Visual Studio Professional with MSDN

prod-microsoft-visual-studio-logo_Big.jpg
ソフトウェア提供企業:
タイトルグループ:
プラットフォーム:
メディア:
カテゴリー:
言語:
手数料: 6,493 円 + 消費税
SKU: LS-41318
システム要件: 
特徴: 

日本語の製品説明をみる(Microsoft ウェブサイトより)

説明: 

Visual Studio Professionalは、個人ディベロッパーや小規模チーム向けの統合開発環境(IDE)です。Windows、SharePoint、クラウド、またはWebおよびモバイルデバイスプラットフォーム向けのアプリケーションの開発をサポートします。

1ライセンスとMicrosoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプションが提供されす。MSDNサブスクリプションには、Visual Studio Team Foundation Serverのサーバーライセンス、Team Foundation Server CALが1つ、Office Professional Plusライセンスが1つ含まれています。

ライセンスの詳細については、Volume Licensing Product Terms のサマリーを参照ください。

 

このソフトウェアのどのバージョンが利用可能ですか?

このソフトウェアの現在のバージョンと前のバージョンのどちらをダウンロードするかを選択できます。 現在のバージョンは、こちらで確認できます。 ソフトウェアは利用可能な言語を選んでダウンロードできます。

 

団体の導入メリット

ソフトウェア開発の経験があれば、Visual Studio を使って以下のことができます。

  • 組織で使用するカスタムアプリケーションの開発
  • ステークホルダーとドナーが使用するモバイルおよびウェブアプリケーションの開発

 

主な機能

  • 主要なプログラミング言語を使用
    • Visual Basic, C, C++, C#, JavaScript, F#
  • Windows 10向けの開発
    • さまざまなWindowsストアのアプリのファイル、リソース、および構造を提供する既定のプロジェクトテンプレートを使用
    • さまざまなツールを使用してアプリをデバッグ、最適化、公開
  • web向けの開発
    • 独自エディターでHTML、CSS、およびJavaScriptを編集
    • さまざまなブラウザーで同じページ、アプリケーション、サイトをテスト
    • インターネット情報サービス(IIS)と同一のサーバーに対してWebアプリケーションを開発
  • クラウド向けの開発
    • Windows Azure向けのアプリケーションとサービスの開発、展開、テスト
    • プロファイリングツールを使ったパフォーマンス低下の原因特定
    • Visual Studio LightSwitchテンプレートを使った一般的なアプリケーションロジックの実装
  • SharePoint向けの開発
    • プロジェクトテンプレートと設計ツールでプロジェクト開発を加速
    • テスト・最適化機能を使って、サイトが正しく機能することかの確認
    • 展開ウィザードを使ってSharePointサイトのパッケージ化しとWebサーバーへのアップロード

 

無償エディション

Visual Studioのすべての機能を必要としない組織向けに、マイクロソフトは 無料のダウンロード可能なエディションを提供しています。

 

Microsoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプション

このバージョンのVisual Studioには、Microsoft Developer Network(MSDN)への2年間のサブスクリプションが含まれています。 Microsoftのサイト にアクセスして、この製品に含まれるMSDNの利点を確認してください。

MicrosoftサイトMSDNサブスクリプションをアクティブにするには、MicrosoftボリュームライセンスサービスセンターのWebサイトからライセンスキーを取得する際に追加の手順を実行する必要があります。VLSCメニューバーのにある[サブスクリプション]をクリックし、MSDNリンクに従ってサブスクリプションを行っているユーザーに関する情報を入力します。プロセスが完了すると、ユーザーはサブスクライバーIDとMSDN Webサイトへの指示が記載された電子メールを受け取ります。

 

本製品の入手方法

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

メールが2通届きます。 
 
1. 申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスが最新のものになっているかご確認ください。

2.  マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載された手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

 

ソフトウェア・アシュアランス

ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。