【ご報告】12/6(東京)「テックスープの集い(第5回)みんなでワイワイ年の瀬すごろく大会~あなたの団体の情報セキュリティを改めて点検!」

12月6日(金)、日本NPOセンターの地下会議室で「テックスープの集い(第5回)
みんなでワイワイ 年の瀬すごろく大会~あなたの団体の情報セキュリティ
を改めて点検!」を開催しましたので、当日の様子を報告いたします。

年末年始、迷惑メールやウィルスメールが増えるこの季節、安心して新年を
迎えるため、セキュリティについて考える集いでした。

認定特定非営利活動法人 イーパーツ作成のセキュリティ双六「セキュろく」を使って、
常務理事の会田和弘さんを講師に、楽しく情報セキュリティについて学ぶ機会となりました。

セキュろくを説明するイーパーツ会田さんセキュろくに興じています。

SSL、スパイウェア、ファイアウォールなど、普段何気なく耳にしていても、いざ説明しようと
思うと難しいもの。今回は伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の有志の皆さんにITボランティア
として参加いただき、双六の駒がとまった箇所のセキュリティ関係の用語をわかりやすく
説明していただきました。

伊藤忠テクノソリューションズのボランティアの皆さん伊藤忠テクノソリューションズのボランティアの皆さん

特に「ファイアウォールがマスクだとしたら、ウィルス対策ソフトはかぜ薬」という絶妙な
喩えに参加者からどよめきが起こりました。

「ファイアウォールがマスクだとしたら、ウィルス対策ソフトはかぜ薬」

ある参加者からは「双六をしながらたくさんの質問が出て楽しく学ぶことができました」という
感想をいただきました。

また今回は、忘年会も兼ね、軽食をつまみながら、普段聞けないパソコンやITについての
疑問・質問を講師やITボランティアさんが答えてくれました。

また会田さんからパスワード作成の講習もあり、「自分で忘れない、他に分かりにくい」
パスワード作成コンテストが行われました。なんと優秀作品には会田さんからの賞品贈呈も!



今回の参加者の皆さんからは、

「ファイルやフォルダの共有はセキュリティを考えて行いたい」
「使う人のセキュリティ意識が大切だと感じた」
「スマートフォンのウィルス対策をほっておいたのは無防備だった」
「知っていることは改めて、知らないことは楽しく学ぶことができました」

といった感想をいただきました。

今後もNPOの皆さんのためになるICT講座を「テックスープの集い」として
開催できればと思っていますので、よろしくお願いいたします。