マイクロソフト ソフトウェア寄贈 サーバーライセンスガイド

 

Microsoft Windows Serverの利用可能なエディションとライセンス要件について説明します。

Windows Serverは、プリントサーバー、ドメインコントローラ、Webサーバー、ファイルサーバーなどのネットワークの役割をコンピュータが処理できるようにするサーバーオペレーティングシステムです。サーバーオペレーティングシステムとしては、Exchange ServerやSQL Serverなどの個別に取得したサーバーアプリケーションのプラットフォームでもあります。

このガイドを利用して、団体のニーズに適したWindows Serverのエディションとライセンスを見つけることができます。

詳細は、Windows Server 2016のライセンスガイド(PDF)もご参照ください。

【エディション】
マイクロソフトは、TechSoupを通じてStandard、Datacenter、およびEssentialsの各エディションでWindows Serverを提供しています。 StandardエディションとDatacenterエディションは、ほとんど同じ機能を共有しています。主な違いは、実行が許可されているサーバーソフトウェアの仮想インスタンスの数です。 EssentialsエディションはStandardエディションの多くの機能を共有していますが、接続できるユーザーとデバイスの最大数に制限があります。

・Standardエディションは、中小規模の団体を対象としています。ライセンスを取得したサーバー上の仮想オペレーティングシステムで、サーバーソフトウェアの2つのインスタンスを実行できます。追加の仮想インスタンスを実行する必要がある場合は、追加のStandardエディション・ライセンスを取得できます。

・Datacenterエディションは、大規模な仮想化に最適化されています。 1つのサーバーで無制限の数のWindows Serverインスタンスを実行できます。これには、Standardエディションのすべての機能のほか、暗号化された仮想マシン、ソフトウェア定義型ネットワーク、およびソフトウェア定義型ストレージのサポートが含まれています。

・Essentialsエディションは、最大25ユーザー、50デバイスの小規模組織向けに設計されています。サーバーソフトウェアの1つのインスタンスのみを物理環境または仮想環境で実行できます(Essentialsエディションのライセンスは組み合わせることはできません)。クライアント・アクセス・ライセンス(CAL)は必要ありません。

【サーバーライセンス】
Windows Server 2016のStandardエディションおよびDatacenterエディションでは、サーバーごとのコアベースのライセンスと、サーバーにアクセスするユーザーまたはデバイス用のCALの組み合わせである「Per Core / CALライセンスモデル」が使用されています。以前のバージョンのWindows Serverもこのライセンスモデルに移行しました。

どちらのエディションでも、各物理プロセッサに最低8コアライセンス、各サーバに最低16コアライセンスが必要です。

TechSoupが提供する製品は2つのコアライセンスを提供します。ほとんどの場合、団体は1つのサーバーに対して最低16のコアライセンスを取得するために少なくとも8つの製品を申請する必要があります。

どちらのエディションも数量制限なしのディスカウント・プログラムの製品として入手できます。スタンダード版は寄贈プログラムからも入手可能です。マイクロソフトの寄贈プログラムのルールでは、2年間のサイクルで最大25のWindows Server Standardを申請することで、最大50のコアライセンスを取得できます。

Essentials版は、コアベースのライセンスを使用せず、CALを必要としません。ただし、最大2つの物理プロセッサを搭載した単一サーバー上でしか使用できません。

ライセンス情報の詳細については、Windows Server 2016のライセンスデータシート(PDF)を参照してください。

【クライアント・アクセス・ライセンス(CAL)とエクスターナル・コネクタ・ライセンス(ECL)】

Windows Server StandardエディションおよびDatacenterエディションでは、サーバーソフトウェアにアクセスまたは使用するユーザーまたはデバイスごとに、Windows ServerユーザーCALまたはデバイスCALが必要です。 EssentialsエディションにはCALは必要ありません。つまり、最大25ユーザー、50デバイスを超えることはできません。

あるいは、団体は、認証された多数の外部インターネットユーザーに対してWindows Serverの外部コネクタライセンス(ECL)を使用できます。外部ユーザーとは、団体の職員ではないユーザー、またはサーバーソフトウェアを使用してホストサービスを提供するユーザーです。団体の公開Webサイトを閲覧している匿名のインターネットユーザーなどにはCALは必要ありません。

TechSoupを通じて提供されるCALおよびECLは、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

【リモート・デスクトップ・サービス】
サーバーがリモートデスクトップサービス(以前はターミナルサービスと呼ばれていました)を実行している場合、サービスにアクセスするには個別のリモートデスクトップサービスCALまたはECLが必要です。リモートデスクトップサービスを使用すると、事実上あらゆる種類のネットワーク接続を介して、さまざまなデバイスからアプリケーションをリモートで実行できます。

リモートデスクトップサービスCALは、インストールにMicrosoftボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)のライセンスキーを必要とするため、他のWindows Server CALとは異なります。リモートデスクトップサービスCALをインストールするためのMicrosoftの要件と手順を参照してください。

【権利管理サービス】
サーバーがRights Management Services(RMS)を実行している場合、サービスにアクセスするには個別のRMS CALまたはECLが必要です。 RMSはRMS対応アプリと連携する情報保護テクノロジです。

RMSライセンスはTechSoupでは提供していません。

【サーバーアプリケーションライセンス】
Windows Serverプラットフォーム上で実行されるサーバーアプリケーション(SQL ServerやExchange Serverなど)のライセンスは別です。 TechSoupを通じて提供されるサーバーアプリケーションの一般的なライセンス要件は、製品の説明に記載されています。詳細については、マイクロソフトのライセンス条項とドキュメントのページを参照してください。

【アップグレード】
ソフトウェアアシュアランスが有効な以前のバージョンのWindows Serverをお持ちの場合は、新しい寄贈申請を出さずにWindows Server 2016にアップグレードできます。 Windows Server 2016がコアベースのライセンスモデルに変更されたため、ソフトウェアアシュアランスを保有する団体には、プロセッサライセンスの数に応じて、一定数のコアライセンスが付与されます。詳細については、Windows Server 2016のライセンスデータシート(PDF)を参照してください。

アップグレードについては、Windows Server TechNetライブラリの「Windows Serverのインストールとアップグレードに関する情報」を参照してください。

Windows Server 2016にアップグレードする場合は、ソフトウェアアシュアランスを使用してCALをアップグレードする必要もあります。

【ダウングレード】
ダウングレード権を使用すると、マイクロソフトがボリュームライセンスサービスセンターを通じて引き続きダウンロードできるようにしているすべてのバージョンのWindows Serverを入手することができます。 Windows Serverでは、ライセンスを取得した2016版、2012 R2版、または2012版をダウンロードすることを選択できます。ダウングレードはソフトウェア・アシュアランスには依存しません。ボリュームライセンスの利点です。

ただし、Windows Server 2016のリリースにより、以前のバージョンのWindows Serverはすべて、新しくコアベースのライセンスモデルに移行しました。以前のバージョンのWindows Serverの新規または追加のライセンスを申請する場合は、Windows Server 2016のライセンスに関するガイドラインに従って、ライセンスを取得したサーバーのすべてのコアをカバーするのに十分なライセンスを取得してください。詳細については、Windows Server 2016のライセンスデータシート(PDF)を参照してください。

TechSoupを通じて入手したCALは、ダウングレードされたバージョンで動作します。

【詳細なライセンス情報】
ライセンス情報の詳細については、Windows Server 2016のライセンスデータシート(PDF)および価格とライセンスに関するよくある質問(PDF)を参照してください。 (価格情報はTechSoupから入手可能なマイクロソフト製品には適用されません。)

ライセンス情報の全ては、マイクロソフトのライセンス条項とドキュメントページにあります。

【TechSoupから入手できるWindows Server製品】
TechSoupから入手できるWindows Serverの寄贈を参照してください。

この作品はCreative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 4.0 International Licenseの下に公開されています。