テックスープは、世界そして地域で、人々の生活を改善するために必要な変革的なテクノロジーソリューションとスキルを、変革の担い手の皆さまに提供しています。

テックスープは提供できる資源と利用する必要のあるソリューションを交換する環境を提供します。

30年近くにわたって信頼されてきたパートナーであるテックスープは、より衡平な世界に向けて人々が協力して活動することを可能にするデジタルプラットフォームと対面での体験の両方を提供しています。

日本でのテックスープ・プログラムは特定非営利活動法人日本NPOセンターが運営・管理しています。

テックスープ・ジャパン・プログラムは、テックスープと日本NPOセンターとのパートナーシップの下2009年に開始されました。

日本NPOセンターは、日本のNPO全体の発展を願い1996年11月22日に幅広い関係者の協力によって設立され、1999年6月1日に特定非営利活動法人となりました。

日本NPOセンターは、民間非営利セクターに関するインフラストラクチャー・オーガニゼーション(基盤的組織)として、NPOの社会的基盤の強化を図り、市民社会づくりの共同責任者としての企業や行政との新しいパートナーシップの確立をめざしています。

 

日本NPOセンターは、テックスープ・グローバル・ネットワーク(TechSoup Global Network)の一員です。

世界中のテックスープ・グローバル・ネットワークのパートナー団体は各国・地域の市民社会組織のリーダー的存在として、様々な能力開発プログラムを運営しています。

また、テックスープ・グローバル・ネットワークのパートナー団体は、各国・地域の市民社会のニーズに合わせてテックスープ・プログラムを展開しており、それをネットワークの専門的な知識・技能として相互に共有しています。テックスープ・グローバル・ネットワークは世界の69万の非営利組織に50億米ドル(約5000億円)相当のITツールやサービスを提供することで、世界中の人々の生活の改善に貢献しています。


【重要】テックスープの今後の事業について(2022年4月5日発表)の詳細はコチラ