Microsoft Discount

Office-Suites-All.png

Office Standard (ディスカウント)

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

マイクロソフト インスタレーション テクノロジー:

  • 2019年バージョンのOfficeアプリケーションは、従来のWindowsインストーラー(MSI)テクノロジーではなく、Microsoft Click-to-Runテクノロジーを使用してインストールする必要があります。 Click-to-Runテクノロジーは、Office 365のサブスクリプションに含まれるOfficeアプリケーションのインストールに使用されるテクノロジーと同じものです。
  • 製品のバージョンが同じでも、異なるインストールテクノロジーを使用している場合は、1つのコンピュータに複数のOffice製品をインストールすることはできません。 場合によっては、Click-to-Runアプリケーションを使っていても、バージョンの異なる2つの製品を同じコンピュータにインストールできないこともあります。 詳細については、Microsoft Officeサポートをご参照ください。
説明: 

Office 2019の ダウンロードとインストール方法が変わりました。

VisioとProjectを含むすべてのOffice 2019 スイートと個別のアプリケーションはVLSC(Volume License Service Center:ボリューム・ライセンス・サービス・センター)から直接ダウンロードすることができなくなりました。

リクエストしたOffice 製品を受け取るためには、ボリュームライセンス経由で取得するOffice 2019 ダウンロードとインストールの詳細指示に従ってください。

Office Standardは、最適化された情報作業を可能にする共同作業のためのプログラムとサービスの統合コレクションです。

本寄贈製品は、1ライセンスとなります。インストールしようとしている各デバイスに対して、1ライセンスご申請ください。

ライセンスの詳細については、Volume Licensing Product Terms のサマリーを参照ください。

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

Officeスイートを使って以下のことができます。

  • ほかの場所にいるスタッフと一緒に文書の作成、共有、編集
  • データの傾向の追跡とハイライト
  • ウェブブラウザ経由で文書のブロードキャストとライブのプレゼンテーション

 

本スイートに含まれるアプリケーション

Standard版スイートには、以下の製品が含まれます:

  • Excel : データ分析とビジュアルツールを兼ね備えたスプレッドシートアプリケーション
  • OneNote : チームメンバーの間でいろいろなタイプの内容を共有できるデジタルノートブックアプリケーション
  • Outlook: 電子メール、カレンダー、連絡先やタスクを統合する情報管理プログラム
  • PowerPoint : テキスト効果、サウンド機能とアニメーション能力を兼ね備えたプレゼンテーショングラフィックスプログラム
  • Publisher : 基本的なレイアウトスキルでデスクトップでの印刷、商用印刷、電子メールでの配布用およびウェブサイト掲載用の文書が作成できるデスクトップパブリッシングプログラム
  • Word : フル機能のワードプロセッサプログラム

 

主な機能

  • リボン:Office リボンは、単体ないし統合されたデザインの最もポピュラーなフォーマットと作成ツールを合わせることによって利便性を高めます。
  • ウェブとモバイルアクセス:モバイルデバイスでOffice Onlineと無料のappsを使うことにより、別々の場所でも各ユーザーは同時に同じファイルを共同で作成・編集できます。 全てのウェブブラウザ、WindowsやiOS、Androidが搭載されているモバイルデバイスで利用できます。
  • クラウドストレージ:OneDriveに統合されたOffice アプリケーション、OneDrive for Business、Sharepointを使えば、様々なデバイスを通してファイルにアクセスできます。
  • 複数のファイル フォーマットのサポート:WordやExcelを含むほとんどのOfficeアプリケーションはPDFやXPS文書として保存したり、エクスポートすることができ、そのためにアドオンをダウンロード・インストールする必要はありません。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

Officeのスイートやアプリケーションではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかをマイクロソフト・ボリューム・ライセンシング・サイトでお選びいただけます。

マイクロソフトでは、Officeソフトウェアのボリュームライセンスを有効化するための、MAKまたはKMSキーを使用方法のご案内を提供しています。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Office-Suites-All.png
Exchange-Server-All.png

Exchange Server User CAL – Standard (ディスカウント)

システム要件: 

なし

説明: 

Exchange Server Standardユーザークライアントアクセスライセンス(CAL)は、1人のユーザーが任意のデバイスからExchange Server StandardまたはEnterpriseエディションにアクセスすることを許可します。たとえば、従業員が職場のコンピューターと自宅の別のコンピューターからサーバーにアクセスすることが可能です。

StandardユーザーCALが1つ提供されます。コンピューターのライセンスを取得するための標準デバイスCALと、追加機能にアクセスするための追加のエンタープライズCAL(ユーザーおよびデバイス)も利用できます。

 

追加情報

Exchange Serverおよびサーバーとクライアントのライセンス要件の詳細については、Exchange Serverのエディションとライセンスのガイド(Guide to Exchange Server Editions and Licensing)を参照してください。

 

License Onlyライセンスのみ

このライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

TechSoupを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Exchange-Server-All.png
LyncMac.jpg

Lync for Mac (Discounted)

説明: 

Lync for Mac is a communications client that works in conjunction with Skype for Business Server, Lync Server, or Skype for Business Online.

This offer provides one license. See a summary of Volume Licensing Product Use Rights for specific licensing details.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have network administration experience, you can use Lync to

  • Communicate and collaborate with remote workers through audio, web, or video conferencing
  • Improve your availability by redirecting incoming conversation requests to another mode of communication, such as a mobile phone

Major Capabilities

  • Communication tools: Users can talk to one user or a group of users through instant messaging (IM), voice, or video and can switch back and forth between modes. Users can see if other users are available, away, or busy within their contact list as well as within other Office for Mac applications like Outlook.
  • Online meeting tools: Users can schedule, join, and invite participants to online meetings through Lync for Mac or within Outlook. Users can also join meetings directly from within an IM conversation. The Meet Now command allows users to start impromptu online meetings.
  • Desktop-sharing tools: Users can share their desktops with one or more users at any time during a conversation. Users can also share files or grant control of their desktop to another user while sharing their desktop.
  • Connectivity with other clients: Users of Lync for Mac can have IM conversations with contacts who use Lync Desktop or Communicator for Windows or public IM clients such as Skype, AOL Instant Messenger, and Yahoo! Messenger.

Also Available with Other Products

Lync for Mac is also one of the applications included in the Office for Mac Standard suite.

Obtaining This Product

Installing this product requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

LyncMac.jpg
Windows Server CALs.png

Windows Server User CAL (Discounted)

説明: 

Windows Serverは、ワークグループのファイルサーバー、プリントサーバー、通信サーバー、およびインターネットコンテンツ配信用のマイクロソフトのソリューションです。 ファイルサービス、プリントサービス、リモートアクセスサービス、またはターミナルサービスのためにWindows Serverにアクセスするすべてのデバイスには、ユーザーCAL(クライアントアクセスライセンス)が必要です。 WebサーバーまたはアプリケーションサーバーとしてWindows Serverにアクセスする認証済みユーザーにもユーザーCALが必要です。

本寄贈は、ユーザーが任意のデバイスからWindows Serverにアクセスすることを認証する1名分のユーザーCALを提供します(たとえば、団体のスタッフが職場のコンピューターと自宅の別のコンピューターからサーバーにアクセスする場合)。 コンピュータのライセンスを取得するためのデバイスCAL、および多数の外部ユーザーのライセンスを取得するための外部コネクタライセンス(ECL)も提供しています。

追加情報

利用可能なWindows Serverのエディション、およびサーバーとクライアントのライセンス要件については、 『Windows Serverエディションとライセンスのガイド』を参照してください。

ライセンスのみの提供

このライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

TechSoup Japanを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

ソフトウェア・アシュアランス

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

このソフトはソフトウェアアシュアランスが付属しています。ソフトウェア・アシュアランス・プログラムの下で契約期間内にカバーされた新製品をインストールする権利を得ます。ソフトウェアアシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください。

システム要件

  • なし

※CALには「デバイスCAL」と「ユーザーCAL」があります。このCALは デバイスCAL(デバイスごとのライセンス)でユーザーCALとは別の製品です。デバイスCALはユーザーの人数にかかわらず1台のコンピューターのアクセスを許可します。ユーザーCALは使用されるデバイスにかかわらず一人のユーザーにアクセ スを許可します。一般的に、デバイスCALはPCを共有して複数のスタッフが使う場合に、ユーザーCALは仕事用PCと自宅用PCの両方からサーバーにアクセスするスタッフが多い場合に向いているといえます。  詳しくはこちらをご覧ください。

Windows Server CALs.png
System Center-All.jpeg

System Center Data Protection Manager Device Client ML (Discounted)

説明: 

System Center Data Protection Manager enables disk-based data protection and recovery for file and application servers as well as client computers.

This client management license (ML) allows one nonserver device to be managed by System Center Data Protection Manager. If a device has multiple operating system environments (OSEs), a separate ML is required for each OSE managed by Data Protection Manager.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Data Protection Manager to

  • Keep your data safe and recoverable
  • Keep your business workloads, applications, and services continuously available

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for Data Protection Manager. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
Skype-for-Business-All.png

Skype for Business Server User CAL – Standard (Discounted)

説明: 

A Skype for Business Server Standard user client access license (CAL) authorizes one user to access Skype for Business Server from any device. For example, an employee might access the server from a computer at work and another at home.

This offer provides one Standard user CAL. Standard device CALs for licensing computers and additive Enterprise and Plus CALs (user and device) for accessing additional features are also available.

Major Capabilities

The Standard CAL provides access to the following base features in Skype for Business Server.

  • Instant messaging (IM)
  • Presence
  • PC-to-PC audio and video communications.

Additional Information

In addition to the Standard CAL, additive Enterprise or Plus CALs might be required for accessing additional Skype for Business Server features.

  • Enterprise CAL: For audio, video, and web conferencing; desktop sharing; room systems; and multiple HD video streams. Enterprise CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.
  • Plus CAL: For enterprise telephony features. Plus CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.

To enable all features, all three licenses (Standard, Enterprise, and Plus) are needed.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Skype-for-Business-All.png
System Center-All.jpeg

System Center Operations Manager User Client ML (Discounted)

説明: 

System Center Operations Manager monitors the health of IT services across datacenter and cloud infrastructures.

This client management license (ML) allows any number of nonserver operating system environments (OSEs) to be managed by System Center Operations Manager, as long as only one user has access to them. If more than one user has access to a certain OSE or set of OSEs, then an ML is necessary for each user.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Operations Manager to get rapid insight into the state of the IT environment and the IT services running across different systems and workloads.

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for Operations Manager. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
Windows Server CALs.png

Windows Remote Desktop Services – External Connector License (Discounted)

説明: 

Windows Remote Desktop Services is a technology that lets users remotely execute applications on Windows Server. This can be done from a wide range of devices over virtually any type of network connection. Clients are available for a variety of operating systems and can be downloaded from Microsoft's website.

An external connector license (ECL) allows an unlimited number of simultaneous connections.

This offer provides one ECL for Windows Remote Desktop Services. An ECL is best suited to an organization that has a large number of authenticated external Internet users accessing Windows Remote Desktop Services, For a small number of authenticated users, a more economical solution might be to acquire client access licenses (CALs) for the maximum number of simultaneous connections expected.

Please note that an organization with a Remote Desktop Services ECL still has to acquire a Windows Server ECL for every instance of Windows Server accessed by external users. It also must acquire CALs for the internal devices accessing the server. No license is required for anonymous Internet users.

Additional Information

For additional information about the available editions of Windows Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Windows Server Editions and Licensing.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Windows Server CALs.png
PowerPoint Regular.png

PowerPoint (ディスカウント)

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

マイクロソフト インスタレーション テクノロジー:

  • 2019年バージョンのOfficeアプリケーションは、従来のWindowsインストーラー(MSI)テクノロジーではなく、Microsoft Click-to-Runテクノロジーを使用してインストールする必要があります。 Click-to-Runテクノロジーは、Office 365のサブスクリプションに含まれるOfficeアプリケーションのインストールに使用されるテクノロジーと同じものです。
  • 製品のバージョンが同じでも、異なるインストールテクノロジーを使用している場合は、1つのコンピュータに複数のOffice製品をインストールすることはできません。 場合によっては、Click-to-Runアプリケーションを使っていても、バージョンの異なる2つの製品を同じコンピュータにインストールできないこともあります。 詳細については、Microsoft Officeサポートをご参照ください。
説明: 

Office 2019のダウンロードとインストール方法が変わりました

VisioとProjectを含むすべてのOffice 2019 スイートと個別のアプリケーションはVLSC(Volume License Service Center:ボリューム・ライセンス・サービス・センター)から直接ダウンロードすることができなくなりました。

リクエストしたOffice 製品を受け取るためには、ボリュームライセンス経由で取得するOffice 2019 ダウンロードとインストールの詳細指示に従ってください。

PowerPointは、イメージやテキスト効果、音声、アニメーション、ビデオを統合することができるスライドショー プレゼンテーション プログラムです。プレゼンテーションはCD-ROMやDVD-ROMで配布したり、ネットワークに置いたり、ウェブに公開することもできます。

本寄贈製品は、1ライセンスとなります。インストールしようとしている各デバイスに対して、1ライセンスご申請ください。ライセンスの詳細については、Volume Licensing Product Terms のサマリーを参照ください。

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

PowerPointを使って以下のことができます。

  • 団体のロゴ、色、ブランドアイデンティティを使った標準化プレゼンテーションの作成
  • 団体がどのように当事者を助けているかのストーリーテリング
  • 遠隔視聴者へのプレゼンテーションのブロードキャスト

 

主な機能

  • マルチメディアを使ったプレゼンテーション:PowerPointを使うと、YouTubeなどのサイトの埋め込みビデオを含む、テキスト、画像、オーディオ、ビデオを組み込むことができます。
  • メディア編集ツール:PowerPointの編集機能を使うと、すべてPowerPoint内でオーディオとビデオのトリミング、色の変更、画像のサイズ変更とトリミングを行うことができます。
  • プレゼンテーションのブロードキャスト:PowerPointがインストールされているかどうかに関係なく、他の場所の視聴者はWebでプレゼンテーションを見ることができます。ただしオーディオはこれらのプレゼンテーションの一部として含まれていません。
  • コラボレーション:異なる場所にいる複数のユーザーが、Office OnlineやSharePoint、OneDriveなどを介して、同じファイルを同時に共同編集または編集できます。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

Officeのスイートやアプリケーションではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかをマイクロソフト・ボリューム・ライセンシング・サイトでお選びいただけます。

マイクロソフトでは、Officeソフトウェアのボリュームライセンスを有効化するための、MAKまたはKMSキーを使用方法のご案内を提供しています。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)
 

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

PowerPoint Regular.png
Core-CALs-and-Office-Audit.png

Office Audit and Control Management Server (Discounted)

説明: 

Office Audit and Control Management (ACM) Server is revision control server software for monitoring and managing changes made to Excel spreadsheets and Access databases.

This offer provides one server license for running the software on a single server. Each user or device that accesses ACM Server or whose content is managed by the server must also have two client access licenses (CALs): a SharePoint Standard CAL and a SharePoint Enterprise CAL. Note that there are no separate ACM Server CALs.

Which Versions of This Software Are Available?

You can choose to download the current version or the previous version of this software. You can find out which version is the current one on the Current Versions of Microsoft Products page. In addition, you can download the software in any language that's available.

Benefits for Organizations

If you have system administration experience, you can use ACM Server to

  • Reduce operational risk by monitoring changes to mission-critical Excel workbooks or Access databases in your organization
  • Comply with government or third-party regulations for data retention and information security, such as HIPAA, Sarbanes-Oxley 404, the National Association of Insurance Commissioners Model Audit Rule, the Office of the Comptroller of the Currency, the Financial Services Authority, Solvency II, Basel II, and MiFID

Major Capabilities

  • Cell-level audit trails: The software remotely monitors files on corporate file shares and in SharePoint document libraries. It keeps a revision history for your files, so you can compare any two versions and restore prior versions.
  • Automated internal controls: You can automate key controls for cell-level auditing, version control, change control, security, data integrity, segregation of duties, and reporting.
  • Web-based interface: The administrative user interface of ACM Server is web-based and similar to the SharePoint Server interface.

Compatible with English Operating Systems Only

ACM Server is supported only on computers running the English US language version of Windows Server. However, you may use any language in your Excel and Access files.

Obtaining This Product

Installing this product requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

The license key allows you to install the product on as many computers as you have received licenses for. This quantity is specified in the email you receive from TechSoup Japan after you request this product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

Core-CALs-and-Office-Audit.png
Sharepoint-All.jpg

SharePoint Server Device CAL – Standard (ディスカウント)

システム要件: 

なし

説明: 

SharePoint Server Standardデバイスクライアントアクセスライセンス(CAL)は、(共有ワークステーションなどで)ユーザー数に関係なく、1台のコンピューターまたは他のデバイスがSharePoint Serverにアクセスすることを許可します。

1つのStandardデバイスCALが提供されます。個人のライセンスを取得するためのStandardユーザーCALや、追加機能にアクセスするための追加のエンタープライズCAL(ユーザーおよびデバイス)も入手可能です。

 

ライセンスのみ

本ライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

TechSoupを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Sharepoint-All.jpg
System Center-All.jpeg

System Center Data Protection Manager User Client ML (Discounted)

説明: 

System Center Data Protection Manager enables disk-based data protection and recovery for file and application servers as well as client computers.

This client management license (ML) allows any number of nonserver operating system environments (OSEs) to be managed by System Center Data Protection Manager, as long as only one user has access to them. If more than one user has access to a certain OSE or set of OSEs, then an ML is necessary for each user.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Data Protection Manager to

  • Keep your data safe and recoverable
  • Keep your business workloads, applications, and services continuously available

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for Data Protection Manager. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg
SQL Server CAL.png

SQL Server Device CAL (ディスカウント)

システム要件: 

なし

説明: 

SQL Serverデバイスクライアントアクセスライセンス(CAL)は、サーバーがCAL / Serverモデルを使用して展開されている場合に、1台のコンピューターにSQL Serverへのアクセスを許可します。 任意の数のユーザーがデバイスを(たとえば、共有ワークステーション上で)使用できます。

1つのデバイスCALを提供します。

 

追加情報

利用可能なSQL Serverのエディションとその代替ライセンスについては、 『SQL Serverのエディションとライセンスのガイド』を参照してください。


ライセンスのみ

本ライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

TechSoupを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

SQL Server CAL.png
Exchange-Server-All.png

Exchange Server Standard Edition (ディスカウント)

システム要件: 
説明: 

Exchange Server Standard Editionは、Windows Server上で実行される電子メールおよび個人情報管理ソフトウェアです。組織内外の安全なメッセージングのためのコラボレーション環境を提供します。Standard Editionは、小規模から中規模の組織向けに設計されており、5つのメールボックスデータベースに制限されています。

Standard Editionサーバーライセンスを1つ提供します。大規模な組織は、Exchange Server Enterprise Editionをご検討ください。Exchange Serverおよびサーバーとクライアントのライセンス要件の詳細については、Exchange Serverのエディションとライセンスのガイド(Guide to Exchange Server Editions and Licensing)を参照してください。

 

このソフトウェアのどのバージョンが利用可能ですか?

このソフトウェアの現在のバージョンと前のバージョンのどちらをダウンロードするかを選択できます。 現在のバージョンは、こちらで確認できます。 ソフトウェアは利用可能な言語を選んでダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

ネットワーク管理の経験があれば、Exchange Serverを使って以下のことができます。

  • 通信サービスを統合してコストを削減
  • サーバー設定の維持にかかる時間を短縮

 

主な機能

  • 管理の簡略化:統合されたWebベースの管理コンソールにより、オンプレミス、オンライン、およびハイブリッドのExchange展開が簡素化されます。
  • 統一されたメッセージング:ユーザーは、モバイルクライアントやWebクライアントなど、どこからでもアクセスできる単一の受信トレイを介して、電子メール、ボイスメール、およびFAXを受信できます。
  • 受信ボックスの保護:統合されたウイルス対策、スパム対策、およびフィッシング対策技術により、最新の脅威が阻止されます。
  • データベースの回復:管理者は、データベースレベルの障害からの自動回復のために、最大16個のメールボックスサーバーのデータベース可用性グループを構成できます。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Exchange-Server-All.png
Office-Suites-All.png

Office Professional Plus (ディスカウント)

システム要件: 

Office のシステム要件をご覧ください。

マイクロソフト インスタレーション テクノロジー:

  • 2019年バージョンのOfficeアプリケーションは、従来のWindowsインストーラー(MSI)テクノロジーではなく、Microsoft Click-to-Runテクノロジーを使用してインストールする必要があります。 Click-to-Runテクノロジーは、Office 365のサブスクリプションに含まれるOfficeアプリケーションのインストールに使用されるテクノロジーと同じものです。
  • 製品のバージョンが同じでも、異なるインストールテクノロジーを使用している場合は、1つのコンピュータに複数のOffice製品をインストールすることはできません。 場合によっては、Click-to-Runアプリケーションを使っていても、バージョンの異なる2つの製品を同じコンピュータにインストールできないこともあります。 詳細については、Microsoft Officeサポートをご参照ください。
説明: 

Office 2019のダウンロードとインストール方法が変わりました

VisioとProjectを含むすべてのOffice 2019 スイートと個別のアプリケーションはVLSC(Volume License Service Center:ボリューム・ライセンス・サービス・センター)から直接ダウンロードすることができなくなりました。

リクエストしたOffice 製品を受け取るためには、ボリュームライセンス経由で取得するOffice 2019 ダウンロードとインストールの詳細指示に従ってください。

Office Professional Plus は最適化された情報作業を可能にする共同作業のためのプログラムとサービスの統合コレクションです。ProfessionalスイートはStandardスイートに含まれていない2つのアプリケーションが搭載されています。

本寄贈製品は、1ライセンスとなります。インストールしようとしている各デバイスに対して、1ライセンスご申請ください。
ライセンスの詳細については、Volume Licensing Product Terms のサマリーを参照ください。
 

 

本ソフトウェアのどのバージョンが入手可能ですか?

ソフトウェアの現行バージョンもしくはそれ以前のバージョンを選択してダウンロードすることが可能です。どのバージョンが現在のバージョンであるかは、こちらのページ(英語)で確認できます。さらに、利用可能となるどの言語でもソフトウェアをダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

Officeスイートを使って以下のことができます。

  • ほかの場所にいるスタッフと一緒に文書の作成、共有、編集
  • データの傾向の追跡とハイライト
  • コスト削減のためのコミュニケーションのサービスの統合

 

本スイートに含まれるアプリケーション

Professional Plus版には、以下の製品が含まれます:

  • Access : 情報の調査・報告を助けるデータベース管理システム
  • Excel : データ分析とビジュアルツールを兼ね備えたスプレッドシートアプリケーション
  • Word : フル機能のワードプロセッサプログラム
  • OneNote : チームメンバーの間でいろいろなタイプの内容を共有できるデジタルノートブックアプリケーション
  • Outlook: 電子メール、カレンダー、連絡先やタスクを統合する情報管理プログラム
  • PowerPoint : テキスト効果、サウンド機能とアニメーション能力を兼ね備えたプレゼンテーショングラフィックスプログラム
  • Publisher : 基本的なレイアウトスキルでデスクトップでの印刷、商用印刷、電子メールでの配布用およびウェブサイト掲載用の文書が作成できるデスクトップパブリッシングプログラム
  • Skype for Business : Skype for Business サーバーと連携し、インスタントメッセージ(IM)、音声、ビデオなどのオプションを使って異なる場所やタイムゾーン間の通信を可能にするコミュニケーションクライエント

 

主な機能

  • リボン:Office リボンは、単体ないし統合されたデザインの最もポピュラーなフォーマットと作成ツールを合わせることによって利便性を高めます。
  • クラウドストレージ:OneDriveに統合されたOffice アプリケーション、OneDrive for Business、Sharepointを使えば、様々なデバイスを通してファイルにアクセスできます。
  • 複数のファイル フォーマットのサポート:WordやExcelを含むほとんどのOfficeアプリケーションはPDFやXPS文書として保存したり、エクスポートすることができ、そのためにアドオンをダウンロード・インストールする必要はありません。
  • データ統合:データベースは、他のAccess のデータベース、Excel のスプレッドシート、ODBC(open detabase connectivity)データソース、そしてSQL Server のデータベースのような外部ソースとリンクできます。組織内のユーザーは、Access がSharepoint Server によって統合されていれば閲覧や修正が可能となります。

 

ボリュームライセンスに関する重要な情報

Officeのスイートやアプリケーションではライセンス認証のため、「MAK(マルチプル アクティベーション キー)」と「KMS(キー マネジメント サービス)」の2つのタイプのボリュームライセンスキーのいずれかをマイクロソフト・ボリューム・ライセンシング・サイトでお選びいただけます。

マイクロソフトでは、Officeソフトウェアのボリュームライセンスを有効化するための、MAKまたはKMSキーを使用方法のご案内を提供しています。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

Office-Suites-All.png
Skype-for-Business-All.png

Skype for Business Server Device CAL – Standard (Discounted)

説明: 

A Skype for Business Server Standard device client access license (CAL) authorizes one computer or other device to access Skype for Business Server regardless of the number of users (for example, on a shared workstation).

This offer provides one Standard device CAL. Standard user CALs for licensing individuals and additive Enterprise and Plus CALs (user and device) for accessing additional features are also available.

Major Capabilities

The Standard CAL provides access to the following base features in Skype for Business Server.

  • Instant messaging (IM)
  • Presence
  • PC-to-PC audio and video communications.

Additional Information

In addition to the Standard CAL, additive Enterprise or Plus CALs might be required for accessing additional Skype for Business Server features.

  • Enterprise CAL: For audio, video, and web conferencing; desktop sharing; room systems; and multiple HD video streams. Enterprise CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.
  • Plus CAL: For enterprise telephony features. Plus CALs can only be used in conjunction with Standard CALs.

To enable all features, all three licenses (Standard, Enterprise, and Plus) are needed.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Skype-for-Business-All.png
Windows Server CALs.png

Windows Server External Connector License (Discounted)

説明: 

Windows Server is Microsoft's solution for workgroup file, print, and communication servers, as well as for Internet content delivery. If an organization has a large number of authenticated external Internet users accessing Windows Server or utilizing Windows Services, an external connector license (ECL) allows an unlimited number of simultaneous connections.

This offer provides one ECL for Windows Server. For a small number of authenticated external users, a more economical solution might be to acquire client access licenses (CALs) for the maximum number of simultaneous connections expected. Please note that an organization with an ECL still has to acquire CALs for the internal devices accessing the server. No license is required for anonymous Internet users.

Additional Information

For additional information about the available editions of Windows Server and the server and client licensing requirements, see the Guide to Windows Server Editions and Licensing.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Windows Server CALs.png
Project-Server-All.png

Project Server Device CAL (Discounted)

説明: 

A Project Server device client access license (CAL) authorizes one computer or other device to access the services of Project Server regardless of the number of users (for example, a shared workstation). Any application that accesses the services of Project Server requires a CAL, including Project Professional, Project Web App, SharePoint sites with Web Parts that display project information, Microsoft Office Outlook integration, and third-party applications.

This donation provides one device CAL. User CALs for licensing individuals are also available.

License Only

This license does not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and management licenses (MLs) offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

  • None
Project-Server-All.png
SQL Server CAL.png

SQL Server Standard Edition, Server/CAL Licensing (Discounted)

説明: 

SQL Serverは、データの保存、管理、分析、およびレポート作成のためのツールを提供するリレーショナル・データベース・サーバ・アプリケーションです。 

本寄贈は1つのStandard Editionのサーバーライセンスを提供します。 サーバー/ CALライセンス付きのSQL Serverでは、ライセンスを取得したサーバーにアクセスする各ユーザーまたはデバイスにクライアントアクセスライセンス(CAL)が必要です。 利用可能なSQL Serverのエディションとそのライセンス要件についての詳細は、 『SQL Serverのエディションとライセンスのガイド』を参照してください。

 

バージョンについて

このソフトウェアの現在のバージョンと前のバージョンのどちらをダウンロードするかを選択できます。 現在のバージョンは、こちらで確認できます。 ソフトウェアは利用可能な言語を選んでダウンロードできます。

 

団体への導入メリット

リレーショナルデータベースの展開の経験がおありでしたら、このSQL Serverのエディションを使用して以下のことをすることができます。

  • 顧客関係管理(CRM)プラットフォームにデータを提供
  • 組織が収集したデータを分析
  • 動的なWebサイトやイントラネットサイトをサポート

 

主な機能

  • SQL Server Management Studio: このグラフィカル・インターフェースは、豊富なスクリプト機能を備えたすべてのSQL Serverコンポーネントを管理します。ポリシーベースの管理コンポーネントは、SQL Serverの、データベース、およびその他のSQL Serverオブジェクトのインスタンスとしてサーバー上のエンティティを管理するポリシーを作成することができます。
  • オンライン・トランザクション処理:OLTPエンジンが、大量のデータへの迅速なアクセスを可能にします。
  • フェールオーバークラスタリングのサポート:いずれかに障害が発生した場合にサービスを提供するために、他のサーバーに接続することにより、サービスの中断を最小限に抑えます。
  • 多次元データ分析:オンライン分析処理(OLAP)およびBIセマンティックモデル(BISM)モデルでは、複数の視点から平板状モデル内の多次元データを解析することを可能にします。
  • SQLデータツール:ツールは、.NET FrameworkとVisual Studioとの統合開発環境を提供する含まれています。開発者は、敷地内とクラウドでウェブ、企業、およびデータ対応のモバイルアプリケーションを構築することができます。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。

ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールアドレスに送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます:

  1. 手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。
  2. マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランスの「アップグレードの権利」を利用することで、ソフトウェア アシュアランス契約期間中(寄贈から2年間)にリリースされたソフトウェアの最新バージョンに無償でアップグレードしていただけます。(ソフトウェア アシュアランスについて詳しくはこちらをご覧ください)

 

システム要件

SQL Server CAL.png
System Center-All.jpeg

System Center Service Manager Device Client ML (Discounted)

説明: 

System Center Service Manager is an integrated platform for automating and adapting your organization's IT service management best practices.

This client management license (ML) allows one nonserver device to be managed by System Center Service Manager. If a device has multiple operating system environments (OSEs), a separate ML is required for each OSE managed by Service Manager.

Benefits for Organizations

If you have a dedicated IT department and staff with datacenter administration experience, your organization can use Service Manager's built-in processes for

  • Incident and problem resolution
  • Change control
  • Asset lifecycle management

Licensing

Other types of System Center licenses are also available. For more information, see TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.

Server Software

The right to run System Center management server software is included with the MLs. If you request this product, you can obtain management server software for Service Manager. The software includes a runtime version of SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) to support System Center. No additional licenses are needed for management servers or SQL Server technology.

Management License

MLs do not require media, license keys, or setup codes.

CALs, ECLs, and MLs offered through TechSoup Japan are always for the currently offered version of the server software. However, these licenses can also be used with earlier versions of the server software.

Obtaining the Server Software

Installing the server software requires you to download the software from the Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) and enter a license key. You can download any available version or language for your product.

Expect two emails:

  1. When your request has been approved, TechSoup Japan will send a message to your organization email address. This email will confirm the number of licenses you have requested and provide information about how to use the VLSC once Microsoft accepts your license agreement. Make sure the email address in your organization details is up to date by visiting your account.
  2. Microsoft will send an email welcoming your organization to the VLSC. This email will indicate that Microsoft has accepted your license agreement. After you receive this email, you'll be able to follow the steps in the first email you received from TechSoup Japan to obtain your product through the VLSC.

Software Assurance

Under the Software Assurance program, you have the right to install any new release of products covered in the agreement during the term of your coverage.

System Requirements

System Center-All.jpeg