BizTalk Server Standard (ディスカウント)

BizTalk Server.png
ソフトウェア提供企業:
プラットフォーム:
手数料: 336,319 円 + 消費税
SKU: LVS-51199
説明: 

BizTalk Server スタンダード・エディションは、プラットフォームや物理的な場所に関係なく、ビジネス・システムを相互に接続するためのインフラストラクチャ・ソフトウェアです。また、それらのシステムに基づいて、ユーザーがプロセスを定義および実行することを可能にします。このスタンダード・エディションは、小規模から中規模の組織向けに設計されています。

本寄贈は、2 つのプロセッサ・コア・ライセンスを提供します。BizTalk Server には、1つの物理プロセッサまたは仮想プロセッサごとに少なくとも 4 つのコア・ライセンスが必要です。クライアント・ライセンスは必要ありません。貴団体がいくつのライセンスを申請する必要があるか、そしてBizTalk Serverのライセンスの更なる詳細については、マイクロソフトのBizTalk Server Licensing Datasheet and FAQを参照してください。

 

バージョンについて

ダウンロードは、このソフトウェアの現行バージョン、または以前のバージョンを選択できます。使用しているバージョンがどちらであるかは、Current Versions of Microsoft Productsで確認きます。また、提供されている、どの言語のソフトウェアでもダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

システム管理の経験がおありでしたら、BizTalk Server を使って以下のことが可能です。

  • 仮想化環境を使用し、既存のデータ・インフラストラクチャを置き換えることで、ハードウェア・コストを削減
  • データ・プロセスの自動化とモニターによる効率の向上

 

主な機能

  • メッセージング: Windows Azure Service Bus は個人のクラウド環境と公共のクラウド環境間でアプリを接続します。これにより、ユーザーはこれらの環境全体でドキュメントを交換でき、第三者はファイアウォールの内側でオンプレミスで実行されているサービスにアクセスできます。
  • アダプター・パック: BizTalk Server には、.NET、XML と Web サービス、および IBM データベースと通信するための 12 以上のアダプターが含まれています。アダプターは、SAP、Siebel、PeopleSoft、そして、Oracle E ビジネス・スイートなどの一般的に使用されるビジネス・ソフトウェアと通信することもできます。マイクロソフト・パートナー・ネットワークでは、追加のアダプターを提供していますが、一部は追加料金が必要となります。
  • オーケストレーション・デザイナー: BizTalk エディターおよび BizTalk マッパーと共に、オーケストレーション・デザイナーは、ビジネス・プロセスとそれが使用するルールをグラフィカルに定義する方法を提供します。ビジネス・ルール・エンジンは、複雑なビジネス・ルールの集合体を評価する方法を提供します。
  • ビジネス統合: BizTalk Server は、AS2 および SWIFT 形式だけでなく、最も一般的なデータ交換形式の 1 つである電子データ交換もサポートするのが特徴です。
  • ビジネス・アクティビティ・モニタリング: このビジネス・アクティビティ・モニタリングにより、アナリスト、開発者、および情報関連業務の従事者は、業界の景気局面、トレンド、および危機的状況に関する情報を取得できます。
  • BizTalk RFID: BizTalkにより、無線周波数識別 (RFID) デバイスが Microsoft プラットフォームと完全に互換性を持つようになります。またBizTalkにはモバイル RFID のネイティブ サポートが含まれています。また、資産追跡やサプライチェーンの可視性向上など、基盤となるデバイスの種類やプロトコルに依存しないRFID プロセスを開発者が作成することも可能にします。

 

本製品の入手方法

この製品をインストールするには、マイクロソフトのMicrosoft Volume Licensing Service Center (VLSC)からダウンロードし、ライセンス キーを入力する必要があります。貴団体が使用される製品で利用可能な、いずれのバージョン、または言語でもダウンロードすることが可能です。

ライセンス キーを使用すると、申請されたライセンス数と同じ数のコンピュータに本製品をインストールすることができます。ライセンス数は、本製品を申請した後に テックスープ・ジャパンから貴団体に送られるメールに記載されています。

2通のメールが届きます:

  1. 貴団体からの申請が受理されますと、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)より、貴団体が登録したメールアドレスにメッセージが届きます。このメールには貴団体が申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認した後のボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)の使用方法に関する情報が記載されています。団体プロフィールにあるメ-ルアドレスが最新のものであるか、アカウント情報にアクセスをして必ずご確認ください。
  2. マイクロソフトより、貴団体をVLSCに歓迎するメールが届きます。このメールの受信により、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認したことになります。このメールを受信しましたら、テックスープ・ジャパンから受信した上記1のメールに記載されている手順に従って、VLSCを通じて本製品を入手することができます。

 

ソフトウェア・アシュランス

ソフトウェア・アシュランス・プログラム(Software Assurance program)のもと、アシュランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

 

システム要件