a part of the TechSoup Global Network

最新バージョンのOfficeの寄贈が始まりました!

最新バージョンのOfficeの寄贈が始まりました

最新バージョンのMicrosoft Officeの寄贈開始です!マイクロソフトが寄贈対象になっている皆様は、Standard版Professional版をテックスープのマイクロソフト ソフトウェア寄贈プログラムを通じて、寄贈申請いただけます。

最新版Microsoft Office には、以前のOfficeにはなかった以下のような機能が含まれています。

  • 他のデバイス間で文書などを同期できるSkyDrive(オンラインストレージ・ドライブ)との統合
  • 新しいグラフィックスのオプション
  • WordでのPDFの表示・編集
  • デバイス間の同期

団体事務所のコンピュータで作業をして事務所を出た後も、他のデスクトップコンピュータやノートパソコン、タブレットで引き続き作業することができ ます。なぜならOfficeは従来のように特定のコンピュータ内ではなく、クラウドで文書などを保存できるからです。各アプリケーションの説明は「Microsoft Office:団体として知っておきたいこと」にもございますのでご参照ください。

なおこれまでテックスープ・ジャパンを通じてMicrosoft Officeの寄贈を受けていて、ソフトウェア アシュアランス特典が有効な場合は、最新版のOfficeに無償アップグレードできる可能性があります。
※無償アップグレードが可能かどうかは、Microsoft のマイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)で貴団体のアカウントにサインインして調べることができます。

Officeの新機能とは?

新しいOffice の新機能でもっとも興味深いもののひとつは、クラウドとの統合です。Microsoft Office Web Appを使うことで、スタッフやボランティアはオンライン上で文書を作成、編集、共有することが可能です。例えば、Word文書である人がコメントを足し て、他のスタッフがEメールやSkype経由で、同時進行で同じ文書に対応できるのです。さらに、デスクトップパソコンで文書の作成作業を始めて、その続 きを違うパソコンやタブレットでその仕事を継続できるのです。

Wordですぐに気づくの新機能は、PDFにかんする扱いです。今回初めてWordでPDFを開くことができ、段落やリスト、テーブルなどがWordと同じように操作できます。

Wordには新しいテンプレートやデザインツールが含まれていて、さらに自動的に作業した場所を記憶します。つまり一度文書を閉じて、後で他のパソコンで 作業しても、前回中断した同じところから作業を再開することができます。またコメント機能を使った場合、そのコメント内に返答することができる新機能も含 まれます。(右図参照)
最新バージョンのExcelは、団体の所有するデータをより直観的で視覚的な方法で調べる手助けをします。Excel は表示させようとしているデータに基づいて、おすすめの表やグラフを提案します。またLync経由で、特定のワークブック共同で表示することができます。 さらに、Excelはパターンを学習・認識して、マクロを使うことなく残りのデータを自動的に完了します。
スライドショーを作っていくと、PowerPointは作業している中で、使っている色のスキームやテンプレートの種類を提案したり、新しいツールを追加 して、テキストやグラフィック、イメージを展開したり、位置を調整するのを手助けします。この最新のプレゼンテーションツールは、さらにパワーアップした Presenter ViewやPowerPoint Web Appを使うことで、団体の内外の人たちが共同でプレゼンテーションを作成することを可能にします。
OneNoteのノートブックは、新しいクラウド統合により、情報を持ち歩くことができます。デスクトップやノートブックで取ったノートは、ほかのPCだ けでなく、タブレットやスマートフォンからもアクセスすることができます。Windows PhoneやiOS、AndroidのスマートフォンでOneNote Mobile Appを使うことができます。もしブラウザを使っている場合は、OneNote Web Appを開くだけです。

OneNoteで写真やビデオ、Excelスプレッドシートをノートに統合することができます。さらにリンクやウェブページ、地図、スケッチなどもノートを取る際に入れることができます。(右図参照)
Outlookの新機能や機能強化によって、Eメールアカウントやスタッフ・ボランティアのスケジュール調整、ソーシャルネットワークのマネージ、やるこ とリストで業務管理が可能になります。Outlookの新しいバージョンには、スケジュールを一目で確認できたり、ほかの人がスケジュールを確認できるよ うなカレンダー共有機能なども追加されます。

Outlookのほかの新機能としては、天気バーで、天気予報が画面で確認できるので、その日や今後の出張予定の計画を手助けします。(右図参照)
その他、各アプリケーションの説明は「Microsoft Office:団体として知っておきたいこと」にもございます。

最新型OfficeはWindows 8に最適です


マイクロソフトの寄贈対象団体は、Windows 8 ProfessionalWindows 8 Enterpriseの アップグレード版を申請いただくことができます。 これまでのアイコンの代わりにスタイリッシュな「タイル」を取り入れ、スマートフォンと親和性の高いデザインをもつWindows 8は、Windows 環境の考え方を一変させるものです。もちろんこれまでのWindows 7で使い慣れたいくつかの機能を保持していますが、一方で新しいアプリ統合型のデザインとの親和性のため従来の「スタート」ボタンがなくなりました。また クラウドサービスのより簡単な同期を可能にします。
※最新型Office製品は、Windows XP、Vistaではお使いになれませんのでご注意ください。