Office 2019 Download Guide

TechSoupにリクエストしたMicrosoft Office 2019 製品のダウンロード、インストール方法

Microsoft Office 2019 製品取得の新しい方法を知る

Office 2019では、Microsoftはボリュームライセンスのお客様がビジオとプロジェクトを含めたすべてのオフィススイートとそれぞれのアプリケーションをダウンロード、インストールできる方法を変更しました。ボリュームラインセンスを通じて取得した以前のOffice版とは異なり、Office 2019 製品はボリュームライセンス・サービスセンター(VLSC)を通じて直接ダウンロードすることができません。

使用する操作システムの指示に従ってください。

Windows向けOffice 2019をダウンロード、インストール

Office 2019を開始する際、ボリュームライセンス経由で入手可能なWindows向けOffice全製品は、従来のWindows Installer技術の代わりにClick-to-Run技術を利用します。組織のユーザー向けOffice 2019 製品のボリュームライセンス版の展開には、Office Deployment Tool (ODT)を使用します。

Office 2019 製品のダウンロードには最低20 Mbpsのダウンロード速度を備えたブロードバンドインターネット接続が必要です。Office 2019にはWindows 10が必要で、それ以前のバージョンでは実行しないことにご注意ください。

手順 1: VLSCで登録して、ソフトウエア契約を承諾

まだであれば、VLSCで登録して、リクエストしたOffice 2019 製品のソフトウエアライセンス契約を承諾します。 VLSCクイックスタートガイドで手順1と2を進めるを完了するだけです。

手順2: VLSCからOffice 2019 製品のキーを取得

  1. VLSCにサインインします。
  2. ダウンロードとキー タブを選択します。
  3. リストでOffice 2019 製品を見つけてそのキーリンクをクリックします。
  4. 製品名の下の表の中で、列ラベルキーにある製品キーを見つけます。このキーのタイプ列は、KMSではなく、MAKとなっているべきです。
  5. オフィススイートにはウェブアプリのようなオンラインの機能性のために別の設定キーがあります。これらのキーはMAK製品キーとは異なり、デスクトップ製品のボリュームアクティベーションには使用することができません。
  6. 製品名の下の表の中で、列レベルキーにある製品キーを見つけます。このキーのタイプ列は、kmsではなく、makとなっているべきです。
  7. 本表から製品の個別キーをコピーし、Notepadのようなプログラムに貼り付ける、または製品リストのすぐ上にあるすべてのキーをエクスポート: CSVして、カンマ区切り形式(Excelで開ける)でキーのリストをダウンロードします。本リストには、お持ちのVLSCプロフィールの契約に関連するすべてのボリュームライセンスキーが含まれています。

手順3: Office Deployment Tool (ODT)をダウンロード

  1. MicrosoftからOffice Deployment Toolをダウンロードします。
  2. ダウンロードが完了したら、開いて指示に従い、選択したフォルダーにそのコンテンツを展開します。
  3. 完了したら、setup.exeという名のファイルと、.xmlで終わる複数の"構成"ファイルがあるはずです。.xmlファイルを削除します。setup.exeファイルだけを維持する必要があります。

手順4: 構成ファイルをダウンロードして準備

…としてリンクを保存を選択して、手順3でsetup.exeファイルを展開した同じフォルダーにファイルを保存し、必要なファイルのリンクを右クリックして、下の表から必要な構成ファイルをダウンロードします。

32ビットまたは64ビット版が必要な場合に、どのように伝えるかを知る。

次に、下の指示に従って、手順2でVLSCから取得した製品キーを構成ファイルに追加します。

  1. 構成ファイルを右クリックし、編集するを選択してNotepadのファイルを開きます。
  2. 構成ファイルで以下のテキストの文字列を探します:
    • PIDKEY="#####-#####-#####-#####-#####"
    look for the following string of text in the configuration file: pidkey="#####-#####-#####-#####-#####"
  3. この文字列では、保存した所からキーをコピペして、#####-#####-#####-#####-#####を MAKクライアント・アクティベーションキーに置き換えます。キーの前後の引用符はそのままにしておいてください。
  4. ファイルを保存して閉じます。

1タイプ以上のOffice 製品をリクエストした場合には、構成ファイルを編集して、ライセンスを受け取った各製品の別々のキーを追加する必要があります。

展開のために追加のカスタム化が必要で、IT経験を備えている方であれば、MicrosoftのOffice Customization Toolを使って、自分自身の構成ファイルを作成することができます。

手順5:製品をダウンロード、インストール

Office 2019 製品をインストールする際には、Officeの以前のすべてのバージョンがアンインストールされることにご注意ください。そのため、実行しているどのOffice アプリケーションも必ず保存して終了してください。

  1. setup.exeと構成ファイルがあるフォルダーに移動します。
  2. 次の手順を準備するために、インストールしたい製品の構成ファイル名をコピーする必要があります。これを実行するために、構成ファイルを右クリックして、名前を変更するを選択し、Ctrl+Cを押して、ファイル名をコピーします。それからフォルダーのどこかをクリックしてその名前変更をせずに構成ファイルの選択解除をします。
  3. Windows内で実行するテキストベースのコマンドラインインターフェースであるコマンドプロンプトを使って、次の手順を実行する必要があります。コマンドプロンプトを開くためには、Shiftキーを長押しして、setup.exeと構成ファイルがあるフォルダーの中のどこかを右クリックし、コマンドウィンドウをここで開くを選択します。
    setup.exeと構成ファイルぜあるフォルダーの中のどこかを右クリックし、〜コマンドウィンドウをここで開く」を選暞します。
  4. 以下のことをコマンドプロンプトにタイプしますが、コマンドプロンプト内で右クリックして貼り付けるを選択し、コピーした構成ファイル名がある"configuration.xml"を置き換えます:
    • setup /download configuration.xml
    • まだそこになければ、構成ファイル名を貼り付ける際には、必ず.xml を追加してください。
    •   
    コマンドプロンプトに構成ファイル情報をタイプする
  5. 何も起こっていないように見えますが、製品はバックグラウンドでダウンロードされています。ダウンロードは大きなファイルで、完了までしばらく時間がかかります。ダウンロードが完了したら、コマンドプロンプトに戻されます。
  6. ダウンロードが完了すると、製品インストールの準備ができています。コマンドプロンプトに以下のことをタイプしますが、右クリックして貼り付けるを選択し、コピーした構成ファイルがある"configuration.xml"を再度置き換えます:
    • setup /configure configuration.xml
    • 再度、必ず構成ファイル名が.xmlで終わるようにしてください。
  7. インストールが完了したら、コマンドプロンプトに戻されます。コマンドプロンプトを閉じて、デスクトップに戻ります。Office 2019 製品がインストールされて、使用準備ができます。

インストールのカスタム化が必要、または詳細の使用説明がもっと必要な場合には、MicrosoftのIT 専門家向けOffice 2019 展開作動ガイドをご参照ください。

macOS Office 2019の使用説明をダウンロード、インストール

Mac向けのOffice 2019 製品では、VLSCから直接Office インストールファイルをダウンロードすることができません。代わりにVLSCからの ボリュームライセンス(VL)シリアライザーと呼ばれるアクティベーションツールをダウンロードし、Office コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を通じて、MicrosoftからOffice インストールファイルを別にダウンロードします。

これらすべての手順を実行する使用説明は、各Mac向けOffice 2019 製品のダウンロードとキータブの下でVLSCにて提供されます。さらに援助が必要な組織のために、こちらにさらに詳細が入った同じ使用説明を入れています。

手順1: VLSC で登録して、ソフトウエア契約を承諾

まだであれば、VLSCで登録して、リクエストしたOffice 2019 製品のソフトウエアライセンス契約を承諾します。 VLSCクイックスタートガイドで手順1と2を進めるを完了するだけです。

手順2: ボリュームライセンス・シリアライザーをダウンロード、インストール

  1. VLSCにサインインします。
  2. ダウンロードとキータブを選択します。
  3. リストでMac 製品向けのOffice 2019を見つけ、そのダウンロードリンクをクリックします。
  4. ウィンドウの下にある続行 ボタンをクリックします。
  5. ダウンロードアイコン (下向きの矢印がある円)をクリックして、ボリュームライセンス・シリアライザー.iso ファイルをダウンロードします。
  6. ダウンロードが完了したら、.iso ファイルを開いて、ボリュームライセンス・シリアライザー パッケージファイルを展開します。
  7. Mac 製品向けボリュームライセンスのOffice 2019をインストールする各コンピューターにボリュームライセンス・シリアライザー パッケージファイルを実行します。

Mac 製品向けOffice 2019を一種類以上リクエストした場合には、各製品にこのプロセスを繰り返します。

次の手順でMac 製品向けOffice 2019をインストールする前に、ボリュームライセンス・シリアライザーを実行していると想定しますが、お好みで後からシリアライザーを実行することもできます。

手順3: 製品をダウンロード、インストール

Office CDNからのMac 製品向けOffice 2019を取得するダウンロードリンクは、VLSCで各製品のダウンロードリンクをクリックする際に現れるテキストの使用説明に含まれているはずです。

しかし、Microsoftから直接Office 2019 スイートと個別のアプリケーションのダウンロードリンクも見つけることができます。

Mac 2019 スイート向けOfficeには、Microsoft Teams (Microsoftのコミュニケーションプラットフォーム)を含めてダウンロードしたいかどうかを選択することができます。インストールパッケージをダウンロードした後に開いて、指示に従って製品をインストールします。

インストールのカスタム化が必要、または詳細の使用説明がもっと必要な場合には、MicrosoftのIT 専門家向けMac展開作動ガイドのOfficeをご参照ください。