a part of the TechSoup Global Network

Windows OS - Get Genuine

MS_logo_new.gif
SKU: L-48427
手数料:
920 円
組織認定を待っている
ソフトウェア提供企業:
カテゴリー:
プラットフォーム:
タイトルグループ:
メディア:
言語:
システム要件: 
ハードウェア:
  • 1-GHz 以上の 32-bit (x86)あるいは64-bit プロセッサ
  • 32-bit の場合:1GB 以上の RAM/64-bit の場合:2GB以上のRAM
  • 32-bit の場合:16 GB 以上の空き容量があるハードディスク/64-bit の場合:20 GB 以上の空き容量があるハードディスク
  • 800×600-pixel 以上のディスプレイ
  • DirectX 9 グラフィックス(Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以降のドライバ搭載)
  • DVD ドライブ

特定の機能を使うための追加要件:
  • Windows Touchテクノロジー:タッチスクリーン
  • Windowsストアへのアクセスとアプリのダウンロードと動作―インターネット接続、Microsoftのアカウント(旧Live ID)と1024×768(またはそれ以上の)ディスプレイ
  • 音声:オーディオ出力

実際の要件と製品の機能はシステムの構成によって異なる場合があります。
説明: 

製品説明を見る(Microsoftのウェブサイトへ)
Get Genuine(正規のWindows)についてもっと知る(Microsoftのウェブサイトへ)

 本製品はアップグレード版ではなく、マイクロソフトの小規模および中規模の組織向けGet Genuine Windows Agreementプログラムを通じて提供されるフルインストール版です。海賊版ソフトウェアや他のライセンス問題に対応するため、ソフトウェアのライセンシングに従う非営利団体に対してマイクロソフトから提供される製品です。

本寄贈はGet Genuineプログラムを通じて、Windows Proのフルインストール版のオペレーティングシステム(OS)を以下の資格に合致する団体に提供されます。インストール予定のコンピュータ1台につき1ライセンスご申請ください。

Microsoftの Volume Licensing Service Center(ボリューム ライセンス サービス センター)を通じて寄贈申請されたソフトウェアの現行のバージョンや以前のバージョンを選んでダウンロードすることが可能です。マイクロソフトのTitle Groupsの文書を見るとどのバージョンが現行バージョンかを見つけることができます。

 

Get Genuine(正規フルインストール版)製品申請の特別ルール

  • マイクロソフトの寄贈対象団体が、Get Genuine(正規)製品を申請できるのは一度だけです。過去にWindows Get Genuineを申請された団体はご利用いただけません。
  • Get Genuine(正規)製品を申請するときは、他の製品とは別に申請する必要があります。他の製品が(カートに)含まれている場合、エラーメッセージが出ます。
  • 申請のチェックアウト時に、団体を代表して小規模および中規模の組織向けGet Genuine Windows Agreement に同意していただく必要があります。


注意:
Get Genuine(正規)製品はWindows Desktop Operating Systemsのタイトルグループに属します。そのため寄贈申請すると2年間の寄贈サイクルのOSアップグレード版の申請可能数が減ることになります。

本製品にはソフトウェア アシュアランスが含まれていません

Get Genuine(正規)製品は他の多くのマイクロソフト寄贈製品に含まれるソフトウェア アシュアランス特典がつきません。Get Genuine(正規)盤をインストールすると、Windowsの新しいバージョンへの無償アップグレードの特典を受けることができませんのでご注意くだ さい。ただし本正規版にテックスープが提供するソフトウェア アシュアランス付のWindowsのアップグレード製品をインストールすることは可能です。さらに貴団体が正規版を申請した場合、マイクロソフトの Volume Licensing Service Center(VLSC)を通じて、以前のバージョンのOSに無償ダウングレードすることが可能です。


注意:Get Genuine製品はお支払いいただいた手数料は払い戻しできません。また交換もできません。寄贈申請の際はご注意ください。

ボリュームライセンスに関する重要な情報:Windows をアクティベート(有効化)するためには、ボリュームライセンスキーが必要です。ボリュームライセンスキーは、2つのタイプ――Key Management Service (以下、KMS)ライセンスキーまたはMultiple Activation Key (以下、MAK)――から選ぶことができます。Microsoftボリュームライセンス・ウェッブサイトでは、KMSライセンスキーがデフォルトとして設 定されています。つまり、団体がMAKを申請しない限り、ウェッブサイトに表示されるボリュームライセンスキーはKMSライセンスキーのみになります。

ボリュームライセンスの説明頁
ボリューム アクティベーションについて
KMSライセンス認証とは
MAKライセンス認証とは

KMSキーを使うためには、最低限25台のコンピュータがネットワーク上でつながれている必要があります。団体のコンピュータ数が25台以下の場合、この 製品を受け取った後、MAKをMicrosoftボリューム・ライセンス・ウェッブサイト上で申請する必要があります。MAKの取得方法やKMS/MAK のどちらのキーを使えばよいかといった詳しい情報はマイクロソフト ボリューム ライセンスのアクティベーション(ライセンス認証)方法をお読みください。

この製品をインストールするにはファイルのダウンロードとライセンスキーが必要です

本製品をインストールするには、マイクロソフトのボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)から該当製品のファイルをダウンロードをして、ソフトの認証のためのライセンスキーを入力する必要があります。VLSCで入手可能になっている申請製品のバージョン・言語を自由に選んでダウンロードすることが可能です。 ライセンスキーを使って、ご申請ライセンス数分コンピュータに製品をインストールすることが可能です。ライセンス数他、ライセンスキーの取得方法や手続きに必要な情報は、本製品の申請手続き完了後に、テックスープ・ジャパンから貴団体が登録したメールに送られるメールに記載されています。

 

2通のメールが届きます。 

手数料をお振込み後、寄贈申請が完了すると、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)から貴団体が登録したメールアドレスにメールが届きます。このメールには申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトがライセンス合意を承認した後のボリューム ライセンス サービス センター:Volume Licensing Service Center (VLSC)の使用方法について書かれています。テックスープ・ジャパンに登録しているメールアドレスが最新のものかをご確認ください。アカウント情報にアクセスして、Organisation Profile(団体プロフィール)にあるメールアドレスをご確認できます。

マイクロソフトからVLSCに案内するメールが届きます。このメールにはマイクロソフトがライセンス合意を承認した旨が記載されています。このメールを受け取った後に、上記1.のテックスープ・ジャパンからのメールに記載されている手順に進むことで、VLSCを通じて寄贈申請した製品を入手することができます。(VLSCを初めて利用する場合は、本メールが届いてからVLSCに新規登録する必要があります。)

金額: 920 円