さまご負担の上で返金致します。

※テックスープでご更新をされる場合は、再度、本ページからご申請ください。

団体への導入メリット

Norton Security によって、

  • 団体のデータをウィルスやスパイウェア、マルウェアやその他の脅威から守ります。
  • コンピュータがスムーズに作動することでシステム管理コストが削減できます。
  • 他のコンピューターやデバイスへの必要としていないネットワーク接続から保護し、団体の情報が盗まれたり、プログラムがインストールされたり、危険な変更がなされたりすることがありません。
  • 25 GB の安全なパソコン用のクラウドバックアップを含みます。

最新バージョンです

本製品の説明は2015年9月にリリースされた Norton Security のバージョンのものですが、Norton 製品のダウンロード時には最新バージョンのものになります。アップデートがリリースされると自動的にインストールされます。

サポート・更新・アップグレード

本製品はSymantec のウェブサイトを通じて販売されているバージョン製品と同一のもので、一般小売製品と同じ標準サポート、リニューアル、アップグレードオプションが含まれます。

ご注意ください

この製品はダウンロード版ですので、製品の返品・交換、手数料の返金ができません。

インストールファイルのダウンロード方法

寄贈申請が承認されると、TechSoup Japan から貴団体の登録Eメールアドレス宛てに、ソフトウェアの取得方法とアクティブ化の手順を記載したメールを送信します。

Norton Security New.jpg
prod-microsoft-windows-server_Big.jpg

Windows Server Standard

システム要件: 
説明: 
Windows Server Standard は、コンピュータが、プリントサーバ、ドメインコントローラ、Webサーバ、ファイルサーバといったネットワークの役割を可能にするサーバ・オペレーティング・システムです。 サーバオペレーティングシステムとしてのWindows Server Standardは、Exchange ServerやSQL Serverなど、別途取得したサーバアプリケーションにとってのプラットフォームになります。Standard版は物理サーバ環境または、低密度仮想化サーバー環境を持つ小~中規模の組織のために設計されています。
本寄贈はWindows Server Standardに対して2つのコアライセンスを提供します。 Windows Server は、物理プロセッサごとに最低8 コアライセンスを、サーバごとに最低16のコアライセンスを必要とします。Standard版では、すべてのサーバ上のコアライセンスが有効化された際のサーバソフトウェア仮想インスタンスは2つを上限とします。サーバソフトウェアライセンスの追加方法については マイクロソフト ソフトウェア寄贈 サーバ・ライセンスガイドをご覧ください。

有効なバージョン 
このソフトウェアは、最新のバージョンもしくは、以前のバージョンのどちらかをダウンロードすることができます。ソフトウェアの最新バージョンは、マイクロソフト製品の最新バージョンページで確認することができます。また申請したソフトウェアは、どの言語でもダウンロードが可能です。

団体への導入メリット
システムの管理経験を持っている場合、以下のことが可能です。
単一のサーバで複数のサーバ機能と異なるオペレーティングシステムを実行する。
サーバのワークロードを実行するのに必要なハードウェアを減量する。
ハードウェアとソフトウェアのセットアップとテスト環境を再現するのにかかる時間を最小限におさえる。

主な機能
サーバの仮想化: Windows Serverの 仮想サーバ処理環境を作成および管理するためのツールを提供します。 共有ストレージ、ストレージアレイ、または他の複製技術なしで、1つの場所から別の場所に仮想マシンを複製することができます。
サーバー管理:Server CoreやNano Serverは特定のサーバの役割を動作させる最小環境を提供します。 これらの役割は維持、管理が容易になり、外からの攻撃を受けにくくなります。管理者は1つあるいは統合されたコンソールでサーバ・グループを集約的に管理することができます。
サービスの統合 Windows Serverは、IIS、ASP.NET、およびWindowsの通信基盤を統合し、また、SharePointサービスをサポートするWebパブリッシングのための統一されたプラットフォームを提供します。
フェールオーバークラスタリング: 管理者は、動的なハードウェア・パーティショニングを使用して冗長サーバー環境を作成することにより、サービスやアプリケーションの中断を最小限に抑えることができます。
ダイレクトアクセス: セキュアなトンネリング機能は、任意のコンピュータやデバイスからネットワークへのアクセスを可能にします。 これは、一般的なVPN接続より高速で、ファイル共有、オンプレミス機器、およびその他のリソースへのオフサイトのアクセスを提供します。

prod-microsoft-windows-server_Big.jpg
symantec endpoint protection small business edition 225x225.jpg

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition (1エンドポイント保護)

システム要件: 

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition は、クラウドベースまたはローカルサーバー上で実行されるエンドポイントおよび管理ソフトウェア上で動作するクライアントソフトウェアで構成されています。

クラウド管理サービス

 

デスクトップエディション

対応するオペレーティングシステム (日本語版 OS のみ対応)
  • Microsoft® Windows® XP SP 2/SP 3 (32 ビット) Home/Professional/Media Center
  • Microsoft Windows Vista® SP 1/SP 2 (32 ビット/64 ビット) Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate
  • Microsoft Windows 7 SPなし /SP 1(32 ビット/64 ビット)Starter/Home Premium/Professional/Ultimate
  • Microsoft Windows 8、Windows 8 Pro、Windows 8.1 (32 ビット/64 ビット), Windows 10
ハードウェア
  • 300 MHz (Windows XPの場合)、1 GHz (Windows Vista/ Windows 7/ Windows 8/ Windows 8.1の場合)
  • 256 MB の RAM (XP の場合)、512 MB の RAM (Vista の場合)、1 GB の RAM (7/8 の場合)
  • 300 MB のハードディスク空き容量
  • CD-ROM または DVD ドライブ (プログラムのダウンロードをしない場合)

サーバー:

オペレーティングシステム
  • Windows Server 2003 (32 ビット、64 ビット: R2、SP1 以降)
  • Windows Small Business Server 2003 (32 ビット)
  • Windows Server 2008 (32 ビット、64 ビット: R2、SP1、SP2)
  • Windows Small Business Server 2008 (64 ビット)
  • Windows Small Business Server 2011 (64 ビット)
  • Windows Essential Business Server 2008 (64 ビット)
  • Windows Server 2012 R2
ハードウェア
  • Windows の 32 ビットプロセッサ: 1 GHz Intel Pentium III 相当以上 (Intel Pentium 4 相当を推奨)
  • Windows の 64 ビットプロセッサ: 2 GHz Pentium 4 (x86-64 対応) 相当以上Itanium プロセッサはサポートされていません.
  • 1 GB 以上のメモリ (※OS、アプリケーションの利用状況によってはより多くの物理メモリが必要な場合があります。)
  • ハードディスクの必要条件: 700 MB 以上の空き容量
説明: 

Symantec Endpoint Protection Small Business Editionの製品情報(日本語) [→Symantecのウェブサイト


本寄贈製品は、1年間のサブスクリプション契約(製品使用、ウイルス定義ファイル更新、新機能更新を含む)になります。
続けてご利用頂くには、1年毎にソフトを寄贈申請頂く必要があります。


団体への導入のメリット

Iネットワーク管理の経験をお持ちの場合は、Symantec Endpoint Protectionの以下の機能をご利用頂けます:
• 組織のネットワーク内のすべてのエンドポイントの保護を集中管理します。
• どこからでもエンドポイントを管理し、管理サーバー上でローカルにソフトウェアをインストールするよりも、クラウドベースの管理により、メンテナンスコストを最小限に抑えます


主な機能

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition は、単一のコンソールからすべて管理し、多くの標準的なエンドポイント保護アプリケーションの技術が組み込まれています。

  • クラウドベース:ネットワーク管理者は、クラウド管理サービスを使用して、Webブラウザを介して、またはサーバー上でローカルに管理された展開を通じて、エンドポイントの保護を管理するためのオプションがご利用頂けます。あなたは、Mac OS Xを実行しているすべてのエンドポイントを持っている場合、クラウドベースの管理を使用できないことに注意してください。
  • ウイルス対策とスパイウェア対策:ウイルスとセキュリティリスクの両方のエンドポイント保護をスキャンします。
  • デスクトップファイアウォール:ファイアウォールは、インターネットに接続するコンピュータやネットワークへの不正アクセスを防止します。
  • 侵入防止:侵入防止システム(IPS)は、ファイアウォールの後にネットワーク防御の第二層として機能します。
  • プロアクティブ脅威スキャン:このスキャンは、それが脅威の特徴を示すかどうかを決定するために、アプリケーションやプロセスの挙動を解析します。


Small Business Editionは、大規模な組織向けのデバイス制御やアプリケーション制御技術には不適です。
Symantec Endpoint Protectionを別途ご検討下さい。

販売バージョンと同一製品:本製品はシマンテックのウェッブサイトを通じて販売されているバージョン製品と同一のもので、一般小売製品と同じ標準サポート、更新サービス、アップグレードオプションが含まれます。

慎重にお選びください:この製品はダウンロード版ですので返品・手数料の返金ができません。

本製品の取得方法
本製品を取得し、ご利用を開始いただくまでに、3通のEメールを受け取ることになります。テックスープが、本製品の寄贈申請を承認すると、テックスープ・ジャパンから貴団体のEメールアドレス宛てに、本製品の取得に必要な基本情報を記載したメッセージを送信します。

その後、シマンテック社より、2通のEメールが送信されます。そのうちの1つのメールには、インストールとアクティベーションを完了するために必要なシリアルナンバーが記載されています。

symantec endpoint protection small business edition 225x225.jpg
prod-autodesk-product.png

Autodesk Product Design Collection (1 年間のサブスクリプション契約)

システム要件: 
  • 詳細及びサービスコスト
動作環境 Product Design Collectionの動作環境をご参照ください。
ライセンス 当寄贈プログラム(サブスクリプション契約)は、サブスクリプションがアクティブである間に、ユーザー1名に対し Product Design Collection のダウンロードを許可します。
契約の更新 TechSoup日本で、毎年サブスクリプションが期限切れになる前にサブスクリプションを更新することができます。オートデスクは、サブスクリプションの有効期限が切れる90日前に、期限のお知らせを致します。
既にご契約済でご利用頂けない場合 オートデスクオンラインショップから、過去3年以内にオートデスク製品を購入した組織は、この製品をTechSoup日本から寄贈申請する前に、オートデスクから例外を要求する必要があります。詳細はオートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問をご覧ください。
特徴: 

団体にとってのメリット

2D や 3D の製品設計や開発の経験をお持ちの場合、Product Design Collectionを使用して 3D 製品設計を作成することができ、あるいは関係者に対する設計トレーニングを提供することができます。

主な機能

  • エンジニアリング設計の生産性: 2D および 3D の電気コンポーネント・ライブラリ、ジオメトリを直接編集する機能ならびにインタラクティブ・チュートリアルが含まれています。
  • ドキュメンテーションおよびデータ共有: 設計ドキュメンテーションの自動化ツール、DWG™ファイルへのネイティブなサポート、ならびに製品のインタラクティブなウォークスルーを作成する機能が備わっています。
  • 製品シミュレーションおよび設計確認: 製品に対する分析を実施して、物理的なプロトタイプの必要性や建築上のコンフリクトを軽減することができます。
  • 可視化およびコンセプト設計: あなたの製品をリアルタイムの 3D シミュレーションへ転換して関係者に見せることができます。

サポート

当製品には、オートデスクの専門オペレーターからの優先的な電話サポートを含むテクニカルサポートリソースへの強化的アクセスが含まれます。Autodeskアカウントを通じて、アカウントサポートも受けられます。 またAutodesk Knowledge NetworkAutodesk YouTube ChannelAutodesk University、 および Autodesk Sustainability WorkshopAutodesk Design Academy を通じて、追加の学習リソースおよびコミュニティー・フォーラムが利用可能です。 Autodesk公認のトレーニングセンター(ATC® ) では、コースや認定などの有償サポートを提供しています。

また TechSoup Japan は、オートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問 にダウンロード、インストール、ライセンス付与等に関する情報を提供しています。

製品の寄贈について

TechSoup Japan への寄贈申請が承認されると、貴団体のメールアドレスに、製品の寄贈とアクティベーション方法が記載された案内メールが届きます。

説明: 

Autodesk® Product Design Collectionは、3D 製品設計の作成のためのソフトウェアです。 これは、3D 設計、可視化、シミュレーション、コラボレーションのためのツールをサポートしています。

この寄贈は、Product Design Collectionの 1年分のサブスクリプション契約を提供するものです。1 ユーザーが、単一のコンピューターおよび 25GB の A360 クラウド・ストレージにソフトウェアをインストール・実行することが可能です。このスイートには、AutoCADr®、Inventorr®、およびその他のアプリケーションが含まれています。当コレクションに付属のソフトウェアマック対応品の全リストをご確認ください。

prod-autodesk-product.png
prod-autodesk-entertainment.png

Autodesk Media and Entertainment Collection (1 年間のサブスクリプション契約)

システム要件: 
  • 詳細及びサービスコスト
動作環境 Autodesk Media and Entertainment Collectionの動作環境をご参照ください。
ライセンス 当寄贈プログラム(サブスクリプション契約)は、サブスクリプションがアクティブである間に、ユーザー1名に対しAutodesk Media and Entertainment Collection のダウンロードを許可します。
契約の更新 TechSoup日本で、毎年サブスクリプションが期限切れになる前にサブスクリプションを更新することができます。オートデスクは、サブスクリプションの有効期限が切れる90日前に、期限のお知らせを致します。
既にご契約済でご利用頂けない場合 オートデスクオンラインショップから、過去3年以内にAutodesk製品を購入した組織は、この製品をTechSoup日本から寄贈申請する前に、オートデスクから例外を要求する必要があります。詳細はオートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問をご覧ください。
特徴: 

団体にとってのメリット

3D モデリング、スカルプティング、モーションキャプチャ編集、先進的文字アニメーションならびに視覚効果の経験をお持ちの場合には、Media and Entertainment Collectionを使用して 3D エンターテイメント・コンテンツを設計・作成し、関係者に対しエンターテイメント作成のトレーニングを提供することができます。

主な機能

  • アニメーション作成: Media and Entertainment Collection により、文字、群集および顔表情やオブジェクトのアニメーションを作成することができます。
  • モデリングおよびテクスチャ処理: このCollectionには、文字やその他のモデルを極めて緻密なテクスチャにより作成するツールが含まれています。
  • シミュレーションおよびエフェクト: 文字の動きにリアルさをもたらし、環境エフェクトを作成し、さらに人や動物の集合体すべてを作成することができます。
  • ワークフローおよびパイプライン: プロジェクト・ワークフローを作成し、必要に応じたツールセットを選ぶことができます。

サポート

当製品には、オートデスクの専門オペレーターからの優先的な電話サポートを含むテクニカルサポートリソースへの強化的アクセスが含まれます。Autodeskアカウントを通じて、アカウントサポートも受けられます。 またAutodesk Knowledge NetworkAutodesk YouTube ChannelAutodesk University、 および Autodesk Sustainability WorkshopAutodesk Design Academy を通じて、追加の学習リソースおよびコミュニティー・フォーラムが利用可能です。 Autodesk公認のトレーニングセンター(ATC® ) では、コースや認定などの有償サポートを提供しています。

また TechSoup Japan は、オートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問 にダウンロード、インストール、ライセンス付与等に関する情報を提供しています。

ご注意下さい

この製品の寄贈手数料は返金不可であり、製品の交換もできません。

製品の寄贈について

TechSoup Japan への寄贈申請が承認されると、貴団体のメールアドレスに、製品の寄贈とアクティベーション方法が記載された案内メールが届きます。

説明: 

Autodesk® Media and Entertainment Collectionは、3D アニメーションやエフェクトを作成するソフトウェアです。

この寄贈は、Media and Entertainment Collectionの 1年分のサブスクリプション契約を提供するものです。1 ユーザーが、単一のコンピューターおよび 25GB の A360 クラウド・ストレージにソフトウェアをインストール・実行することが可能です。このコレクションには、Maya®、3ds Max®、Mudbox®、およびその他のアプリケーションが含まれています。 当コレクションに付属のソフトウェアの全リストをご確認ください。

prod-autodesk-entertainment.png
Box3.png

Box Starter Edition(10ユーザーライセンス)

システム要件: 
  • ウェブブラウザあるいはインターネット接続
説明: 
Boxはオンラインのファイル共有、コンテンツ管理、そして共同サービスを提供します。

この寄贈プログラムは、Boxスターターエディションの永久的な10ライセンスを提供するものです(各団体は活動期間中に一度だけ一製品のみ申請が認められます)。このライセンスは終了したり、またリニューアルしたりする必要はありません。この寄贈プログラムに関する詳細は、下記をご覧ください。

団体への導入のメリット 

Boxを使って以下のことが可能となります。 

  • 従来のファイル移動アプリケーションや組織内サーバーに代わって、クラウド内で各ユーザーによるアクセス、共有、そして時間的制約のある業務のレビューを、あらゆるデバイスからリアルタイムで行うことで共同作業のスピードアップが図れます。
  • 全てのファイルを、共同作業やファイル共有が可能な単一のプラットフォームに統合したり、組織内外のステークホルダーとの間でファイルを共有したりすることで、より効果的なプログラム管理が図れます。 
  • 財団法人において、助成金の提出や承認作業といったプロセスをBoxを使って作成することにより資金調達やパートナーシップの合理化が図れます。
  • 各地域のオフィスに対して特定のコンテンツに関するフォルダストラクチャを作成することによって、地理的に分散しているスタッフや受益者の管理が図れます。

他の非営利団体がどのようにBoxを活用しているかについては、Box.org success stories(英語)をご覧ください。
主な機能 
  • ファイル共有:VPNを用いず、あらゆるデバイスからどこからでもファイルにアクセス、共有ができます。Boxのウェブアプリケーションに加えて、あらゆるプラットフォームを通じてアクセスが可能であり、iOS、Andoloid、Windows、そしてBlackBerryに向けたモバイルアプリも提供しています。 
  • デスクトップとの同期:全てのファイルは、WindowsとMac用のBoxのアプリケーションによって、デスクトップ上とオンライン上のBoxのフォルダ間は安全に自動的に同期されます。
  • 共同作業:Boxは文書のバージョンヒストリーやリアルタイムのアップデート、Eメールでの通知、コメント、そしてタスクをサポートします。
  • 安全性:あらゆるタイプのユーザーに、アクセスを制限するための権限と許可を設けることができます。Boxに保存されたデータは、SSL、256-bit AESによる暗号化によって保護され、またそれらはEUとスイス連邦のSafe Harborの認証を受けています。
  • ソフトウェアの統合:Microsoft Office、Office 365、そしてNetSuiteのような他のアプリケーションを通じてBoxのコンテンツにアクセスする際にはBox appsをご利用ください。OfficeやGoogle Docs向けのBoxは、それらのアプリケーションから直接Boxのファイルを公開、編集、共有できるようにサポートします。Box appsの利用についてをご覧ください。

上記の詳細はBoxのウェブサイトで詳細をご覧になれます。
寄贈の詳細 
  • ストレージの制限 :トータルストレージスペース:100 GB ファイルの最大容量:2 GB
  • 永久ライセンス:この寄贈プログラムは10の永久ライセンスを提供します。これらは終了したり、リニューアルしたりする必要はありません。
  • 既存プログラム利用者に対する制限:これまでにBoxの有料プログラムをご利用頂いた団体は申請できません。
  • Boxの試用: 無料のBox Personal EditionアカウントにサインアップすることでBoxの試用版を利用することができます。
    ただし、Box社が定める無料トライアル期間・14日間以内にアカウント削除を行わない場合に課金される場合がありますので試用版アカウント作成はお薦めしておりません。
    Box社が定める無料トライアル期間・14日間以内にアカウント削除を行わない場合に課金される場合がありますので、ご注意ください。
    もし、無料の Box Personal Edition アカウントをお持ちの場合は、トライアル版とは別のEメールアドレスでご登録頂く必要があります。
    試用版アカウント削除方法はこちら。 

サポートについて 
Boxは電話及びオンラインでのサポートを提供しています。(英語)
ご利用時、翻訳サイトなどをご活用ください。 また公式コミュニティにもよくある質問を掲載しています。

ご注意ください 
この製品に対する寄贈手数料は返金不可となっています。また製品交換はできかねますので予めご了承ください。

この製品の寄贈について 
手数料をお振込みいただいた後、寄贈が完了すると、テックスープより団体の登録メールアドレスに本製品の取得とアクティベーションについてのご案内をお送りします。
Box3.png
prod-autodesk-autocad-2019_Resized for Canada.png

Autodesk AutoCAD (1 年間のサブスクリプション契約)

システム要件: 
  • 詳細及びサービスコスト
動作環境 AutoCAD for Mac動作環境 をご覧ください。
AutoCAD Windows動作環境 をご覧ください。
ライセンス 本寄贈申し込みでは、サブスクリプション契約の期間中、ユーザー1名がAutoCAD 用をダウンロードして使用することが可能です。
契約の更新 TechSoup日本で、毎年サブスクリプションが期限切れになる前にサブスクリプションを更新することができます。オートデスクは、サブスクリプションの有効期限が切れる90日前に、期限のお知らせを致します。
既にご契約済でご利用頂けない場合 オートデスクオンラインショップから、過去3年以内にAutodesk製品を購入した組織は、この製品をTechSoup日本から寄贈申請する前に、オートデスクから例外を要求する必要があります。詳細はオートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問をご覧ください。
特徴: 

Autodesk® AutoCAD®、2D & 3Dデザインの開発 & ドラフト向けソフトウェアです。
本寄贈は、1人のユーザーが1台のコンピューターとA360の25 GBクラウドストレージ上でソフトウェアをインストールして作動するAutoCAD 1年加入を提供します。

説明: 

団体にとってのメリット

コンピューター対応デザイン(CAD)経験があるならば、AutoCAD 用を利用して、2D & 3Dデザインを作成して有権者にCADトレーニングを提供することができます。

主な機能

  • デザインツール: インタラクティブでテクスチャーのあるマップを作成して、3Dデザインのアイデアを生み出し、被写体の表面間の継続性を解析することが可能です。
  • ファイル共有と連結性: AutoCADは、インターネットやソーシャルメディアからデザイン上の入力を受け取り、AutodeskクラウドサービスA360でファイルを同期化することを可能にします。
  • カスタマイズ: AutoCADには専門アプリケーション向けの開発プラットフォームがあり、Autodesk アプリと一体化します。
  • Remote access: AutoCADウェブ・携帯アプリ版は、CADによる設計図をブラウザや携帯アプリを通じて作成、設計、閲覧、そして共有することを可能にします。.
  • Specialized toolsets: このAutoCADのサブスクリプションには、以下のツールセットが含まれています。.
    • Architecture: 建築設計、記録、スケジュール管理と自動ドラフト機能.
    • Electrical: 電気系統の制御システムの作成、修正、記録を支援します。.
    • Map 3D: GISと連動することで、CADとGISデータをプランニング、デザイン、データ管理に利用できます。.
    • Mechanical: 標準部品とツールライブラリは、製品製造のための機械デザインの作成、修正、記録を支援します。.
    • MEP: AutoCAD の環境でのMEP構築システムのドラフト、デザイン、記録を支援します。.
    • Plant 3D: P&IDsの作成とSDプラント・デザインモデルとの統合を支援します。.
    • Raster Design: Raster-to-vectorツールは、ビットマップ画像をDWGオブジェクトに変換し、AudoCAD環境でスキャンされた設計図の編集を可能にします。.

=>全機能のご紹介はこちら

サポート

当製品には、オートデスクの専門オペレーターからの優先的な電話サポートを含むテクニカルサポートリソースへの強化的アクセスが含まれます。Autodesk アカウントを通じて、アカウントサポートも受けられます。 またAutodesk Knowledge NetworkAutodesk YouTube ChannelAutodesk University、 および Autodesk Sustainability WorkshopAutodesk Design Academy を通じて、追加の学習リソースおよびコミュニティー・フォーラムが利用可能です。 Autodesk公認のトレーニングセンター(ATC® ) では、コースや認定などの有償サポートを提供しています。

また TechSoup Japan は、オートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問 にダウンロード、インストール、ライセンス付与等に関する情報を提供しています。

注意事項

本製品の管理費は返金できません。製品は交換不可となっています。

製品の寄贈について

TechSoupが寄贈要請を承認すると、団体様の登録メールアドレスに本製品取得とアクティブ化の使用説明が入ったメッセージを送信します。

prod-autodesk-autocad-2019_Resized for Canada.png
fusion-360-2017-badge-200px.jpg

Autodesk Fusion 360 (1 年間のサブスクリプション契約)

システム要件: 
  • 詳細及びサービスコスト

動作環境  Fusion 360 動作環境 をご覧ください。
ライセンス 本寄贈申し込みでは、サブスクリプション契約の期間中、ユーザー1名が Fusion 360 をダウンロードして使用することが可能です。
契約の更新 TechSoup日本で、毎年サブスクリプションが期限切れになる前にサブスクリプションを更新することができます。オートデスクは、サブスクリプションの有効期限が切れる90日前に、期限のお知らせを致します。
既にご契約済でご利用頂けない場合 オートデスクオンラインショップから、過去3年以内にAutodesk製品を購入した組織は、この製品をTechSoup日本から寄贈申請する前に、オートデスクから例外を要求する必要があります。詳細はオートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問をご覧ください。

特徴: 
Autodesk® Fusion 360は、自由形式またはソリッドモデリング技術を用いたモデルを概念的にデザインして他の協力者たちと一緒に共有するためのクラウド対応 3D CAD、CAM、CAEソフトウェアです。
本寄贈は、ひとりのユーザーが1台のコンピューターとA360の25 GBクラウドストレージ上でソフトウェアをインストールして作動するAutoCAD Mac 1年加入を提供します。
説明: 

団体にとってのメリット

CADソフトウェア経験があるならば、Fusion 360利用してデザインし、シミュレーションを行い、チームの他のメンバーと一緒にデザインを共同して行う、または有権者にCADトレーニングを提供することができます。

主な機能

  • 反復デザイン: 自由形式、ソリッド、パラメトリック、またはメッシュモデリングでデザインを作成できます。
  • 総合シミュレーション: Fusion 360は、総合シミュレーションツールを使ってデザインをテストして確認してくれます。
  • デザイン制作: 3DプリントワークフローまたはCAMワークスペースを利用した加工部品のツールパスを作成することができます。
  •  協力と管理: Fusion 360は、チームがデザインで協力し、変更を追跡し、クラウドに保存することを可能にします。

サポート

当製品には、オートデスクの専門オペレーターからの優先的な電話サポートを含むテクニカルサポートリソースへの強化的アクセスが含まれます。Autodeskアカウントを通じて、アカウントサポートも受けられます。 またAutodesk Knowledge NetworkAutodesk YouTube ChannelAutodesk University、 および Autodesk Sustainability WorkshopAutodesk Design Academy を通じて、追加の学習リソースおよびコミュニティー・フォーラムが利用可能です。 Autodesk公認のトレーニングセンター(ATC® ) では、コースや認定などの有償サポートを提供しています。

また TechSoup Japan は、オートデスク ソフトウェア寄贈プログラム よくある質問 にダウンロード、インストール、ライセンス付与等に関する情報を提供しています。

注意事項

本製品の管理費は返金できません。製品は交換不可となっています。

製品の寄贈について

TechSoupが寄贈要請を承認すると、団体様の登録メールアドレスに本製品取得とアクティブ化の使用説明が入ったメッセージを送信します。

fusion-360-2017-badge-200px.jpg
veritaslogo

Veritas System Recovery 18 (サーバーエディション)

システム要件: 
ハードウェア:
  • 233-MHz (以上) のプロセッサ(オペレーティングシステムに依存)

主要コンポーネントごとのメモリ要件:
  • Backup Exec System Recovery Agent: 512 MB RAM 
  • Backup Exec System Recovery ユーザーインターフェースとリカバリポイントブラウザ: 512 MB RAM 
  • Symantec Recovery Disk: 最低1 GB(専用) 
  • Backup Exec System Recovery LightsOut Restore機能: 1 GB RAM

利用可能なハードディスク容量:
  • 700MBのハードディスク
  • Microsoft .NET Framework 2.0: 32 ビットのコンピュータには 280 MB、64 ビットのコンピュータには 610 MB
  • リカバリポイント: リカバリポイントを格納するローカルディスクまたはネットワークサーバー上に十分なディスク容量が必要
  • Backup Exec System Recovery LightsOut Restore機能: 2 GB
  • CDまたはDVDドライブ
  • ドライブの速度に要件はありませんが、Symantec Recovery Disk CD-ROM をブートするために BIOS からブートできる必要があります。Backup Exec System Recovery は Gear Software 技術を使用します。ご使用の CD ライターまたは DVD ライターとの互換性を確認するには、Gear Software製品情報 (英語サイト) を参照してください。ライターの製造元およびモデル番号がわかっている場合は、ライターに関する情報を調べることができます。

ソフトウェア:

  • Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 with SP2; Windows Server 2003; Windows Small Business Server 2003/2008/2011; Windows Essential Business Server 2008; Windows 8; Windows 7; Windows Vista; Windows XP Professional, Home, Media Center
  • インストレーション・プログラム動かすために.NET Framework 2.0 が必要です。 Symantec System Recoveryを動かすために.NET Framework 4.0 が必要です。(.NET Framework をまだインストールしていない場合、インストレーション・プログラムが自動的にインストールします。)
  • Internet Explorer 6.0以降
  • また、Exchange で個別リカバリを行うには Microsoft Outlook 2003/2007/2010 が必要です。

  • 変換されたリカバリポイントでサポートされる仮想プラットフォーム:
  • VMware ESXi 4.0/4.1/5.0/5.1
  • VMware ESX 4.0/4.1
  • VMware Server 1.0 and 2.0
  • VMware Workstation 4/5/6/6.5
  • Microsoft Hyper-V 1.0/2.0/3.0
  • Microsoft Virtual Server 2005 R2以降
  • Citrix XenServer 5.5/5.6/6.0/6.1
説明: 

Veritas System Recovery (日本語版)製品情報[→ Symantec Web サイト]

Veritas System Recovery 18は、ディスクイメージング技術を使用してサーバーを保護するバックアップおよびリカバリソリューションです。ご利用には、いずれのタイプのストレージメディアにも書き込み可能なハードディスクか、仮想ディスク変換可能ハードディスクの全体のスナップショットが必要です。リカバリが必要な場合は、これらのスナップショット(リカバリポイント)を同じハードウェア構成または別のハードウェア構成に復元できます。

この寄付は1つのライセンスを提供します。これにより、組織は任意の数のデバイスをバックアップできます。組織ごとに必要なライセンスは1つだけです。

団体への導入メリット

定期的なバックアップで、データ損失の災害から組織を守ります。システム管理の経験がある場合は、災害によってサーバが動作不能になった際にも、システム全体または個々のファイルやフォルダを復元することができます。

主な機能

  • 柔軟なリカバリポイントの作成: 必要に応じてリカバリポイントを作成したり、自動的に作成するようにスケジュール設定することができます。
  • 個々のファイルの復元:特定のファイルのみを回復する必要がある場合は、リカバリポイントを参照して、個々のファイル、Exchangeメッセージ、およびSharePointドキュメントを復元できます。
  • セカンダリバックアップの場所: システムリカバリはセカンダリバックアップの場所をサポートします。プライマリのオンサイトバックアップにアクセスできない場合や回復不能な場合には、不可欠な機能です。
  • クラウドストレージオプション: システムリカバリは、Amazon S3およびMicrosoft Azure(64ビットオペレーティングシステムのみ)を含むサードパーティのクラウドストレージに直接バックアップおよびリカバリをサポートします。

無償の管理コンソール

システム回復管理ソリューションは、有効なシステム回復ライセンスを持つ組織であれば無償です。 1つ以上の場所に分散された複数のコンピュータでSystem Recoveryを管理する組織のための集中管理コンソールを提供します。 Veritasは20台以上のサーバーを管理することを推奨しています。 Windows Serverを実行しているコンピュータにインストールする必要があります。

Backup Execとの比較

この製品は、Veritasエンタープライズレベルの2つのバックアップアプリケーションの1つです。 TechSoup Japanで提供されているアプリケーションの比較については、「Guide to Veritas Recovery and Backup Products」を参照してください。 

NFRバージョンについて

TechSoup Japanから入手できるこの製品のバージョンは、再販不可(NFR)バージョンです。 NFR製品を新しいリリースにアップグレードすることはできません。新しいリリースをご希望の場合は、TechSoup Japanを通じて新しい寄付をリクエストする必要があります。また、NFR製品には、製品の問題やアドオンに関する電話によるサポートは含まれていません。ただし、 Veritasのwebサイトでは、ナレッジベースとディスカッションフォーラムを通じて、無償のオンラインテクニカルサポートを利用できます。

ご注意ください

この製品はダウンロード版ですので、製品の返品・交換、手数料の返金ができません。

製品の入手方法

2つの電子メールが到着します。 寄贈申請が承認されると、TechSoup Japan から貴団体の登録Eメールアドレス宛てに、ソフトウェアの取得方法とアクティブ化の手順を記載したメールを送信します。
続いて、Velitasから、インストールまたはアクティベーションを完了するために必要な情報が記載された電子メールを送信します。

システム要件

veritaslogo