TeamViewer 寄贈プログラム:資格と制限

Restrictions: 
  • 数量:
    • 利用資格を持つ団体は、7月1日から翌年6月30日までの1会計年度に1回だけTeamViewer Businessの寄贈サブスクリプションを1つ申請できます。
    • 利用資格を持つ団体は、TeamViewer製品の割引サブスクリプションを数量の制限なく申請できます。
  • 予算:
    • 年間予算が1,150万ドル(12.4億円)以下の団体は、TeamViewer Business寄贈サブスクリプションを申請する資格があります。
    • TeamViewer割引サブスクリプションは、年間予算額にかかわらず、すべての有資格団体にご利用いただけます。
  • 利用資格のある組織: 利用資格のある非営利団体と公立図書館のみ利用できます。
  • 組織の種類: 組織の活動内容に関わらず、すべての利用資格のある団体にご利用いただけます。
  • TeamViewerをすでにご利用中の団体: 有償のTeamviewer 製品のサブスクリプションをすでにご利用いただいている団体は、本プログラムをご利用いただけません。
  • 利用規約: TeamViewer製品の使用申請をする団体は、該当する利用規約に同意する必要があります。
  • 反差別ポリシー: 年齢、民族、性別、国籍、障害、人種、規模、宗教、性的指向、または社会経済的背景に基づいて差別を提唱、支援、または実践する組織には本プログラムの利用資格がありません。団体は、本プログラムの製品を利用するために、これらの事由のすべてにおいて差別をしていないことを証明する用意がなければなりません。
  • 事例の提供: 本プログラム利用団体は、事例または利用者の声を作成する目的でTeamViewerに情報を提供する意思があり、能力を備えている必要があります。
  • 製品の配布:
    • 製品は、資格のある団体のみに配布され、個人には配布されません。
    • 製品を受け取った団体は、TeamViewer製品を譲渡または再販することはできません。