a part of the TechSoup Global Network

【Adobeコラム】 Premiere Elements 15 vs. Premiere Pro CC比較レビュー

ビデオ撮影は済んだけれども、どのソフトウェアで編集するのが最適かわからない貴方へ。Premiere Elementsのシンプルさ、またはPremiere Proの全機能のどちらがご必要か、下記に簡潔にレビュー致しました。
ソフトウェアをお決めの際のご参考にしてください。

共通点

Premiere ElementsとPremiere Pro CCは、クリップのシーケンス、ナレーションやナチュラルサウンドの追加、トランジションの挿入、色の操作、タイトルの追加を可能にします。 Premiere Pro CCは、より多くのビデオ、オーディオ、画像ファイルフォーマット、ツールやユーティリティのサポートなど、これらの基本機能の上にさらに多くの機能を追加します。
Photoshop CCは、より多くのカラーモードと画像フォーマット、3D画像、ベクター画像、モーショングラフィックスのサポートのほか、それ以上の機能を備えています。

最適なのはどちら?

基本的なビデオ編集を行い、素早くアクセスできるようにビデオを整理し、オンラインで投稿する必要がある場合、Premiere Elementsには必要なものがすべて含まれている可能性があります。
あらゆる形式の非常に高解像度のビデオを扱う必要がある場合、編集方法の細かい制御、オンラインでのビデオ投稿、物理メディアへの配布など、Premiere Pro CCが最適です。

比較表

各製品の機能とサポートの比較については、以下の表をご参照ください。


Premiere Elements 15

Premiere Pro CC (2017)

TechSoup寄贈手数料

3,334円【1回のみ】

・寄贈手数料: 618円

+初年度利用料:約25,660円

・次年度より約35,760円/年

Availability through TechSoup

Photoshop Elements 15 and Premiere Elements 15一部機能

Creative Cloud All Apps plan一部機能

ライセンス

有効期限:2021年11月30日

年間利用(サブスクリプション)方式

OS サポート

Windows・Mac(両方が同じ製品に含まれています)

Windows・Mac(インストール時にいずれかを選択)

1プロジェクトあたりのタイムライン

単一

複数

カスタムシーケンスのサポート

非対応

対応

ネストされたシーケンスサポート

非対応

対応

DVDおよびBlu-rayオーサリングのサポート

一部制限あり

対応

GPUアクセラレーション

非対応

対応

キーフレーム

非対応

対応

自動保存

対応

対応

変更可能なアスペクト比

対応

対応

ディスプレイ

ストーリーボード・タイムライン

ストーリーボード・タイムライン

グリーンスクリーン (クロマキー)

非対応

対応

字幕

非対応

対応

ビデオのインポート形式

3G2, 3GP, AVI, DV, M1V, M2TS, M2T, M2V, M4V, MOD, MOV, MP4, MPEG, MPE, MPG, MP2, MTS, SWF, TOD, VOB, WMV (Windows)

3G2, 3GP, ASF (Windows), AVI, DV, F4V, GIF, M1V, M2TS, M2T, M2V, M4V, MJPEG, MOV, MP4, MPEG, MPE, MPG, MTS, MXF, VOB, WMV (Windows)
=>サポートされているファイル形式

動画のエクスポート形式

3GP, 3G2, AVI, GIF (Windows), M2T, MOV, MP4, MPEG, MPG, VOB, WMV (Windows)

3GP, AAC, AC3, AVCI, AVI (Windows), GIF (Windows), IMX, M2V, M2T, M4V, MOV, MP4, MPA, MPG, WAV, WMV (Windows)

ビデオプロジェクトのインポート形式

PREL

AAF, AEP, AEPX, CSV, EDL, PBL, PLB (Windows), PREL (Windows), PRPROJ, PSQ (Windows), TAB, TXT, XML

イメージのインポート形式

BMP, CR2, CRW, DIB, DNG, GIF, ICO, JPEG, JPG, NEF, ORF, PCT, PIC, PICT, PNG, PRTL, PSD, RLE, TIF, TIFF, WBM

AI, BMP, DIB, DPX, EPS, GIF, ICB, ICO, JPEG, PICT, PNG, PRTL, PSD, PSQ, PTL, RLE, TGA, TIF, TIFF, VDA, VST

イメージのエクスポート形式

JPEG, JPG, PRTL

BMP (Windows), DPX, GIF (Windows), JPEG, JPG, PNG, TGA, TIF, TIFF

オーディオのインポート形式

AAC, AC3, AIF, AIFF, AMR, M4A, MP3, MOV, WAV (Windows), WMA (Windows)

AAC, AC3, AIF, AIFF, ASND, AVI, BWF, M4A, MP3, MPEG, MPG, MOV, MXF, WAV, WMA (Windows)

オーディオエクスポート形式

AAC, AC3, AIFF, MP3, MOV

AAC, AIF, AIFF, MP3, WAV

字幕のインポート形式

非対応

DFXP, MCC, SCC, STL, XML

Adobe Photoshop 比較参考サイト

「Creative Cloud All Apps Plan」のみに含まれているアプリケーション

コードを書かずにWebページが作成可能になった「Adobe Muse」が登場。
こちら、Creative Cloudになって追加されたアプリケーションであり、CC未満のものには入っておりません。
Museの特徴は、PhotoshopやIllustratorを使うようにWebページを作成することができます。
Webサイトを簡単に作りたい皆様、どうぞご検討下さい。

Adobe Muse CC 公式サイト