【Microsoftコラム】Windows 10へのアップグレード&テックスープ活用のコツ

マイクロソフト社を通じたWindows 10の無償アップグレードの期限は、2016年7月29日です。マイクロソフト社は、Windows 10以降のOSは自動アップグレードになると発表をしています。NPOのみなさんの中には、「Windows 10にアップグレードした方がいいのかな?」と迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アップグレードに迷っている方や、アップグレードをこれからしようと 思っているみなさんに、Windows 10へのアップグレード&テックスープ活用のコツをお伝えします。
まず、Windows XPやWindows 7などのOSは、いずれサポート期間が終了してしまいます。サポート期間が終了したOSをつかうことはセキュリティ上懸念があるため、OSのアップデートをおすすめしています。7月29日以降もテックスープをご活用いただけたらNPO向けにアップグレードしていただくことが可能です。下記に、Windows 10へのアップグレードについての情報をまとめました、みなさまのお役にたてましたら幸いです。


▼Windows 10 アップグレードをする前に・・

(0)時間を確保する

場合によっては、アップグレードは1日仕事になる場合もあります。余裕を持って実施しましょう。
また、設定やバックアップで必要になる場合もあります。大容量のUSBメモリやCD-R、DVDを用意しましょう。

(1)お手持ちのパソコンがアップグレード可能か、診断しましょう

・Windows 10 アップグレード診断(日本マイクロソフト社)

※Windows 10 ヘ無償アップグレードを行うことができるのは、正規品の Windows 7 Service Pack 1 または Windows 8.1 Update が動作しているパソコンになります。また空き容量がない場合は、せっかくその該当OSをパソコンが搭載していてもアップグレードすることができません。
(例えばハードディスクが、64 ビット版 OS では 20 GBの空き容量が必要です)

 

(2)Windows 10 メディア作成ツール(ISOファイル)をつくります

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 

PCに直接挿入するだけで、素早くインストールをすることができます。 

 

 

(3)パソコンのディスクを整理

 

パソコン内のメモリやディスクなどを整理しておきましょう。参考情報をお送りします。

・基本的なこと
1. 使用しないファイルやフォルダーを削除する 使用しないファイルやフォルダーを削除して空き容量を増やします。 
2. フォルダーを圧縮する 
3. 使用しないアプリケーションをアンインストールする
4. ディスククリーンアップを実行する
5. 復元ポイントを削除する
6. 外部メディアにファイルを移動する

・早急にWindows 8.1の空き容量を増やす一番楽な方法!!(アスキー)

・少ない空き領域のハード ディスク/ストレージ のパソコンやタブレットを Windows 10 にアップグレードする方法(日本マイクロソフト社)


▼お手持ちのパソコンのOSが Windows 7以上の場合

(期間内に マイクロソフト社を通じて)

・Windows 10 アップグレードガイド


(期間外に テックスープを通じて)

(1)Windows OS Upgrade(ウィンドウズ アップグレード)

(2)Windows Get Genuie(正規フルインストール版)

ただし、団体が寄贈可能な回数は1回になります。
※ご注意ください
テックスープを通じたシマンテック社からの寄贈製品である「Symantec Endpoint Security」は、Windows 10に対応しておりません。
もしWindows 10にインストールをしようと思って作業を進めると、インストールが完了しないことがあります。
その場合は、代替のセキュリティソフトを手配の上、「Symantec Endpoint Security」をアンインストールをしてから
Windows 10 のアップグレードを進めてください。

・Windows 10対応のセキュティソフト
Symantec Endpoint Protection Small Business Edition
 


▼お手持ちのパソコンのOSが Windows 7 より前の場合

(1)Windows OS Upgrade で Windows 8へアップグレード
→ソフトウェアアシュアランスで Windows 10へアップグレード


テックスープのWindows OS Upgradeをご活用ください。

1つ上のバージョンのOSにアップグレードすることができ、かつ寄贈から2年以内であれば、最新バージョンのOSに無償でアップグレードすることができます。


(2)思い切ってパソコンを新しく購入する

1)Windows 10が搭載されているパソコンを購入する
テックスープのパソコンプログラムをご活用ください

(2016年7月末時点では未掲載、8月中に掲載予定です)

2)OSの入っていないパソコンを購入する
テックスープのGet Genuie(正規フルインストール版)を活用していただくと
OSの入っていないパソコンにWindows 10をそのままダウンロードすることができます。


▼ご参考

・【Microsoftコラム】Windows 10の自動アップデートと上手につきあうコツ

(Windows OS の サポート終了期限についてもご案内しています)


・マイクロソフト社によるWindows XPサポート終了とOS入れ替えについて

(サポート期間が終了したOSをつかうことによるセキュリティの危険性についてもご案内しています)
以上