a part of the TechSoup Global Network

【重要なお知らせ】4月1日よりマイクロソフト社寄贈プログラムが変更されます

2018年4月1日、マイクロソフト社によるテックスープを通じた寄贈プログラムが変更となります。

以下の内容をご確認いただき、 御団体の IT環境整備の計画を検討する上でのご参考にしてください。
これらの変更は、マイクロソフト社とテックスープが、非営利団体のミッションの達成に必要なIT技術の提供を持続的に実施していくための取り組みの一環になります。

【主な変更点】
  • マイクロソフト社のいくつかのソフトウェア製品が、「寄贈製品」として提供されなくなります。代わりに、それらの製品は「割引製品」として、テックスープを通じて寄贈資格を有する非営利団体(NPO法人、社会福祉法人、公益社団法人、公益財団法人、非営利徹底型一般社団法人)と公立図書館に対して提供されることになります。
  • 引き続き寄贈製品として提供される製品については、今までの寄贈プログラムの上限として設けられていた「2年間の寄贈サイクルで10以内のタイトルグループから最大50ライセンス」が無くなります。その代わり、各団体は「2年間の寄贈サイクルの中で、それぞれの寄贈製品につき50製品まで/コアベースのライセンスを伴わないサーバ製品を5製品まで」申請が可能になります。

【これまでと変わらない点】
  • 最も人気のあるマイクロソフト社のソフトウェア製品は、「寄贈製品」として引き続き資格を有する非営利団体と公立図書館に対して提供されます。
  • 寄贈製品の申請上限数は、引き続き「2年間の寄贈サイクル」後にリセットされます。
  • その他、寄贈プログラムの規定・申請資格・制限の変更はありません。 

詳細は、マイクロソフト・ソフトウェア寄贈・ 資格申請と割り当てをご参考ください。現在限られた情報しか掲載されていませんが、詳細が決まり次第、追って更新いたします。
【本件に関連するお知らせ】 

2018/2/28更新:「4月1日より変更のマイクロソフト社寄贈プログラムへのFAQ」


本件に関するご質問・ご要望などは 以下のメールアドレスまでお願い申し上げます。

テックスープ・ジャパン事務局([]を@に変えて送信ください)
info[]techsoupjapan.org 
以上