Veritas

veritaslogo

Veritas System Recovery 18 (サーバーエディション)

システム要件: 
ハードウェア:
  • 233-MHz (以上) のプロセッサ(オペレーティングシステムに依存)

主要コンポーネントごとのメモリ要件:
  • Backup Exec System Recovery Agent: 512 MB RAM 
  • Backup Exec System Recovery ユーザーインターフェースとリカバリポイントブラウザ: 512 MB RAM 
  • Symantec Recovery Disk: 最低1 GB(専用) 
  • Backup Exec System Recovery LightsOut Restore機能: 1 GB RAM

利用可能なハードディスク容量:
  • 700MBのハードディスク
  • Microsoft .NET Framework 2.0: 32 ビットのコンピュータには 280 MB、64 ビットのコンピュータには 610 MB
  • リカバリポイント: リカバリポイントを格納するローカルディスクまたはネットワークサーバー上に十分なディスク容量が必要
  • Backup Exec System Recovery LightsOut Restore機能: 2 GB
  • CDまたはDVDドライブ
  • ドライブの速度に要件はありませんが、Symantec Recovery Disk CD-ROM をブートするために BIOS からブートできる必要があります。Backup Exec System Recovery は Gear Software 技術を使用します。ご使用の CD ライターまたは DVD ライターとの互換性を確認するには、Gear Software製品情報 (英語サイト) を参照してください。ライターの製造元およびモデル番号がわかっている場合は、ライターに関する情報を調べることができます。

ソフトウェア:

  • Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 with SP2; Windows Server 2003; Windows Small Business Server 2003/2008/2011; Windows Essential Business Server 2008; Windows 8; Windows 7; Windows Vista; Windows XP Professional, Home, Media Center
  • インストレーション・プログラム動かすために.NET Framework 2.0 が必要です。 Symantec System Recoveryを動かすために.NET Framework 4.0 が必要です。(.NET Framework をまだインストールしていない場合、インストレーション・プログラムが自動的にインストールします。)
  • Internet Explorer 6.0以降
  • また、Exchange で個別リカバリを行うには Microsoft Outlook 2003/2007/2010 が必要です。

  • 変換されたリカバリポイントでサポートされる仮想プラットフォーム:
  • VMware ESXi 4.0/4.1/5.0/5.1
  • VMware ESX 4.0/4.1
  • VMware Server 1.0 and 2.0
  • VMware Workstation 4/5/6/6.5
  • Microsoft Hyper-V 1.0/2.0/3.0
  • Microsoft Virtual Server 2005 R2以降
  • Citrix XenServer 5.5/5.6/6.0/6.1
説明: 

Veritas System Recovery (日本語版)製品情報[→ Symantec Web サイト]

Veritas System Recovery 18は、ディスクイメージング技術を使用してサーバーを保護するバックアップおよびリカバリソリューションです。ご利用には、いずれのタイプのストレージメディアにも書き込み可能なハードディスクか、仮想ディスク変換可能ハードディスクの全体のスナップショットが必要です。リカバリが必要な場合は、これらのスナップショット(リカバリポイント)を同じハードウェア構成または別のハードウェア構成に復元できます。

この寄付は1つのライセンスを提供します。これにより、組織は任意の数のデバイスをバックアップできます。組織ごとに必要なライセンスは1つだけです。

団体への導入メリット

定期的なバックアップで、データ損失の災害から組織を守ります。システム管理の経験がある場合は、災害によってサーバが動作不能になった際にも、システム全体または個々のファイルやフォルダを復元することができます。

主な機能

  • 柔軟なリカバリポイントの作成: 必要に応じてリカバリポイントを作成したり、自動的に作成するようにスケジュール設定することができます。
  • 個々のファイルの復元:特定のファイルのみを回復する必要がある場合は、リカバリポイントを参照して、個々のファイル、Exchangeメッセージ、およびSharePointドキュメントを復元できます。
  • セカンダリバックアップの場所: システムリカバリはセカンダリバックアップの場所をサポートします。プライマリのオンサイトバックアップにアクセスできない場合や回復不能な場合には、不可欠な機能です。
  • クラウドストレージオプション: システムリカバリは、Amazon S3およびMicrosoft Azure(64ビットオペレーティングシステムのみ)を含むサードパーティのクラウドストレージに直接バックアップおよびリカバリをサポートします。

無償の管理コンソール

システム回復管理ソリューションは、有効なシステム回復ライセンスを持つ組織であれば無償です。 1つ以上の場所に分散された複数のコンピュータでSystem Recoveryを管理する組織のための集中管理コンソールを提供します。 Veritasは20台以上のサーバーを管理することを推奨しています。 Windows Serverを実行しているコンピュータにインストールする必要があります。

Backup Execとの比較

この製品は、Veritasエンタープライズレベルの2つのバックアップアプリケーションの1つです。 TechSoup Japanで提供されているアプリケーションの比較については、「Guide to Veritas Recovery and Backup Products」を参照してください。 

NFRバージョンについて

TechSoup Japanから入手できるこの製品のバージョンは、再販不可(NFR)バージョンです。 NFR製品を新しいリリースにアップグレードすることはできません。新しいリリースをご希望の場合は、TechSoup Japanを通じて新しい寄付をリクエストする必要があります。また、NFR製品には、製品の問題やアドオンに関する電話によるサポートは含まれていません。ただし、 Veritasのwebサイトでは、ナレッジベースとディスカッションフォーラムを通じて、無償のオンラインテクニカルサポートを利用できます。

ご注意ください

この製品はダウンロード版ですので、製品の返品・交換、手数料の返金ができません。

製品の入手方法

2つの電子メールが到着します。 寄贈申請が承認されると、TechSoup Japan から貴団体の登録Eメールアドレス宛てに、ソフトウェアの取得方法とアクティブ化の手順を記載したメールを送信します。
続いて、Velitasから、インストールまたはアクティベーションを完了するために必要な情報が記載された電子メールを送信します。

システム要件

veritaslogo
veritaslogo

Veritas Backup Exec 20

システム要件: 
Backup Execのシステム要件は使用されているシステム構成やオプションによって異なります。基本的なシステム要件についてはBackup Execのページをご覧ください。
説明: 

Backup Exec 20は、テープやディスク上にあるデータを保護する機能を提供します。複数のサーバー(Linux、ストレージエリアネットワーク、デスクトップコンピュータ、ノートブックなどのExchangeとUNIX、アプリケーションサーバー)を持つような仮想環境を保護することが可能です。

この寄贈には、Backup Exec 20の1ライセンスが含まれます。Server Backup Exec 1ライセンスで、必要な数のデバイスをバックアップします。組織に1つのライセンスしか必要ありません。

Benefits for Organizations

定期的なバックアップは、データ損失の災害から組織を守ることができます。 Backup Execを使用すると、複数のソースからデータを集中管理することができます。

Major Capabilities


  • 使い易さ: 直観的なインターフェイスとウィザードにより、インストール、セットアップ、バックアップ、リカバリ、メディア管理、災害準備、クラスタインストール、エージェント設定が簡単になります。
  • 複数サーバーのバックアップ: 1つのバックアップ定義の一部として、または別々の定義で個別に、複数のサーバーをバックアップすることができます。
  • ストレージオプション: ディスク、テープ、重複排除ストレージ、サードパーティのクラウドなど、ほぼすべてのストレージデバイスにバックアップできます。
  • ブロックレベルの重複除外: Backup Execは、物理環境や仮想環境を含むすべてのバックアップジョブでデータの重複排除を行います。
  • 多彩なリカバリ: 仮想マシン、アプリケーション、データベース、ファイル、フォルダ、細かいオブジェクトをバックアップストレージから直接リカバリできます。
  • 簡略化された災害復旧テクノロジ: 災害発生時に、Backup Execはサーバー全体を数時間または数日ではなく、数分で同じハードウェアまたは異種のハードウェアに復旧できます。


エージェントとオプションにより、Backup Exec環境のプラットフォームと機能のサポートを拡張できます。ネットワーク内でこれらのエージェントを無制限に使用できるため、エージェントの複数のインスタンスが複数のサーバーを保護できます。Backup Execのすべてのエージェントとオプションのリストについては、次のリンクをクリックしてください( Backup Exec のエージェントとオプション)。 TechSoupで使用可能なBackup Execのバージョンには、使用可能なすべてのエージェントとオプションが含まれています。

TechSoup Japanの寄贈プログラムで提供されるBackup Execは、再販売(転売)禁止バージョンです。このバージョンは新製品にアップグレードすることができません。新製 品が必要な場合はTechSoup Japanを通じて新たに申請を行っていただく必要があります。また再販売バージョンには製品やアドオンについて電話の問い合わせは受け付けておりませ ん。ただしBackup Execスタンダードオンラインサポートプログラムを通してシマンテックオンラインknowledge basesによる無料サポートをご利用いただけます。

慎重に選択してください: この製品はダウンロードバージョンであるため、払い戻しができません。

インストールファイルとライセンス : TechSoup Japanから寄付の要請が承認されると、組織のEメールアドレスにダウンロード手順を記載したメールが送信されます。 7〜10日以内に、シマンテック社は電子メールのダウロードに必要なユーザーライセンス証明書とシリアル番号を送信します。

veritaslogo