a part of the TechSoup Global Network

マイクロソフト社によるWindows XPサポート終了とOS入れ替えについて

201449日以降、マイクロソフト社によるWindows XPのサポートが終了します。サポートが終了するとパソコンのセキュリティが十分に守られない状態になってしまいます。そこで、NPOのみなさんが、Windows XPのサポート終了への対応について適切に選択できるように、必要な情報をまとめました。

監修・協力:認定特定非営利活動法人イーパーツ 事務局長 会田和弘氏
編責:認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター


 

  Windows XPサポート終了によるセキュリティの危険性


Q
 サポートが終了すると、Windows XPのパソコンは使えなくなりますか?

A そんなことはありません。パソコンはそのまま使えますが、セキュリティ更新プログラムの提供が終了するため、ハッカーなど悪意のある攻撃に対して、非常に脆弱な状況に置かれる事が予想され、セキュリティのリスクが高まります。

 

Q サポートが終了すると、Windows XPのパソコンはセキュリティ上危なくなると聞きました。

A Windows XP向けセキュリティ更新プログラムや有償サポート、技術情報のアップデートなどの提供が終了します。その結果、ウイルスに感染し、個人の重要な情報、例えば、住所録であったり写真・動画などのデータまたは金銭的被害につながる銀行口座に関する情報を抜き取られたり、知らない間にパソコンを乗っ取られ外部から操作され、ウィルスに感染したメールを送るなど第三者に迷惑をかけたりする危険性が高まります。

 

Q サポートが終了しても、セキュリティ対策ソフトがあれば、安全に使えるのではないですか?

A セキュリティ対策ソフトは万能ではありません。「アップデートプログラム」と相互に補う形でセキュリティを確保しているので、安全性のレベルは低下します。また、セキュリティ対策ソフトのWindows XP対応が将来的には切れます。例えば、Security Essential2015714日でWindows XPでは使えなくなるとのことです。

 

Q 私たちは小さな団体です。大企業ではないので、Windows XPを使い続けて大丈夫ではないでしょうか?

A 大企業でなくても個人などもハッカーの攻撃対象になり、攻撃自体の手口も高度化しています。個人が感染源になってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

Q Windows XPをインターネットに接続しないで使えば、安全ですか?

A  なんらかの理由でWindows XPの利用を継続する場合、インターネットから切断することはリスク軽減の一つの方法になります。ただし、ウイルスなどは、USBメモリ、DVDなどからも侵入してきます。逆に、セキュリティ対策ソフトがウイルスを見つけるためにインターネットに接続し最新情報を入手する必要があります。インターネットに接続しないWindows XPは、USBメモリで侵入してきた新型ウイルスを見つけられません。

 

Q Windows XPのサポートが終了すると、セキュリティ面以外にどんな点で困りますか?

A Windows XPの不具合でパソコンの動作が不安定になっても、マイクロソフト社から修正プログラムは提供されなくなります。サポート窓口もなくなります。

 

Q サポートが切れた場合、Windows XPのパソコンはどうしたらよいでしょうか?

A Windows 8/8.1などの最新のOSが入ったパソコンを入手する、または、今使っているパソコンから必要なデータをバックアップした上でWindows XPを最新のOSと取り替えるなどの方法があります。詳しくは、末尾を参考にして下さい。

 

Q パソコンをWindows 8/8.1などの最新のOSに取り替えました。セキュリティは万全ですよね?

A OSを取り換えたからといって、セキュリティ上の問題が完全になくなるわけではありません。常に更新プログラムを適用し最新の状態にしておく、セキュリティ対策ソフトを入れるなど、適切なセキュリティ対策が必要です。最新の Windows 8 に搭載されている Windows Defender なら、危険なマルウェアやスパイウェアをいち早く探知して、PC をガードする機能があります。定期的なアップデートで、PC を常に最新の安全な状態に保ち、個人情報が盗み出されるのを防ぎます。また、最新のウィルス対策ソフトの適用も有効な手段のひとつです。

 詳細:http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx 

   

 

[用語解説]

ウイルス:コンピュータウイルスの略。インターネットやUSBメモリで感染することが多く、感染することで、データが破壊されたり、情報を盗まれたり、遠隔操作されるなどの被害に遭います。自分を守る為にも、他の人を危険にさらさない為にも、対策をとることは重要です。

セキュリティ対策ソフト:ウイルスや危ないホームページを検出し、パソコンやユーザーが被害に遭わないようにするソフトウェア。

OS:パソコンを動かす為の基本ソフトウェア。 

 


 

  さぁ、どうしよう? Windows XPサポート終了による対策ナビ

 

(1)  Windows 8/8.1 などの最新のOSが搭載されたパソコンに買い替える

 

 (2)現在使用しているパソコンのOSWindows 8/8.1などの最新OSにアップグレードする

 

 (3)最新のOSが搭載されたリサイクルパソコンを利用する

 

 

<(2)の場合>

.パソコンのスペックを調べる

現在使用しているパソコンのOSWindows 8/8.1などの最新のOSにアップグレードできるかどうか、まずOSの必要スペック(CPUおよびメモリ)を下記サイトでご確認ください。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/system-requirements

 ※パソコンのスペックの調べ方(Windows XPの場合)

   ①画面左下の、スタートボタンを押します。

   ②右中ほどに、コントロールパネルと書いてありますのでそれをクリックします。

   ③「システム」というボタンを押してください。

 

2.既存のOSを最新化する/アップグレードする

テックスープでは、OS製品を寄贈しています。(※ただし対象はNPO法人のみ)寄贈製品を活用いただきアップグレードするには下記の2パターンに分けることができます。

 [1] Windows 8.1 Pro 32-Bit/64-bit  Get Genuine(正規フルインストール版)を活用したOSの最新化

  Get Genuine(正規フルインストール版)は、既存のOSを最新のOSにすることができます。
    テックスープでは1団体につき1回しか申請することができませんが、まだ申請をしていない団体(NPO法人のみ)にはおすすめの方法です。

Windows 8.1 Pro 32-Bit/64-bit  Get Genuine(正規フルインストール版)825

https://www.techsoupjapan.org/directory/30


   [2] Windows 7 Enterprise (アップグレード版)もしくは、Windows 8.1 Enterprise (アップグレード版)を活用したアップグレード

Windows 7 Enterprise (アップグレード版) (32-bit/64-bit)

 (ソフトウェア アシュアランス込) (日本語版)1,238

https://www.techsoupjapan.org/directory/30

Windows 8.1 Enterprise (アップグレード版) (32-bit/64-bit)

 (ソフトウェア アシュアランス込) (日本語版)1,238

https://www.techsoupjapan.org/directory/30


3.OSがまだ入っていない新しいパソコンに、OSをインストールする

テックスープでは、下記のOS製品を寄贈しています。(※ただし、対象はNPO法人のみ)

Windows 8.1 Pro 32-Bit/64-bit  Get Genuine(正規フルインストール版)825

https://www.techsoupjapan.org/directory/30

※ただし、Get Genuine(正規フルインストール版)は1団体につき1回しか申請することができません。

 

<(3)の場合>

1.Windows 7が搭載されたリサイクルパソコンを利用する場合

認定特定非営利活動法人 イーパーツでは、「リユースPC寄贈プログラム」を行っています。リユースパソコン(Windows 7Office 2010プレインストール)を寄贈しています。台数に限りがありますが、ぜひお申込みください。

※対象はNPOのみ(特定非営利活動法人・社会福祉法人・財団法人・任意団体)

 

-------------------------------------------------------------------------

 ●Windows XPのサポート終了に関わるMicrosoft社からの提供情報

  URLhttps://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx

 ●お問い合わせ先

  (AWindows XPのサポート終了に関わる一般的なお問い合わせ
        Microsoft社のサポート)

   (1)電話で問い合わせる

     ①カスタマーインフォメーションセンター

      0120-54-2244 (受付時間:平日9:00-12:00 13:00-19:00

   (2)インターネットで問い合わせる

     ①マイクロソフトコミュニティに投稿して問い合わせる

     ②マイクロソフトサポートにTwitterしてつぶやく

  (B)リユースPC寄贈プログラムに関するお問い合わせ
        (認定特定非営利活動法人イーパーツ)

     URLhttp://www.eparts-jp.org/

     TEL:03-5481-7369 (平日13:0017:00

  (C)パソコンソフト寄贈プログラムTechSoup(テックスープ)に関するお問い合わせ
       
TechSoupJapan事務局 )

     URLhttps://www.techsoupjapan.org/

     TEL03-3527-9774 (平日9:3012:00 13:0018:30



(編責:認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター