マイクロソフト

Exchange-Server-All.png

Exchange Server Standard User CAL

説明: 

An Exchange Server Standard user client access license (CAL) authorizes one user to access Exchange Server Standard or Enterprise edition from any device. For example, an employee might access the server from a computer at work and another at home.

This donation provides one Standard user CAL. Standard device CALs for licensing computers and additive Enterprise CALs (user and device) for accessing additional features are also available.

Additional Information

For additional information about Exchange Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Exchange Server Editions and Licensing.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan
are always for the currently offered version of the server software.
However, these licenses can also be used with earlier versions of the
server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any
new release of products covered in the agreement during the term of your
coverage.

Exchange-Server-All.png
SharePoint2013_logo.png

SharePoint Server Standard Edition User CAL

説明: 

A SharePoint Server Standard user client access license (CAL) authorizes a user to access SharePoint Server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home).

This donation provides one Standard user CAL. Standard device CALs for licensing devices and additive Enterprise CALs (user and device) for accessing additional features are also available.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

本製品の入手方法

To install this product, you need to download the corresponding product file from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


Two mails will arrive.


1. To install this product, you need to download the corresponding product file from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


2. To install this product, you need to download the file of the product from Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter the license key for software authentication. It is possible to freely select and download the version / language of application products available on VLSC.

 

Using the license key, it is possible to install the product on the computer for the number of applied licenses. In addition to the number of licenses, information necessary for acquiring the license key and procedures is stated in the e-mail sent to the e-mail registered by your organization from Tech Soup Japan after completing the application procedure for this product.


Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

SharePoint2013_logo.png
Project2013_logo.png

Project

システム要件: 

ハードウェア:

  • 1 GHz以上のプロセッサ(SSE2 命令セットに対応)
  • 1 GH以上のメモリ(32-bitシステム);2 GH以上のメモリ(64-bitシステム)
  • 2 GB以上の空き容量
  • 1024×768以上のディスプレイ
  • グラフィック ハードウェア アクセラレータにはDirectX 10 グラフィック カード
  • マルチタッチ機能にはWindows 7 または Windows 8 とタッチ対応デバイス

ソフトウェア:

  • Windows Server 2008 R2; Windows Server 2012; Windows 7 (32-bit または64-bit); Windows 8 (32-bit または64-bit)
  • Internet Explorer 8/9/10;Firefox 10またはそれ以降、Safari 5またはそれ以降、Chrome 17またはそれ以降
特定の機能を使用するための追加要件については、マイクロソフトのシステム要件をご覧ください。
説明: 

Project 2013はプロジェクト マネージメント ソフトです。マネージャーがプロジェクトやスケジュールや財務についての管理を手助けします。このバージョンはProject Server 2013 に接続できません。またMicrosoft Enterprise Project Management (EPM) ソルーションには統合できません。これらの機能が必要な場合は、上位エディションのProject Professional 2013をお使いください。

This donation provides one license and one device client access license (CAL) for Project Server 2013. The device CAL authorizes one computer or other device to access the services of Project Server regardless of the number of users (for example, a shared workstation).  See a summary of Volume Licensing Product Use Rights for specific licensing details.

Benefits for Organizations

If you understand project management concepts, you can use Project Standard to schedule tasks, allocate resources, track progress, and share project information. Project can be used for both large and small projects.

Major Capabilities

  • Automatic or manual scheduling: Project's scheduling engine can forecast the date of a task based on various factors, like dependencies, duration, and constraints. If automatic calculations aren't required, the user-controlled scheduling option allows for complete scheduling control in a given project, overriding the scheduling engine as well as allowing fields to be empty for uncertainties in planning.
  • Team Planner: The Team Planner allows users to visually drag and drop resources in an interactive resource view to simplify complex resource scenarios. Users can quickly spot unassigned or unscheduled work as well as overload conditions.
  • Timeline View: An easy-to-read graphical project timeline can be shared with others through email or in presentations while retaining its formatting.

本製品にはService Pack 1が含まれます。

ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルのダウンロードをしていだく必要があります。またライセンスキーはインストールされたソフトを認証するために必要で、ご申請いただいた数のインストールと認証を許可します。ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、寄贈申請手続き完了後に貴団体が登録されたメールアドレスに送信いたします。

3通のメールが届きます。
 
  1. 件名:マイクロソフトソフトウェア寄贈#XXXXXXXXについて:手数料お振込み後、寄贈申請が完了すると、TechSoup Japanから貴団体が申請したライセンス数を確認するメール
  2. マイクロソフトからボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)に案内するメール
  3. 件名:マイクロソフト寄贈(XXXXXXXX)のボリュームラ イセンス合意と認証方法:TechSoup Japanからライセンスキーの取得方法やVLSCでの寄贈製品の管理方法などについてのメール。VLSCを初めて利用する場合は、このメールが届いてから登録する必要があります。
 

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)

Project2013_logo.png
prod-microsoft-office-logo_Big 250x250.jpg

Office Standard

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

※メディエイターからPC同梱版をお申込みの方へ

  • 当製品は2016年版対応です。
  • TechSoup掲載製品にはPC同梱手数料は含まれておりませんため、表示価格が異なります。
  • 寄贈申請後、テックスープより「入金の案内メール」が届きますが、 PCお申込み時のご請求額にOfficeの代金も含まれておりますので、テックスープへの ご入金は不要でございます。
 
特徴: 

Office 2019 Download and Installation Has Changed

Please note that all Office 2019 suites and individual applications, including Visio and Project, can no longer be downloaded directly through the VLSC. Beginning with Office 2019, all Office products available through volume licensing use Click-to-Run technology instead of the traditional Windows Installer technology. To download and install these products, IT administrators can use a special deployment tool from Microsoft.

If your organization has an IT administrator, you can provide them with Microsoft's instructions to download and install Office 2019 applications via the special deployment tool.

Microsoft Office はMicrosoft Officeスイート(プログラムやサーバー、サービスの統合コレクション)の最新バージョンです。最適化された情報を共有し効率的な作業ができるように設計されています。

本寄贈製品は、1ライセンスとなります。インストールしようとしている各コンピュータに対して、1ライセンスご申請ください。(例:5台のコンピューターに導入される場合は、カートの数量を5にしてください。)

団体への導入メリット

Officeスイートを使って以下のことができます。

  • ほかの場所にいるスタッフと一緒に文書の作成、共有、編集
  • データの傾向の追跡とハイライト
  • ウェブブラウザ経由で文書のブロードキャストと生のプレゼンテーション
  • コスト削減のためのコミュニケーションサービスの強化

本スイートのアプリケーション

Standard版には、以下の製品が含まれます:

  • Excel : データ分析とビジュアルツールを兼ね備えたスプレッドシートアプリケーション
  • Word : フル機能のワードプロセッサプログラム
  • OneNote : チームメンバーの間でいろいろなタイプの内容を共有できるデジタルノートブックアプリケーション
  • Outlook: 電子メール、カレンダー、連絡先やタスクを統合する情報管理プログラム
  • PowerPoint : テキスト効果、サウンド機能とアニメーション能力を兼ね備えたプレゼンテーショングラフィックスプログラム
  • Publisher : 基本的なレイアウトスキルでデスクトップでの印刷、商用印刷、電子メールでの配布用およびウェブサイト掲載用の文書が作成できるデスクトップパブリッシングプログラム

主な機能

  • リボン:Office リボンは、単体ないし統合されたデザインの最もポピュラーなフォーマットと作成ツールを合わせることによって利便性を高めます。
  • ウェブとモバイルアクセス:モバイルデバイスでOffice Onlineと無料のappsを使うことにより、別々の場所でも各ユーザーは同時に同じファイルを共同で作成・編集できます。 全てのウェブブラウザ、WindowsやiOS、Androidが搭載されているモバイルデバイスで利用できます。
  • クラウドストレージ:OneDriveに統合されたOffice アプリケーション、OneDrive for Business、Sharepointを使えば、様々なデバイスを通してファイルにアクセスできます。
  • 複数のファイル フォーマットのサポート:WordやExcelを含むほとんどのOfficeアプリケーションはPDFやXPS文書として保存したり、エクスポートすることができ、そのためにアドオンをダウンロード・インストールする必要はありません。

本製品にはService Pack 1が含まれます。

ボリュームライセンスに関する重要な情報

Office ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

マイクロソフトでは、Officeソフトウェアのボリュームライセンスを有効化するための、MAKまたはKMSキーを使用方法のご案内を提供しています。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。
2通のメールが届きます。 
 
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 
prod-microsoft-office-logo_Big 250x250.jpg
Exchange-Server-All.png

Exchange Server Standard Edition

システム要件: 
説明: 

Exchange Server Standard Edition is email and personal information management software that runs on Windows Server. It provides a collaboration environment for secure messaging inside and outside an organization. The Standard Edition is designed for small-to-medium-sized organizations and is limited to five mailbox databases.

This donation provides one Standard Edition server license. Larger organizations should consider Exchange Server Enterprise Edition.   For additional information about Exchange Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Exchange Server Editions and Licensing.

Benefits for Organizations

If you have network administration experience, you can use Exchange Server to:

  • Reduce costs by consolidating communications services
  • Spend less time maintaining server settings


Major Capabilities

  • Simplified management: A unified, web-based management console simplifies on-premises, online, and hybrid Exchange deployments.
  • Unified messaging: Users can receive email, voicemail, and faxes through a single inbox that can be accessed from anywhere, including on mobile and web clients.
  • Inbox protection: Integrated antivirus, anti-spam and anti-phishing technologies stop the latest threats.
  • Database recovery: Administrators can configure database availability groups of up to 16 mailbox servers for automatic recovery from database-level failures.

 

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)か ら該当製品のファイルのダウンロードをしていだく必要があります。またライセンスキーはインストールされたソフトを認証するために必要で、ご申請いただい た数のインストールと認証を許可します。ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、寄贈申請手続き完了後に貴団体が登録されたメールアドレスに送 信いたします。
 
2通のメールが届きます。 
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を 承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法 について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報 にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受 け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができ ます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 
 
 

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくは「ソフトウェア アシュアランス クイック スタート ガイド(2012年7月改訂)」の9ページをご覧ください。) 

Exchange-Server-All.png
Access.png

Access

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

説明: 

Office 2019 Download and Installation Has Changed

Please note that all Office 2019 suites and individual applications, including Visio and Project, can no longer be downloaded directly through the VLSC. Beginning with Office 2019, all Office products available through volume licensing use Click-to-Run technology instead of the traditional Windows Installer technology. To download and install these products, IT administrators can use a special deployment tool from Microsoft.

If your organization has an IT administrator, you can provide them with Microsoft's instructions to download and install Office 2019 applications via the special deployment tool.

Accessは、リレーショナルデータベースマネージメントシステムで、情報をトラックしたり、報告することを手助けします。

インストールしようとしている各コンピュータに対して、1ライセンスご申請ください。(例:5台のコンピューターに導入される場合は、カートの数量を5にしてください。)

団体への導入メリット

データベースの経験があれば、Accessを使って以下のことができます。

  • 会員や寄付者など関係者情報のデータベース管理
  • データの報告書やフォームへの変換
  • コード作成なしでのデータ プロセッシングの自動化


主な機能

  • テンプレート:ニーズに合わせた既成のテンプレート
  • フォームとレポート:データベースのフィールドをもとにしたプロフェッショナルなフォームとレポートのデザインと作成
  • ツール開発:Expression Builder とMacro Designer を使ってコード作成なしに自動化や複雑な表現の追加
  • ウェブ アクセス:SharePoint Serverに接続することで、データベースをオンラインでポストすることが可能。ウェブからのデータベースへのアクセス、閲覧、編集。Accessのソフトがないユーザーもウェブフォームやレポートをブラウザで開くことができ、自動的に変更を同期
  • データのインポート:Accessは他のAccessデータベースやExcelスプレッドシート、ODBCソース、SQL Serverデータベースなど外部ソースのデータへの接続やインポート


ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます。
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を 承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。あなたのアカウントにて登録されている団体のメールアドレスが最新のものかをご確認ください

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手 することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 
 

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 

Access.png
prod-microsoft-windows-server_Big.jpg

Windows Server Standard

システム要件: 
説明: 
Windows Server Standard は、コンピュータが、プリントサーバ、ドメインコントローラ、Webサーバ、ファイルサーバといったネットワークの役割を可能にするサーバ・オペレーティング・システムです。 サーバオペレーティングシステムとしてのWindows Server Standardは、Exchange ServerやSQL Serverなど、別途取得したサーバアプリケーションにとってのプラットフォームになります。Standard版は物理サーバ環境または、低密度仮想化サーバー環境を持つ小~中規模の組織のために設計されています。
本寄贈はWindows Server Standardに対して2つのコアライセンスを提供します。 Windows Server は、物理プロセッサごとに最低8 コアライセンスを、サーバごとに最低16のコアライセンスを必要とします。Standard版では、すべてのサーバ上のコアライセンスが有効化された際のサーバソフトウェア仮想インスタンスは2つを上限とします。サーバソフトウェアライセンスの追加方法については マイクロソフト ソフトウェア寄贈 サーバ・ライセンスガイドをご覧ください。

有効なバージョン 
このソフトウェアは、最新のバージョンもしくは、以前のバージョンのどちらかをダウンロードすることができます。ソフトウェアの最新バージョンは、マイクロソフト製品の最新バージョンページで確認することができます。また申請したソフトウェアは、どの言語でもダウンロードが可能です。

団体への導入メリット
システムの管理経験を持っている場合、以下のことが可能です。
単一のサーバで複数のサーバ機能と異なるオペレーティングシステムを実行する。
サーバのワークロードを実行するのに必要なハードウェアを減量する。
ハードウェアとソフトウェアのセットアップとテスト環境を再現するのにかかる時間を最小限におさえる。

主な機能
サーバの仮想化: Windows Serverの 仮想サーバ処理環境を作成および管理するためのツールを提供します。 共有ストレージ、ストレージアレイ、または他の複製技術なしで、1つの場所から別の場所に仮想マシンを複製することができます。
サーバー管理:Server CoreやNano Serverは特定のサーバの役割を動作させる最小環境を提供します。 これらの役割は維持、管理が容易になり、外からの攻撃を受けにくくなります。管理者は1つあるいは統合されたコンソールでサーバ・グループを集約的に管理することができます。
サービスの統合 Windows Serverは、IIS、ASP.NET、およびWindowsの通信基盤を統合し、また、SharePointサービスをサポートするWebパブリッシングのための統一されたプラットフォームを提供します。
フェールオーバークラスタリング: 管理者は、動的なハードウェア・パーティショニングを使用して冗長サーバー環境を作成することにより、サービスやアプリケーションの中断を最小限に抑えることができます。
ダイレクトアクセス: セキュアなトンネリング機能は、任意のコンピュータやデバイスからネットワークへのアクセスを可能にします。 これは、一般的なVPN接続より高速で、ファイル共有、オンプレミス機器、およびその他のリソースへのオフサイトのアクセスを提供します。

prod-microsoft-windows-server_Big.jpg
microsoft_dynamics.png

Dynamics 365 for Team Members (On-Premises) User CAL

説明: 

Dynamics 365 for Team Members(オンプレミス)user CALは、ユーザがどのデバイスからもDynamics 365(オンプレミス)サーバーへ通常もしくは読み取り専用でアクセスすることを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。


この寄付プログラムは、1つ(式?、セット?)のDynamics 365 for Team Members(オンプレミス)user CALを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、Dynamics 365およびライセンスのガイドを参照してください。Guide to Dynamics 365 Products and Licensing.

有効なバージョン

このソフトウェアの最新のバージョンまたは以前のバージョンのどちらかを選択し、ダウンロードできます。あなたはMicrosoft Title Groups文書でどのバージョンが現在(ご利用中?)のものであるか確認することができます。さらに使用可能などの言語のソフトウェアもダウンロードすることもできます。 

団体への導入メリット

Dynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。 ž

  • すべての構成情報を中央の場所に集めることによって、関係管理を簡素化する ž
  • ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスを自動化および合理化する

主な機能 
  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • データ のインポート:ユーザは連絡先、電子メール、タスク、予定、またはノートと、適切な顧客レコードを統合するために大量のデータをアップロードすることができます。 
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • 知識ベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。

ボリュームライセンスに関する重要な情報
CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。 
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。


本製品の入手方法
Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためにはライセンスキーを入力し、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードする 必要があります。あたの製品向けのどのようなバージョンや言語もご利用いただけます。

2通のメールが届きます。
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセス頂くと、ご登録中のメールアドレスをご確認できます。

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。) 

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 
microsoft_dynamics.png
microsoft_dynamics.png

Dynamics 365 for Customer Service (On-Premises) User CAL

説明: 

Dynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)device CALは、ユーザー数にかかわらず、コンピュータまたはその他のデバイスがDynamics 365(オンプレミス)サーバーのカスタマーサービスアプリケーションにアクセスすることを許可します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。オンプレミス版のDynamics CRM 365 for Customer Serviceアプリケーションは、クラウドベース版で利用可能な顧客関係管理(CRM)機能の一部の機能を提供します。

1つのDynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)device CALを無償提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよび顧客サービス(オンプレミス)アプリケーションのDynamics 365を実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよびDynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)アプリケーションを実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、ダイナミクス365製品とライセンスのガイドを参照してください。  Guide to Dynamics 365 Products and Licensing.

有効なバージョン
 このソフトウェアは、最新のバージョンもしくは、以前のバージョンのどちらかをダウンロードすることができます。ソフトウェアの最新バージョンは、マイクロソフト製品の最新バージョンページで確認することができます。また申請したソフトウェアは、どの言語でもダウンロードが可能です。



団体への導入メリット

Dynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。 ž

  • すべての構成情報を中央の場所に集めることによって、関係管理を簡素化する ž
  • ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスを自動化および合理化する

主な機能

  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • データ のインポート:ユーザは連絡先、電子メール、タスク、予定、またはノートと、適切な顧客レコードを統合するために大量のデータをアップロードすることができます。
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • 知識ベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。


ボリュームライセンスに関する重要な情報
CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。


本製品の入手方法
Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためにはライセンスキーを入力し、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードする 必要があります。あたの製品向けのどのようなバージョンや言語もご利用いただけます。

2通のメールが届きます。

1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。 あなたのアカウントにて登録されている団体のメールアドレスが最新のものかをご確認ください。

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)
microsoft_dynamics.png
microsoft_dynamics.png

Dynamics 365 for Sales (On-Premises) User CAL

説明: 
Dynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)device CALは、ユーザー数にかかわらず、コンピュータまたはその他のデバイスがDynamics 365(オンプレミス)サーバーのカスタマーサービスアプリケーションにアクセスすることを許可します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。オンプレミス版のDynamics CRM 365 for Customer Serviceアプリケーションは、クラウドベース版で利用可能な顧客関係管理(CRM)機能の一部の機能を提供します。 

本寄贈では、1つのDynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)device CALを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよび顧客サービス(オンプレミス)アプリケーションのDynamics 365を実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよびDynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)アプリケーションを実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、ダイナミクス365製品とライセンスのガイドを参照してください。
Guide to Dynamics 365 Products and Licensing.

有効なバージョン
このソフトウェアは、最新のバージョンもしくは、以前のバージョンのどちらかをダウンロードすることができます。ソフトウェアの最新バージョンは、マイクロソフト製品の最新バージョンページで確認することができます。また申請したソフトウェアは、どの言語でもダウンロードが可能です。

団体への導入メリット
・Dynamics CRM 365 for Customer Service(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。 
・すべての構成情報を中央の場所に集めることによって、関係管理を簡素化する 
・ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスを自動化および合理化する

主な機能
  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • データ のインポート:ユーザは連絡先、電子メール、タスク、予定、またはノートと、適切な顧客レコードを統合するために大量のデータをアップロードすることができます。
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • ナレッジベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。


ボリュームライセンスに関する重要な情報
CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

本製品の入手方法
Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためにはライセンスキーを入力し、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードする 必要があります。あたの製品向けのどのようなバージョンや言語もご利用いただけます。

2通のメールが届きます。
1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。 あなたのアカウントにて登録されている団体のメールアドレスが最新のものかをご確認ください。

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)
microsoft_dynamics.png
visio-2013-logo_Big.jpg

Visio Standard

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

説明: 

Office 2019 Download and Installation Has Changed

Please note that all Office 2019 suites and individual applications, including Visio and Project, can no longer be downloaded directly through the VLSC. Beginning with Office 2019, all Office products available through volume licensing use Click-to-Run technology instead of the traditional Windows Installer technology. To download and install these products, IT administrators can use a special deployment tool from Microsoft.

If your organization has an IT administrator, you can provide them with Microsoft's instructions to download and install Office 2019 applications via the special deployment tool.

Visio Standard は図形を作成するための作図ソフトウェアです。ユーザーは、テンプレートを選んだり、図案に図形をドラッグしたり、図形を接合したり、必要な箇所にテキストを加えたりといったことができます。

インストールしようとしている各コンピュータに対して、1ライセンスご申請ください。(例:5台のコンピューターに導入される場合は、カートの数量を5にしてください。)

Benefits for Organizations

You can use Visio to create flowcharts, organization charts, office layouts, and more.

Major Capabilities

  • Templates: Visio includes templates for creating such things as:
  • Charts (organization charts, flowcharts, and marketing charts)
  • Project schedules (calendars, timelines, and Gantt charts)
  • Maps (directional and geographic)
  • Cause-and-effect diagrams
  • Block diagrams
  • Basic network diagrams
  • Basic office layouts
  • Themes and styles: You can add sets of colors, fonts, and effects to an entire diagram with a single mouse click. Each theme has several variants. In addition, you can also apply styles to individual shapes to make them stand out.
  • Threaded conversations: A commenting pane allows reviewers’ comments to appear in threads.
  • Cloud storage: The default location to save diagrams is the user's OneDrive.

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
 本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます。 
1.手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 

visio-2013-logo_Big.jpg
MS_logo_new.gif

Windows OS - Get Genuine

システム要件: 

ハードウェア:

  • 1-GHz 以上の 32-bit (x86)あるいは64-bit プロセッサ
  • 32-bit の場合:1GB 以上の RAM/64-bit の場合:2GB以上のRAM
  • 32-bit の場合:16 GB 以上の空き容量があるハードディスク/64-bit の場合:20 GB 以上の空き容量があるハードディスク
  • 800×600-pixel 以上のディスプレイ
  • DirectX 9 グラフィックス(Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以降のドライバ搭載)
  • DVD ドライブ


特定の機能を使うための追加要件:

  • Windows Touchテクノロジー:タッチスクリーン
  • Windowsストアへのアクセスとアプリのダウンロードと動作―インターネット接続、Microsoftのアカウント(旧Live ID)と1024×768(またはそれ以上の)ディスプレイ
  • 音声:オーディオ出力


実際の要件と製品の機能はシステムの構成によって異なる場合があります。

説明: 

製品説明を見る(Microsoftのウェブサイトへ)
Get Genuine(正規のWindows)についてもっと知る(Microsoftのウェブサイトへ)

 本製品はアップグレード版ではなく、マイクロソフトの小規模および中規模の組織向けGet Genuine Windows Agreementプログラムを通じて提供されるフルインストール版です。海賊版ソフトウェアや他のライセンス問題に対応するため、ソフトウェアのライセンシングに従う非営利団体に対してマイクロソフトから提供される製品です。

本寄贈はGet Genuineプログラムを通じて、Windows Proのフルインストール版のオペレーティングシステム(OS)を以下の資格に合致する団体に提供されます。インストール予定のコンピュータ1台につき1ライセンスご申請ください。

Microsoftの Volume Licensing Service Center(ボリューム ライセンス サービス センター)を通じて寄贈申請されたソフトウェアの現行のバージョンや以前のバージョンを選んでダウンロードすることが可能です。マイクロソフトのTitle Groupsの文書を見るとどのバージョンが現行バージョンかを見つけることができます。

 

Get Genuine(正規フルインストール版)製品申請の特別ルール

  • マイクロソフトの寄贈対象団体が、Get Genuine(正規)製品を申請できるのは一度だけです。過去にWindows Get Genuineを申請された団体はご利用いただけません。
  • Get Genuine(正規)製品を申請するときは、他の製品とは別に申請する必要があります。他の製品が(カートに)含まれている場合、エラーメッセージが出ます。
  • 申請のチェックアウト時に、団体を代表して小規模および中規模の組織向けGet Genuine Windows Agreement に同意していただく必要があります。


注意:
Get Genuine(正規)製品はWindows Desktop Operating Systemsのタイトルグループに属します。そのため寄贈申請すると2年間の寄贈サイクルのOSアップグレード版の申請可能数が減ることになります。

本製品にはソフトウェア アシュアランスが含まれていません

Get Genuine(正規)製品は他の多くのマイクロソフト寄贈製品に含まれるソフトウェア アシュアランス特典がつきません。Get Genuine(正規)盤をインストールすると、Windowsの新しいバージョンへの無償アップグレードの特典を受けることができませんのでご注意くだ さい。ただし本正規版にテックスープが提供するソフトウェア アシュアランス付のWindowsのアップグレード製品をインストールすることは可能です。さらに貴団体が正規版を申請した場合、マイクロソフトの Volume Licensing Service Center(VLSC)を通じて、以前のバージョンのOSに無償ダウングレードすることが可能です。


注意:Get Genuine製品はお支払いいただいた手数料は払い戻しできません。また交換もできません。寄贈申請の際はご注意ください。

ボリュームライセンスに関する重要な情報:Windows をアクティベート(有効化)するためには、ボリュームライセンスキーが必要です。ボリュームライセンスキーは、2つのタイプ――Key Management Service (以下、KMS)ライセンスキーまたはMultiple Activation Key (以下、MAK)――から選ぶことができます。Microsoftボリュームライセンス・ウェッブサイトでは、KMSライセンスキーがデフォルトとして設 定されています。つまり、団体がMAKを申請しない限り、ウェッブサイトに表示されるボリュームライセンスキーはKMSライセンスキーのみになります。

ボリュームライセンスの説明頁
ボリューム アクティベーションについて
KMSライセンス認証とは
MAKライセンス認証とは

KMSキーを使うためには、最低限25台のコンピュータがネットワーク上でつながれている必要があります。団体のコンピュータ数が25台以下の場合、この 製品を受け取った後、MAKをMicrosoftボリューム・ライセンス・ウェッブサイト上で申請する必要があります。MAKの取得方法やKMS/MAK のどちらのキーを使えばよいかといった詳しい情報はマイクロソフト ボリューム ライセンスのアクティベーション(ライセンス認証)方法をお読みください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

 

2通のメールが届きます。 

手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

MS_logo_new.gif
Office-Suites-All.png

Office for Mac Standard Edition

システム要件: 

Hardware:

  • Intel プロセッサ搭載のMac コンピューター
  • 4 GB 以上の RAM
  • 6GB の空き容量がある HFS+ ハード ディスク フォーマット(別名: Mac OS 拡張または HFS Plus)
  • 1280 x 800 以上の解像度のあるディスプレイ
  • DVD ドライブまたはローカル エリア ネットワークへの接続(ネットワーク経由でインストールする場合に必要)


Software:

  • Mac OS X バージョン 10.10 以降


Other: 一部の機能には、他のサービスが必要です

  • オンライン機能 - インターネットへのアクセス
  • 一部のオンライン機能 -Microsoft アカウント
  • Outlook の互換サポート機能 - Exchange 2010  (SP2以降)への接続
特徴: 

このソフトはソフトウェアアシュアランスが付属しています。ソフトウェアアシュアランスプログラムの下で契約期間内にカバーされた新製品をインストールする権利を得ます。ソフトウェアアシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください。

説明: 

Microsoft Office for Mac Standard Edition is a suite of Microsoft Office products for Macintosh computers. Office for Mac is fully compatible with Office and backward compatible with previous versions of Office for both platforms.

Standard Editionは、TechSoup JapanなどのVolume Licensingプログラムのみの提供となります。

団体への導入メリット

There's no need for conversion or translation when your organization's Mac users share documents with Windows users.
You can use Outlook for emailing and scheduling in a mixed Windows and Mac organization.

Microsoft Office for Mac Standard Editionには以下のプログラムが含まれます。

  • Microsoft Excel (スプレッドシート)
  • Microsoft Outlook (メール、情報、タイムマネージャー)
  • Microsoft PowerPoint(プレゼンテーション)
  • Microsoft Word (機能版ワードプロセッサー)
  • Microsoft Lync for Mac(Lync Server ・Lync Online接続によるコミュニケーションクライアント)


主な機能

  • Officeとの互換性: 付属の各アプリケーションは、Windowsと同等で本質的に同じ機能を備えています。
  • リボン: Office for Macのリボンは、単一の、統一されたデザインの中で最も人気のあるフォーマットおよび作成ツールを一緒にし、使い勝手を向上させました。古典的なMacのメニューと標準ツールバーにも利用できます。
  • ドキュメントの共有: 複数の人が同時に同じドキュメントで作業することができます。
  • オンラインリソース: Office Web Apps, online companions to Word, Excel, and PowerPoint, let users post, access, and share files from any web browser. Organizations can host Office Web Apps on premises with SharePoint, or they can use Windows Live SkyDrive. SkyDrive is available to anyone with a Windows Live account, and Microsoft provides 7 GB of free online storage with each account.
  •  メディアブラウザ:Word、PowerPoint、Excel、およびOutlookのメディアブラウザ上の写真とオーディオのタブから直接iPhotoのライブラリとiTunesのプレイリストにアクセスすることができます。また、右側の「作品」タブから映画やiMovieプロジェクトにアクセスすることができます。


Service Pack 3

サービスパック3修正重要な問題と安​​定性、パフォーマンス、および信頼性を向上させます。

正しいライセンス数をご申請ください。

インストールを予定しているコンピュータ数のライセンスをご申請ください。例えば、10台のコンピュータにインストール予定の場合は、カートの数量は10にする必要があります。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます。

1.手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

Office-Suites-All.png
prod-microsoft-visual-studio-logo_Big.jpg

Visual Studio Test Professional with MSDN

システム要件: 
特徴: 

 

Benefits for Organizations
If you have software development experience, you can use Visual Studio to

  • Develop custom applications for use in your organization
  • Develop mobile and web applications for use by your constituents and donors

Major Capabilities
Use major programming languages

  • Visual Basic, C, C++, C#, JavaScript, and F#

Develop for Windows 10

  • Use default project templates that provide the files, resources, and structure for various kinds of Windows Store apps
  • Use various tools to debug, optimize, and publish apps

Develop for the web

  • Edit HTML, CSS, and JavaScript in their own editors
  • Test the same page, application, or site in a variety of browsers
  • Develop web applications against a server identical to Internet Information Services (IIS)

Develop for the cloud

  • Develop, deploy, and test applications and services for Windows Azure
  • Use profiling tools to identify the possible causes of poor performance
  • Use Visual Studio LightSwitch templates to implement common application logic

Develop for SharePoint

  • Accelerate project development with project templates and design tools
  • Ensure that sites function correctly with testing and optimization facilities
  • Use a deployment wizard to package a SharePoint site and upload it to a web server

Automate your lab environment

  • Automate the process of building, deploying, and running automated tests on your application

Understand relationships in existing code

  • Map your code to understand its architecture and design and navigate it visually

Free Editions
For organizations that do not need the full functionality of Visual Studio, Microsoft offers free, downloadable editions.

Microsoft Developer Network (MSDN) Subscription
This version of Visual Studio includes a two-year subscription to the Microsoft Developer Network (MSDN). Visit the Microsoft site to learn which MSDN benefits this product includes.

To activate the MSDN subscription, you must perform an additional step while retrieving your license keys from the Microsoft Volume Licensing Service Center website: click Subscriptions in the VLSC menu bar and follow the MSDN link to enter information about the subscribing user. When the process is complete, the user will receive an email with a subscriber ID and directions to the MSDN website.

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。
2通のメールが届きます。
1.手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

ソフトウェア アシュアランス
 ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)

 

説明: 

製品説明を見る(Microsoft ウェブサイトへ)

Visual Studio Test Professional is an integrated testing toolset for individuals and teams who test applications that operate on Microsoft Windows, in Microsoft Office, or on Microsoft's web and mobile-device platforms.

Visual Studio Test Professional requires an active Visual Studio Team Foundation Server instance to link to in order to run. A copy of Team Foundation Server and a Team Foundation Server user client access license (CAL) is included with the Microsoft Developer Network (MSDN) subscription that accompanies this product.

Visual Studio Test Professional includes the Microsoft Test Manager tool, which provides a graphic interface for manual testing that walks users through test steps while collecting important information to include in bugs that can be filed directly from the test interface.

Visual Studio Test Professional does not feature an integrated development environment for building applications.

prod-microsoft-visual-studio-logo_Big.jpg
windows10pro.jpg

Windows OS Upgrade

システム要件: 

ハードウェア:

  • 1-GHz 以上の 32-bit (x86)あるいは64-bit プロセッサ
  • 32-bit の場合:1GB 以上の RAM/64-bit の場合:2GB以上のRAM
  • 32-bit の場合:16 GB 以上の空き容量があるハードディスク/64-bit の場合:20 GB 以上の空き容量があるハードディスク
  • 800×600-pixel 以上のディスプレイ
  • DirectX 9 グラフィックス(Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以降のドライバ搭載)
  • DVD ドライブ


特定の機能を使うための追加要件:

  • Windows Touchテクノロジー:タッチスクリーン
  • Windowsストアへのアクセスとアプリのダウンロードと動作―インターネット接続、Microsoftのアカウント(旧Live ID)と1024×768(またはそれ以上の)ディスプレイ
  • 音声:オーディオ出力
  • Windows To Goのため:USBフラッシュドライブ
  • DirectAcessとBranchCacheのため:Windows Server 2008 R2またはWindows Server 2012
  • BitLockerデータ保護のため:TPM 1.2または2.0
  • BitLocker To Goデータ保護のため:USBフラッシュドライブ


実際の要件と製品の機能はシステムの構成によって異なる場合があります。

説明: 

WindowsはMicrosoftのデスクトップ オペレーティングシステム(OS)です。ここに記載されている内容はEnterpriseエディションに適用されるものですが、本製品を申請すると、MicrosoftのVolume Licensing Service Center(ボリューム ライセンス サービス センター)で、ProもしくはEnterpriseのエディションを選んでダウンロード、インストールすることが可能です。

本寄贈製品は、Windowsの1アップグレードライセンスとなります。インストールしようと思っている各コンピュータに対して、1ライセンスご申請ください。

 

【ご注意】 本製品は、Windows 7 Home Edition、Windows 8 Home Edition、Windows 10 Home Editionの Windows 10へのアップグレードには、対応しておりませんので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

 

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。 

Microsoftの Volume Licensing Service Center(ボリューム ライセンス サービス センター)を通じて寄贈申請されたソフトウェアの現行のバージョンや以前のバージョンを選んでダウンロードすることが可能です。マイクロソフトのTitle Groupsの文書を見るとどのバージョンが現行バージョンかを見つけることができます。

 

2通のメールが届きます。 

手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。) 

ソフトウェア アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)

windows10pro.jpg
prod-microsoft-visual-studio-logo_Big.jpg

Visual Studio Professional with MSDN

システム要件: 
特徴: 

日本語の製品説明をみる(Microsoft ウェブサイトより)

説明: 

Visual StudioのProfessionalは、個々の開発者や小規模なチームのための統合開発環境(IDE)です。Windows、SharePointの、クラウド、またはWebおよびモバイル・デバイスのプラットフォーム向けのアプリケーションの開発をサポートします。

この寄付金は、1ライセンスとMicrosoft Developer Network(MSDN)のへのサブスクリプションを提供します。 MSDNサブスクリプションは、Visual Studioチーム基礎サーバーおよびCALは1つのサーバー・ライセンスが含まれています。特定のライセンスの詳細については、ボリュームライセンス製品使用権の概要を参照してください。

団体のメリット

ソフトウェア開発経験をお持ちの場合はVisual Studioを以下の用途でお使い頂けます:

  • 組織で使用するためのカスタムアプリケーションを開発
  • モバイルアプリケーションやWebアプリケーションを開発

主な機能
Use major programming languages

  • Visual Basic, C, C++, C#, JavaScript, and F#

Develop for Windows 10

  • Use default project templates that provide the files, resources, and structure for various kinds of Windows Store apps
  • Use various tools to debug, optimize, and publish apps

Develop for the web

  • Edit HTML, CSS, and JavaScript in their own editors
  • Test the same page, application, or site in a variety of browsers
  • Develop web applications against a server identical to Internet Information Services (IIS)

Develop for the cloud

  • Develop, deploy, and test applications and services for Windows Azure
  • Use profiling tools to identify the possible causes of poor performance
  • Use Visual Studio LightSwitch templates to implement common application logic

Develop for SharePoint

  • Accelerate project development with project templates and design tools
  • Ensure that sites function correctly with testing and optimization facilities
  • Use a deployment wizard to package a SharePoint site and upload it to a web server

Automate your lab environment

  • Automate the process of building, deploying, and running automated tests on your application

Understand relationships in existing code

  • Map your code to understand its architecture and design and navigate it visually

Free Editions
For organizations that do not need the full functionality of Visual Studio, Microsoft offers free, downloadable editions.

Microsoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプション
Visual Studioのこのバージョンは、Microsoft Developer Network(MSDN)のへの2年間のサブスクリプションが含まれています。この製品MSDNのメリットについては、Microsoftのサイトを参照してください。

マイクロソフトボリュームライセンスからライセンスキーを取得中、サービスセンターのウェブサイトのMSDNサブスクリプションをアクティブにするには、追加の手順を実行する必要があります。VLSCのメニューバーにサブスクリプションをクリックして、契約しているユーザーに関する情報を入力するには、MSDNのリンクをたどってください。プロセスが完了すると、ユーザは、加入者IDとMSDNのWebサイトへの道順を記載したメールが届きます。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます。
 
1.手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。) 

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください) 

 

prod-microsoft-visual-studio-logo_Big.jpg
MS_logo_new.gif

Windows Server User CAL

特徴: 

日本語での説明を見る(Microsoftウェブサイトより) 

このソフトはソフトウェアアシュアランスが付属しています。ソフトウェアアシュアランスプログラムの下で契約期間内にカバーされた新製品をインストールする権利を得ます。ソフトウェアアシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください。


説明: 
Windows Server is Microsoft's solution for workgroup file, print, and communication servers, as well as for Internet content delivery. A user client access license (CAL) is needed for every user accessing Windows Server for file services, printing services, remote access service, or terminal services. It is also needed for any authenticated users accessing Windows Server as a web server or an application server.

This donation provides one user CAL that authorizes a user to access Windows Server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home). Device CALs for licensing computers and external connector licenses (ECLs) for licensing a significant number of external users are also available.

Additional Information

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

For additional information about the available editions of Windows Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Windows Server Editions and Licensing.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

 

※CALには「ユーザーCAL」と「デバイスCAL」があります。このCALはユーザーCAL(ユーザーごとのライセンス)でデバイスCALとは別の製品です。ユーザーCALは使用されるデバイスにかかわらず一人のユーザーにアクセスを許可します。デバイスCALはユーザーの人数にかかわらず1台のコンピューターのアクセスを許可します。一般的に、ユーザーCALは仕事用PCと自宅用PCの両方からサーバーにアクセスするスタッフが多い場合に、デバイスCALはPCを共有して複数のスタッフが使う場合に向いているといえます。

ユーザーCALとデバイスCALの違いや、その他CALに関しての詳細はこちらをご覧ください。

MS_logo_new.gif
MS_logo_new.gif

Windows Server Device CAL

特徴: 

日本語での説明を見る(Microsoftウェブサイトより) 

このソフトはソフトウェアアシュアランスが付属しています。ソフトウェアアシュアランスプログラムの下で契約期間内にカバーされた新製品をインストールする権利を得ます。ソフトウェアアシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください。


説明: 

Windows Server is Microsoft's solution for workgroup file, print, and communication servers, as well as for Internet content delivery. A device client access license (CAL) is needed for every device accessing Windows Server for file services, printing services, remote access service, or terminal services. It is also needed for any authenticated devices accessing Windows Server as a web server or an application server.

This donation provides one device CAL that authorizes one computer to access Windows Server, regardless of the number of users (for example, on a shared workstation). User CALs for licensing individuals and external connector licenses (ECLs) for licensing a significant number of external users are also available.

Additional Information

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

For additional information about the available editions of Windows Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Windows Server Editions and Licensing.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

※CALには「デバイスCAL」と「ユーザーCAL」があります。このCALは デバイスCAL(デバイスごとのライセンス)でユーザーCALとは別の製品です。デバイスCALはユーザーの人数にかかわらず1台のコンピューターのアクセスを許可します。ユーザーCALは使用されるデバイスにかかわらず一人のユーザーにアクセ スを許可します。一般的に、デバイスCALはPCを共有して複数のスタッフが使う場合に、ユーザーCALは仕事用PCと自宅用PCの両方からサーバーにアクセスするスタッフが多い場合に向いているといえます。

ユーザーCALとデバイスCALの違いや、その他CALに関しての詳細はこちらをご覧ください。

MS_logo_new.gif
SharePoint2013_logo.png

SharePoint Server

システム要件: 
SharePoint system requirements can vary according to such factors as system configuration and options in use. See Hardware and software requirements for SharePoint for a detailed list of requirements.
説明: 

SharePoint Server is a server platform for information sharing, collaboration, and content management. Its services can be accessed only by appropriately licensed internal users.

This product includes a server license. Each user or device that accesses SharePoint Server must have a Standard client access license (CAL). Additive Enterprise CALs are required to access certain features. See a summary of Volume Licensing Product Use Rights for specific licensing details.

Benefits for Organizations

If you have system administration experience, you can use SharePoint Server to:

  • Create an intranet portal for your organization to share information
  • Manage and edit documents among multiple users and offices
  • Develop a public-facing website

Major Capabilities

  • Collaboration: You can create content from their preferred web browser or from desktop applications such as Microsoft Word. Automated versioning and workflows, document check-out, and sophisticated access controls help teams work on shared documents with minimal confusion and misunderstanding.
  • Enterprise Content Management: Users within your organization can manage their content on a single unified platform for the entire content life cycle — from creation through editing, collaboration, and approval, to long-term retention or final expiration. SharePoint can also help implement and automate compliance with information management and data security policies.
  • Enterprise Search: The search infrastructure combines federated search, relevance, refinement, and social cues to speed up search and help people find the information and contacts they need.
  • Portals: You can build and maintain multiple content portals on a single SharePoint installation, with each portal customized for a particular business activity or organizational stakeholder. For example, you can build an enterprise intranet portal for all employees and a divisional portal site for particular departments.

本製品にはService Pack 1が含まれます。

SharePoint Server Foundation


SharePoint Foundation is a collaboration platform and foundation for building web applications. It is available free of charge from Microsoft. All of the features in SharePoint Foundation are also available in SharePoint Server.

ボリュームライセンスに関する重要な情報

本製品ではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかを選んでいただくことになります。 TechSoup Japanでは小規模なNPOにとってはMAKの方が扱いやすいと考え、MAKをお勧めしています。

正しい数のライセンスを申請する:本製品の1ライセンスはコンピューター1台にインストールすることができます。例えば、10台のコンピュータにインストールする場合はショッピングカートページの[数量]ボックスを「10」にしてください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です
本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。
2通のメールが届きます。 
1.手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

2.マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。) 

 

 

ソフトウェア アシュアランス
ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)

SharePoint2013_logo.png
prod-microsoft-sql-server-logo_Medium.jpg

SQL Server Device CAL

説明: 

A SQL Server device client access license (CAL) authorizes one computer to access SQL Server when the server is deployed using the Server/CAL model. Any number of users can use the device (for example, on a shared workstation).

This donation provides one device CAL. User CALs for licensing individuals are also available.
Additional Information

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。

ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

 

2通のメールが届きます。

 

1.本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。

ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

 

2.本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。

ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

 

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

prod-microsoft-sql-server-logo_Medium.jpg