Microsoft Discount

Windows Server Essentials.png

Windows Server Essentials (ディスカウント)

説明: 

Windows Server Essentialsは、最大25ユーザーおよび50のデバイスとの小規模な組織のために設計されたWindows Serverオペレーティングシステムのエディションです。 サーバーコンピュータにインストールすると、自動的に、印刷サーバ、ドメインコントローラ、Webサーバ、ファイルサーバなどのネットワークの役割を設定します。

この寄贈は、最大2つの物理プロセッサを搭載したサーバー上でソフトウェアを実行するための1つのサーバーライセンスが提供されます。  25ユーザーおよび最大50デバイスまで、ライセンスサーバーに接続できます。 クライアントアクセスライセンス(CAL)は必要ありません。 サーバーソフトウェアライセンスの追加方法については マイクロソフト ソフトウェア寄贈 サーバーライセンスガイドをご覧ください。

 

このソフトウェアのどのバージョンが利用可能ですか?

このソフトウェアの現在のバージョンと前のバージョンのどちらをダウンロードするかを選択できます。 現在のバージョンは、こちらで確認できます。 ソフトウェアは利用可能な言語を選んでダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

  • システム管理の経験があれば、Windows Server Essentials を使って以下のことができます。 マルチサーバー環境でプライマリサーバとして、独自または行為に使用することができ、組織の最初のサーバーをセットアップ
  • フォルダとプリンタの共有、リモートアクセス、モバイルデバイスのサポート、およびバックアップ/復元ツールのような一般的なITシナリオをサポート
  • Office 365などのクラウドサービスへのアクセスを提供

 

主な機能

  • Windows Server製品技術:Essentialsは、Windows Serverのコアテクノロジを提供します。 Hyper-V仮想化機能、Server Core、Nano Serverのインストールオプションなど、中規模から大規模の企業にのみに適したものは含まれません。
  • 簡素化された管理コンソール:管理者は、一般的なITタスクを管理し、ダッシュボードを介してネットワーク内のクライアントコンピュータとサーバーの健康と安全を表示することができ、アラートで注意が必要な項目を警告します。
  • リモートアクセス:ダイレクトアクセスによりVPN接続することなく、任意のコンピュータやデバイスからネットワークへの安全なアクセスを可能にします。 リモートWebアクセスは、Webブラウザ、電子メール、内部Webサイト、共有フォルダ、組織と管理リンクへのセキュアなアクセス、およびネットワークコンピュータを持つすべてのユーザーを提供します。
  • データ保護:完全なシステムバックアップとリストアサーバーのだけでなく、クライアントデバイスを実行することができます。 ストレージスペースを使用すると、回復力の指定されたレベルで、異種のハードドライブから仮想ディスクを作成することができます。
  • クラウド統合:ソフトウェアは、AzureやOffice365のようなクラウドサービスとの簡単な統合のために設計されています。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Windows Server Essentials.png
System Center-All.jpeg

System Center Configuration Manager User Client ML (Discounted)

説明: 

This client management license (ML) allows any number of nonserver operating system environments (OSEs) to be managed by System Center Configuration Manager and Virtual Machine Manager, as long as only one user has access to them. If more than one user has access to a certain OSE or set of OSEs, then an ML is necessary for each user.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Configuration Manager and Virtual Machine Manager to manage all client desktops, thin clients, mobile devices, and virtual desktops from a unified interface.

Licensed Components

  • Configuration Manager: provides software deployment, distribution, update management, and configuration monitoring throughout an IT infrastructure
  • Virtual Machine Manager: enables administration and management of Microsoft and VMware virtual machine guests and virtual machine hosts

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for all of the System Center components listed above. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
SQL Server Standard.png

SQL Server Standard Edition, Core-Based Licensing (Discounted)

説明: 

SQL Server Standard Edition with core-based licensing is relational database server software offering tools for data storage, management, analysis, and reporting.

This offer provides two core licenses for SQL Server Standard Edition. SQL Server with core-based licensing requires a minimum of four core licenses to function. In order to use this product, you will need to obtain enough copies to cover the cores in the processors that you plan to use with SQL Server. For additional information about the available editions of SQL Server and its licensing requirements, see the Guide to SQL Server Editions and Licensing.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have experience deploying relational databases, you can use this edition of SQL Server to

  • Serve data to a customer relationship management (CRM) platform
  • Analyze data collected by your organization
  • Support a dynamic website or intranet site

Major Capabilities

  • SQL Server Management Studio: This graphical interface manages all SQL Server components with rich scripting capabilities. The Policy-Based Management component can create policies that manage entities on the server, such as the instance of SQL Server, databases, and other SQL Server objects.
  • Online Transaction Processing: The OLTP engine allows quick access to large amounts of data.
  • Failover Clustering Support: This feature minimizes disruption of service by connecting to other servers to provide service in case one fails.
  • Multidimensional Data Analysis: The online analytical processing (OLAP) and BI Semantic Model (BISM) models allow you to analyze multidimensional data from multiple perspectives and in a tabular model.
  • SQL Data Tools: The tools included provide a development environment integrated with the .NET framework and Visual Studio. Developers can build web, enterprise, and data-aware mobile applications on premises and in the cloud.

Obtaining This Product

Installing this product requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

SQL Server Standard.png
Sharepoint-All.jpg

SharePoint Server User CAL – Enterprise (Discounted)

説明: 

A SharePoint Server Enterprise user client access license (CAL) can be used only in conjunction with a SharePoint Server Standard user CAL. It authorizes a user to access additional features in SharePoint Server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home).

This offer provides one Enterprise user CAL. Enterprise device CALs — for providing devices with access to additional features — and Standard CALs (user and device) are also available.

Major Capabilities

The Enterprise device CAL provides access to additional features in SharePoint Server, including

  • Business Connectivity Services: SharePoint can manipulate external data, both online and offline, from other instances of SharePoint and from Office applications.
  • Access Services: You can make changes to and publish Access databases directly from SharePoint.
  • Enterprise Search: The enhanced version of SharePoint's search feature allows you to search, filter, and sort up to 100 million documents.
  • InfoPath Forms Services: You can create form-based applications in InfoPath and deploy them to SharePoint.
  • Excel Services: Excel workbooks with PowerPivot can be published as interactive reports and dashboards within SharePoint.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Sharepoint-All.jpg
Visual Studio-All.png

Visual Studio Team Foundation Server Device CAL (Discounted)

説明: 

Visual Studio Team Foundation Server is a project management, build management, and version control application for software development teams. A device CAL authorizes one computer to access Team Foundation Server, regardless of the number of users (for example, on a shared workstation).

This offer provides one device CAL. User CALs are also available. A device CAL authorizes one computer to access Team Foundation Server (for example, on a shared workstation).

The Microsoft Developer Network (MSDN) subscription that is bundled with Visual Studio editions available through TechSoup Japan provides one Team Foundation Server CAL. Other users need a Team Foundation Server user or device CAL to access Team Foundation Server. Examples are users of Visual Studio Team Explorer (available as a free download from Microsoft), Visual Studio Team Explorer Everywhere, or Visual Studio Web Access.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Visual Studio-All.png
Dynamics365-All.png

Dynamics 365 for Sales On-Premises User CAL (ディスカウント)

システム要件: 
説明: 

Dynamics 365 for Sales(オンプレミス)user CALは、ユーザがどのデバイスからもDynamics 365(オンプレミス)サーバーへ通常もしくは読み取り専用でアクセスすることを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。オンプレミスバージョンのDynamics 365 for Salesアプリケーションは、クラウドベース版で利用可能な顧客関係管理(CRM)機能の一部の機能を提供します。


1つのDynamics CRM 365 for Sales(オンプレミス)のuser CALを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよび顧客サービス(オンプレミス)アプリケーションのDynamics 365を実行する権利が、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、ダイナミクス365製品とライセンスのガイドを参照してください。  Guide to Dynamics 365 Products and Licensing.

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体への導入メリット

Dynamics CRM 365 for Sales(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。

  • すべてのリレーション情報を中央にまとめることにより、関係管理を簡素化
  • 新しいキャンペーンを作成ぜずに、効果的なキャンペーン、マーケティング、サービス資料を再利用し、組織全体で情報と既存の作業を共有することで時間を節約
  • ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスの自動化および合理化

 

主な機能

  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • データ のインポート:ユーザは連絡先、電子メール、タスク、予定、またはノートと、適切な顧客レコードを統合するために大量のデータをアップロードすることができます。
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • ナレッジベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

本製品の入手方法

Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためには、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードして、ライセンスキーを入力する必要があります。製品向けのどのバージョン・言語もご利用いただけます。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Dynamics365-All.png
Dynamics365-All.png

Dynamics 365 for Sales On-Premises Device CAL (ディスカウント)

システム要件: 
説明: 

Dynamics 365 for Sales(オンプレミス)device CALは、ユーザー数にかかわらず、コンピュータまたはその他のデバイスがDynamics 365(オンプレミス)サーバーのカスタマーサービスアプリケーションにアクセスすることを許可します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。オンプレミス版のDynamics CRM 365 for Salesアプリケーションは、クラウドベース版で利用可能な顧客関係管理(CRM)機能の一部の機能を提供します。

1つのDynamics 365 for Sales(オンプレミス)device CALを無償提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアおよびDynamics 365 for Sales(オンプレミス)アプリケーションを実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、Dynamics 365製品とライセンスのガイドを参照してください。  Guide to Dynamics 365 Products and Licensing.

 

団体への導入メリット

Dynamics CRM 365 for Sales(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。

  • すべてのリレーション情報を中央にまとめることにより、関係管理を簡素化
  • 新しいキャンペーンを作成ぜずに、効果的なキャンペーン、マーケティング、サービス資料を再利用し、組織全体で情報と既存の作業を共有することで時間を節約
  • ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスの自動化および合理化

 

主な機能

  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • データ のインポート:ユーザは連絡先、電子メール、タスク、予定、またはノートと、適切な顧客レコードを統合するために大量のデータをアップロードすることができます。
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • ナレッジベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

本製品の入手方法

Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためには、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードして、ライセンスキーを入力する必要があります。製品向けのどのバージョン・言語もご利用いただけます。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Dynamics365-All.png
Windows Server CALs.png

Windows Server Device CAL (Discounted)

説明: 

Windows Serverは、ワークグループのファイルサーバー、プリントサーバー、通信サーバー、およびインターネットコンテンツ配信用のマイクロソフトのソリューションです。 ファイルサービス、プリントサービス、リモートアクセスサービス、またはターミナルサービスのためにWindows Serverにアクセスするすべてのデバイスには、デバイスCAL(クライアントアクセスライセンス)が必要です。 WebサーバーまたはアプリケーションサーバーとしてWindows Serverにアクセスする認証済みデバイスにもデバイスCALが必要です。

本寄贈は、1台のコンピューターがユーザーの数にかかわらずWindows Serverにアクセスする(たとえば、共有ワークステーション)ことを認証する1つのデバイスCALを提供します。 個人のライセンスを取得するためのユーザーCALと、多数の外部ユーザーのライセンスを取得するための外部コネクタライセンス(ECL)も提供しています。

追加情報

利用可能なWindows Serverのエディション、およびサーバーとクライアントのライセンス要件については、 『Windows Serverエディションとライセンスのガイド』を参照してください。

ライセンスのみの提供

このライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

TechSoup Japanを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

ソフトウェア・アシュアランス

このソフトウェアは、ソフトウェア・アシュアランスが付属しています。ソフトウェア・アシュアランス・プログラムの下で契約期間内に公開された新製品をインストールする権利を得ます。

ソフトウェア・アシュアランスについてはこちらをご覧ください。

 

システム要件

  • なし

 

※CALには「デバイスCAL」と「ユーザーCAL」があります。このCALは デバイスCAL(デバイスごとのライセンス)でユーザーCALとは別の製品です。デバイスCALはユーザーの人数にかかわらず1台のコンピューターのアクセスを許可します。ユーザーCALは使用されるデバイスにかかわらず一人のユーザーにアクセ スを許可します。一般的に、デバイスCALはPCを共有して複数のスタッフが使う場合に、ユーザーCALは仕事用PCと自宅用PCの両方からサーバーにアクセスするスタッフが多い場合に向いているといえます。詳しくはこちらをご覧ください。

Windows Server CALs.png
System Center-All.jpeg

System Center Orchestrator Device Client ML (Discounted)

説明: 

System Center Orchestrator is a workflow management tool for automating the creation, monitoring, and deployment of IT resources.

This client management license (ML) allows one nonserver device to be managed by System Center Orchestrator. If a device has multiple operating system environments (OSEs), a separate ML is required for each OSE managed by Orchestrator.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Orchestrator to

  • Automate processes in your datacenter, regardless of hardware or platform
  • Automate your IT operations and standardize best practices to improve operational efficiency
  • Connect different systems from different vendors without using scripting or programming languages

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for Orchestrator. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
Project-Server-All.png

Project Server User CAL (Discounted)

説明: 

A Project Server user client access license (CAL) authorizes a user to access the services of Project Server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home). Any application that accesses the services of Project Server requires a CAL, including Project Professional, Project Web App, SharePoint sites with Web Parts that display project information, Microsoft Office Outlook integration, and third-party applications.

This donation provides one user CAL. Device CALs for licensing computers are also available.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Project-Server-All.png
Skype-for-Business-All.png

Skype for Business Server Device CAL – Plus (Discounted)

説明: 

A Skype for Business Server Plus device client access license (CAL) can be used only in conjunction with a Skype for Business Server Standard device CAL. It authorizes one computer or other device to access enterprise telephony features in Skype for Business Server, regardless of the number of users (for example, on a shared workstation).

This offer provides one Plus device CAL. Plus user CALs and Enterprise user and device CALs for accessing additional features are also available.

Major Capabilities

The Plus CAL provides access to the following features in Skype for Business Server.

  • Voice telephony
  • Call management

Additional Information

An Enterprise CAL is required for audio, video, and web conferencing; desktop sharing; room systems; and multiple HD video streams. Enterprise CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.

To enable all features, all three licenses (Standard, Enterprise, and Plus) are needed.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Skype-for-Business-All.png
Windows Server Datacenter.png

Windows Server Datacenter (Discounted)

説明: 

Windows Server Datacenter is a server operating system that enables a computer to handle network roles such as print server, domain controller, web server, and file server. As a server operating system, it is also the platform for separately acquired server applications such as Exchange Server or SQL Server. The Datacenter edition is designed for organizations with large workloads and heavily virtualized server environments.

This offer provides two core licenses for Windows Server Datacenter. Windows Server requires a minimum of 8 core licenses for each physical processor and a minimum of 16 core licenses for each server. The Datacenter edition allows an unlimited number of virtual instances of the server software when all cores on the server are licensed. For additional licensing information, see the Guide to Windows Server Editions and Licensing.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have system administration experience, you can use Windows Server to

  • Run multiple server roles and different operating systems on a single server
  • Reduce the amount of hardware needed to run server workloads
  • Minimize the time it takes to set up hardware and software and reproduce test environments

Major Capabilities

  • Server virtualization: Windows Server provides tools for creating and managing a virtualized server computing environment. You can replicate a virtual machine from one location to another, without shared storage, storage arrays, or other replication technologies. The Datacenter edition allows you to create encrypted virtual machines.
  • Server management: Server Core and Nano Server provide minimal environments for running specific server roles. Those roles are then easier to maintain and manage and less exposed to attack. Administrators can manage groups of servers collectively from within a single, integrated console.
  • Integrated services: Windows Server delivers a unified platform for web publishing that integrates IIS, ASP.NET, and Windows Communication Foundation and also supports SharePoint Services.
  • Failover clustering: Administrators can minimize disruptions of services and applications by creating a redundant server environment with dynamic hardware partitioning.
  • DirectAccess: This secure tunneling feature allows access to the network from any computer or device. It is faster than typical VPN connections and provides off-site access to file shares, on-premises equipment, and other resources.

Obtaining This Product

Installing this product requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

Windows Server Datacenter.png
Visual Studio-All.png

Visual Studio Professional with MSDN (ディスカウント)

説明: 

Visual Studio Professionalは、個人ディベロッパーや小規模チーム向けの統合開発環境(IDE)です。Windows、SharePoint、クラウド、またはWebおよびモバイルデバイスプラットフォーム向けのアプリケーションの開発をサポートします。

1ライセンスとMicrosoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプションが提供されす。MSDNサブスクリプションには、Visual Studio Team Foundation Serverのサーバーライセンス、Team Foundation Server CALが1つ、Office Professional Plusライセンスが1つ含まれています。

ライセンスの詳細については、Volume Licensing Product Terms のサマリーを参照ください。

 

このソフトウェアのどのバージョンが利用可能ですか?

このソフトウェアの現在のバージョンと前のバージョンのどちらをダウンロードするかを選択できます。 現在のバージョンは、こちらで確認できます。 ソフトウェアは利用可能な言語を選んでダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

ソフトウェア開発の経験があれば、Visual Studio を使って以下のことができます。

  • 組織で使用するカスタムアプリケーションの開発
  • ステークホルダーとドナーが使用するモバイルおよびウェブアプリケーションの開発

 

主な機能

  • 主要なプログラミング言語を使用
    • Visual Basic, C, C++, C#, JavaScript, F#
  • Windows 10向けの開発
    • さまざまなWindowsストアのアプリのファイル、リソース、および構造を提供する既定のプロジェクトテンプレートを使用
    • さまざまなツールを使用してアプリをデバッグ、最適化、公開
  • web向けの開発
    • 独自エディターでHTML、CSS、およびJavaScriptを編集
    • さまざまなブラウザーで同じページ、アプリケーション、サイトをテスト
    • インターネット情報サービス(IIS)と同一のサーバーに対してWebアプリケーションを開発
  • クラウド向けの開発
    • Windows Azure向けのアプリケーションとサービスの開発、展開、テスト
    • プロファイリングツールを使ったパフォーマンス低下の原因特定
    • Visual Studio LightSwitchテンプレートを使った一般的なアプリケーションロジックの実装
  • SharePoint向けの開発
    • プロジェクトテンプレートと設計ツールでプロジェクト開発を加速
    • テスト・最適化機能を使って、サイトが正しく機能することかの確認
    • 展開ウィザードを使ってSharePointサイトのパッケージ化しとWebサーバーへのアップロード

 

無償エディション

Visual Studioのすべての機能を必要としない組織向けに、マイクロソフトは 無料のダウンロード可能なエディションを提供しています。

 

Microsoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプション

このバージョンのVisual Studioには、Microsoft Developer Network(MSDN)への2年間のサブスクリプションが含まれています。 Microsoftのサイト にアクセスして、この製品に含まれるMSDNの利点を確認してください。

MicrosoftサイトMSDNサブスクリプションをアクティブにするには、MicrosoftボリュームライセンスサービスセンターのWebサイトからライセンスキーを取得する際に追加の手順を実行する必要があります。VLSCメニューバーのにある[サブスクリプション]をクリックし、MSDNリンクに従ってサブスクリプションを行っているユーザーに関する情報を入力します。プロセスが完了すると、ユーザーはサブスクライバーIDとMSDN Webサイトへの指示が記載された電子メールを受け取ります。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Visual Studio-All.png
Dynamics365-All.png

Dynamics 365 for Team Members On-Premises User CAL (ディスカウント)

システム要件: 
説明: 

Dynamics 365 for Team Members(オンプレミス)user CALは、ユーザがどのデバイスからもDynamics 365(オンプレミス)サーバーへ通常もしくは読み取り専用でアクセスすることを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーは、オンプレミス版のMicrosoft Dynamics 365で、Windows Server上で動作します。

1つのDynamics 365 for Team Members(オンプレミス)user CALを提供します。Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。Dynamics 365(オンプレミス)とそのライセンス要件の詳細については、Dynamics 365およびライセンスのガイドを参照してください。Guide to Dynamics 365 Products and Licensing

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

本ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体への導入メリット

Dynamics CRM for Team Members(オンプレミス)を以下の目的で使用することができます。

  • すべてのリレーション情報を中央にまとめることにより、関係管理を簡素化
  • ベストプラクティスを特定し、一貫した手順を作成することにより、プロセスの自動化および合理化

主な機能

  • レポートの作成:レポートは、オンデマンド、スケジュールされた、またはイベントベースの送信やITの支援が不要なユーザーによる生成などが利用可能です。
  • 追跡対応:追跡された電子メールへの返信が同様に追跡され、ユーザは顧客または関連するすべての対応を迅速に見ることができます。
  • 知識ベースの展開:チャネル間の一貫した答えを提供するために、あなたは従業員のために検索可能なナレッジベースの機能を提供することができます。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

CALには、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。
TechSoupを通じて提供されるCALは、現在提供されているサーバーソフトウェアのバージョン用です。 ただし、これらのライセンスは、以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

本製品の入手方法

Dynamics 365(オンプレミス)サーバーソフトウェアを実行する権利は、CALに含まれています。 サーバーソフトウェアに追加のライセンスは必要ありません。

サーバソフトウェアをインストールするためには、マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)からソフトウェアをダウンロードして、ライセンスキーを入力する必要があります。製品向けのどのバージョン・言語もご利用いただけます。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Dynamics365-All.png
Core-CALs-and-Office-Audit.png

Core User CAL Suite (Discounted)

説明: 

The Core User CAL Suite is a set of four user client access licenses (CALs) and two user client management licenses (MLs). Together they provide user licensing for key Microsoft server technologies.

A user CAL authorizes a user to access a server from any device (for example, when an employee accesses the server from a computer at work and another at home). A user client ML licenses the management of any number of OSEs, as long as only one user has access to them. If more than one user has access to a certain OSE or set of OSEs, an ML is necessary for each user. See below for details on the CALs and client MLs included with this product.

Benefits for Organizations

  • You can request this suite to obtain user licensing for six popular server products using only one of your Microsoft title group allotments.
  • You'll also obtain the rights to download and install management server software for System Center Configuration Manager, System Center Virtual Machine Manager, and System Center Endpoint Protection.

CALs

One Core User CAL Suite contains one of each of the following CALs.

  • Windows Server User CAL provides access to Windows Server.
  • Exchange Server User CAL – Standard provides access to Exchange Server.
  • SharePoint Server Standard Edition User CAL provides access to SharePoint Server.
  • Skype for Business Server User CAL – Standard supports the instant messaging, presence, and PC-to-PC audio and video communications capabilities of Skype for Business Server.

Note: The Exchange Server Enterprise CAL and SharePoint Server Enterprise Edition CAL are not included in the Core CAL Suite.

System Center Client MLs

One Core User CAL Suite contains one of each of the following user client MLs.

  • System Center Configuration Manager User Client ML allows management by System Center Configuration Manager and Virtual Machine Manager.
  • System Center Endpoint Protection User Client ML allows protection by System Center Endpoint Protection.

The right to run management server software is included with System Center client MLs. If you request this product, you can download and install the management server software listed above. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

License Information

CALs and MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

 

 

Core-CALs-and-Office-Audit.png
System Center-All.jpeg

System Center Configuration Manager Device Client ML (Discounted)

説明: 

This client management license (ML) allows one nonserver device to be managed by System Center Configuration Manager and Virtual Machine Manager. If a device has multiple operating system environments (OSEs), a separate ML is required for each OSE managed by Configuration Manager.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Configuration Manager and Virtual Machine Manager to manage all client desktops, thin clients, mobile devices, and virtual desktops from a unified interface.

Licensed Components

  • Configuration Manager: provides software deployment, distribution, update management, and configuration monitoring throughout an IT infrastructure
  • Virtual Machine Manager: enables administration and management of Microsoft and VMware virtual machine guests and virtual machine hosts

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for all of the System Center components listed above. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
Skype-for-Business-All.png

Skype for Business Server User CAL – Plus (Discounted)

説明: 

A Skype for Business Server Plus user client access license (CAL) can be used only in conjunction with a Skype for Business Server Standard user CAL. It authorizes one user to access enterprise telephony features in Skype for Business Server on any number of computers or other devices. For example, an employee might access the server from a computer at work and another at home

This offer provides one Plus user CAL. Plus device CALs and Enterprise user and device CALs for accessing additional features are also available.

Major Capabilities

The Plus CAL provides access to the following features in Skype for Business Server.

  • Voice telephony
  • Call management

Additional Information

An Enterprise CAL is required for audio, video, and web conferencing; desktop sharing; room systems; and multiple HD video streams. Enterprise CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.

To enable all features, all three licenses (Standard, Enterprise, and Plus) are needed.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Skype-for-Business-All.png
System Center-All.jpeg

System Center Datacenter (Discounted)

説明: 

System Center Datacenter is a set of server management licenses (MLs) and software for managing applications and services across physical, virtual, and cloud information technology (IT) infrastructures. The Datacenter edition is designed for managing heavily virtualized System Center environments.

This offer provides two core licenses for a System Center Datacenter server ML. System Center server MLs require a minimum of 8 core licenses for each physical processor on a managed server and a minimum of 16 core licenses for each managed server. The Datacenter edition allows management of an unlimited number of operating system environments (OSEs) on managed servers when all cores on the servers are licensed. The right to run management server software for System Center components is included with the ML. For additional information about the available editions of System Center and its licensing requirements, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT staff with datacenter administration experience, your organization can use System Center to

  • Pool shared resources into a "private cloud" to provide users with IT as a Service that they can self-allocate through a portal.
  • Manage hybrid cloud environments that combine public and private cloud applications and services from a centralized interface.
  • Standardize and automate datacenter processes to reduce costs and improve service reliability.

Licensed Components

When all cores on the managed server are licensed, this ML suite licenses servers to be managed by these System Center components.

  • Configuration Manager: provides software deployment, distribution, update management, and configuration monitoring throughout an IT infrastructure
  • Data Protection Manager: enables disk-based data protection and recovery for file and application servers as well as client computers
  • Endpoint Protection: works with Configuration Manager to provide a single infrastructure for client management and security, including malware detection
  • Operations Manager: monitors the health of IT services across datacenter and cloud infrastructures
  • Orchestrator: a workflow management tool for automating the creation, monitoring, and deployment of IT resources
  • Service Manager: an integrated platform for automating and adapting your organization's IT service management best practices
  • Virtual Machine Manager: enables administration and management of Microsoft and VMware virtual machine guests and virtual machine hosts

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for all of the System Center components listed above. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
BizTalk Server.png

BizTalk Server Standard (Discounted)

説明: 

BizTalk Server Standard Edition is infrastructure software for connecting business systems with each other, regardless of the platform or physical location. It also allows users to define and execute processes based on those systems. The Standard Edition is designed for small-to-medium-sized organizations.

This offer provides two processor core licenses. BizTalk Server requires a minimum of four core licenses for each physical or virtual processor. BizTalk Server does not require any client licenses. To figure out how many licenses you should request and learn more about BizTalk Server licensing, see Microsoft's BizTalk Server Licensing Datasheet and FAQ.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have system administration experience, you can use BizTalk Server to

  • Reduce hardware costs by using virtualized environments and replacing existing data infrastructures
  • Increase efficiency by automating and monitoring data processes

Major Capabilities

  • Messaging: The Windows Azure Service Bus connects apps across private and public cloud environments. Users can then exchange documents across these environments, and third parties can access services running on-premises behind firewalls.
  • Adapter pack: BizTalk Server includes more than a dozen adapters to communicate with .NET, XML and web services, and IBM databases. Adapters can also communicate with commonly used business software such as SAP, Siebel, PeopleSoft, and Oracle E-Business Suite. Microsoft partners offer additional adapters, some at an extra cost.
  • Orchestration Designer: Along with the BizTalk Editor and BizTalk Mapper, Orchestration Designer provides a graphical way to define a business process and the rules it uses. The Business Rules Engine provides a way of evaluating a complex set of business rules.
  • Business integration: BizTalk Server natively supports Electronic Data Interchange, one of the most common data exchange formats, as well as the AS2 and SWIFT formats.
  • Business Activity Monitoring: Business Activity Monitoring allows analysts, developers, and information workers to get information about business state, trends, and critical conditions.
  • BizTalk RFID: BizTalk enables radio frequency identification (RFID) devices to become fully compatible with the Microsoft platform and includes native support for mobile RFID. It also allows developers to create RFID processes, such as asset tracking and supply chain visibility, which are independent of underlying device types and protocols.

Obtaining This Product

Installing this product requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

 

 

BizTalk Server.png
Project-Server-All.png

Project Server (ディスカウント)

システム要件: 
  • ハードウェア:
    • 推奨されるハードウェア要件は、プロジェクト、タスク、ユーザーの数やプロジェクトごとの平均タスクなどの使用変数によって異なります。システム要件の完全なリストを参照してください。
  • ソフトウェア:
    • Windows Server 2012 Standard, Database; Windows Server 2008 R2 with SP1 Standard, Enterprise, Datacenter
    • SharePoint Server 2013
    • SQL Server 2012; SQL Server 2008 R2 with SP1
  • その他:
  • クライアント要件:
    • Project Web App — Internet Explorer 8/9/10
    • Project Professional クライアント接続 — Project Professional 2013
説明: 

Project Serverは、Windows Server上で実行されるプロジェクト管理ソフトウェアです。これにより、中~大規模の組織がプロジェクトとプロジェクトポートフォリオをより適切に管理できます。Project Serverは、Project ProfessionalおよびProject Web Appのクライアントを通じてアクセスします。

本製品にはサーバーライセンスが含まれます。またProject Serverにアクセスする各ユーザーまたはデバイスには、クライアントアクセスライセンス(CAL)が必要です。特定のライセンスの詳細については、Microsoftサーバーライセンスガイド(Guide to Microsoft Server Licensing)を参照してください。

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

プロジェクトマネジメントの概念を理解していれば、Project Serverを使って以下のことができます。

  • プロジェクトとプログラムの両方の効果的な分析と報告
  • 組織全体のプロジェクト管理のコラボレーション

 

主な機能

  • 大規模なプロジェクト管理:本製品をProject ProfessionalやProject Web Appと統合することで、ユーザーがあらゆる種類の作業を制御できるようにし、ダッシュボードでパフォーマンスを視覚化できるようにします。
  • ポートフォリオ管理:戦略に合ったプロジェクト、プログラム、およびソフトウェアアプリケーションのポートフォリオを識別、選択、管理、および配信ができます。
  • デマンド管理:需要管理モジュールは、プロジェクトのアイデアと提案を収集します。トリアージおよび選択ワークフローを使用して提案を管理し、選択したプロジェクトを実行および追跡できます。
  • モバイルアクセス:Webベースのモバイルサイトにより、チームメンバーとプロジェクトマネージャーは、モバイルデバイスでプロジェクトのステータスを一目で確認できます。サポートされている電話は、Windows Phone、iPhone、およびAndroidです。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Project-Server-All.png