a part of the TechSoup Global Network

【お知らせ】Box 寄贈プログラムを開始しました

本日より、Boxによる非営利団体向けオンラインストレージサービスがスタートします。

Boxは各組織にオンラインファイルストレージサービスを提供する企業であり、Boxではファイル共有、コンテンツ管理、そしてコラボレーションサービスの利用が可能です。Boxは、米国の「Fortune 500」に掲載されている企業の99%が利用している、セキュリティの点からも評価の高いサービスになります。

詳細はBox 寄贈プログラムをご覧ください。

 

導入のメリット

従来のようなオンプレミスのファイルサーバーやファイル共有プロセスを、Boxのクラウドベースのオンラインストレージ、そしてコラボレーションツールに移行することができます。これらのサービスは、プログラムマネジメントやファンディングの開拓、さらにはグローバルなコラボレーションを容易にします。

各団体がデリケートなデータを扱う際には、Boxは管理面、技術面、そして物理的な面において、HIPAAに基づく各団体のコンプライアンスを支援する保護を提供します。

 

「活動に使うファイルをかんたんに共有したい」

「メンバーが色んな場所で作業するので安全なファイル共有システムが必要」

「無料ストレージサービスより大きな保存容量上限がほしい」

そんな団体のみなさんは、ぜひ「Box」を活用ください。トータルストレージスペースは100 GBで世界22万社に活用されており、セキュリティの点からもおすすめです。

 

寄贈内容

寄贈資格のある非営利団体は、10ユーザーライセンス、100GBのストレージ(1つのファイルにつき2GBまで)のスターターエディションの寄贈を受けることができます。一度寄贈を受けた後、そのライセンスは永久版なので年度毎に更新する必要はありません。