【Microsoftコラム】Microsoft Office 2016がご利用可能になりました

オフィスの最新バージョンが、テックスープジャパンを通じてご寄贈頂けるようになりました!
寄贈資格を満たしている法人の皆さまは、次のWindows Office 2016製品をリクエスト頂けます:


そしてMacにも、次の製品の2016バージョンが用意されています。

すべてのOfficeスイートに、現在OneNote、およびSkype for Business内蔵のOffice Professional Plus(Windows版)が含まれます。 InfoPathは2016まで更新されていない点にご注意下さい(2013が最新版です)。 InfoPathはOffice Professional Plus 2016に含まれており、InfoPath 2013がテックスープジャパンを通じてまだご寄贈可能です。

  • なぜテックスープジャパンの製品名は、"2016"を含めないのですか?

テックスープジャパンのMicrosoftの寄付プログラムにおける製品の名称はバージョン番号が含まれていません。 あなたが製品の寄付を受け取る際には、ソフトウェアの以前のバージョン・現在のバージョンのいずれかをダウンロード時にお選び頂けます。 今日の時点で、上記のすべてのOffice製品の2016がダウンロード可能ですが、2013年版をダウンロードすることを選択することも可能です。
またタイトルグループ一覧表で、いつでもソフトの最新のバージョンがご確認頂けます。

  • Windows用Officeの新機能

  • クラウドストレージ:OfficeアプリケーションはOneDrive、ビジネスのためのOneDrive、およびSharePointとの統合ので、あなたは、デバイス間でファイルにアクセスすることができます。
  • インサイト:WordやExcel、Outlookの、またはPowerPointを使用している場合ビングを搭載し、この機能は右のあなたのオフィスの経験にあなたのウェブからのコンテキスト情報を提供します。


PowerPointによるインサイト

  • リアルタイムWordで入力する:Wordデスクトップアプリケーションで入力すると、他の人のタイピング中に、入力されている場所を確認することができます。 OneDrive for Businessにドキュメントを保存するだけで、あなたが編集しているドキュメントの同時編集に同僚を招待できます。


Wordによるリアルタイムタイピング機能

  • Excelでデータ分析:Excelの新しい解析機能では、ワンクリック分析のほか、より高速で引用・マッピング・データ分析・視覚化ができます。


Excelでデータ分析

データ損失の保護:IT管理者側は、一元的にデータ作成、管理、およびWord、Excel、およびPowerPointのコンテンツのオーサリングおよびドキュメントの共有のためのポリシーを適用することができます。エンドユーザー側には、 アプリが潜在的なポリシー違反を検出したときに、ポリシーヒントや共有制限が表示されます。

=>Microsoft Office 2016の新機能と違いをもっと読む

  • Office for Macの新機能

Macユーザーの皆さまは、Office for Macの新機能をテックスープの記事からご参照頂けます。

注:この記事のオリジナルバージョンで、Skype for Business付属のOffice Standard をご紹介しておりますが、Skype for BusinessはOffice Professional Plusにのみ付属しております。